LINEモバイルを実際に使ってみてわかった速度と評価まとめ

LINEモバイルを実際に使ってみてわかった速度と評価まとめ

「携帯電話の料金を節約したい」と思っている方にとって、格安SIMに乗り換えるというのは最も良い方法でしょう。

とはいえ、「料金が安いぶん、速度が遅かったりするんじゃないの?」と、格安SIMにまだまだ不安なイメージを持っている方が多いようです。

私自身も、docomoで10年以上携帯電話を契約しており、格安SIMに不安な印象を抱いていました。

しかし、格安SIMに乗り換えれば月4,000円以上の節約ができることを知り、思い切ってdocomoを解約し、LINEモバイルに乗り換えてみました。

そんな私自身の体験をもとに、今回は、LINEモバイルの速度や評価について書いていこうと思います。

結論を言ってしまうと、LINEモバイルに乗り換えてからも全く問題なく使えています。料金は毎月4,000円以上安くなりましたが、通信速度にストレスを抱いたことはありません。

LINEモバイルに変更することで毎月4,000円以上節約できたので、年間で48,000円以上、約5万円の節約に成功したことになります。

docomoと比べて不便に感じる部分はないので、乗り換えの手間さえ乗り越えることができれば、それだけで年5万円も節約できることになります。

5万円も自由に使えるお金があったら、いろんなことができますね・・・。旅行をするのも良いですし、欲しかったブランド品も買えるかもしれません。

逆に言うと、大手三大キャリア(docomo、au、Softbank)にいつまでも高額な料金を支払っていると、年間5万円を損し続けているということになります。本当に、なんでdocomoを使っていたんだろう・・・という感じです。

乗り換え手続きは面倒かもしれませんが、これさえ乗り越えればあとは安い料金で使い続けることができます。

数ある格安SIMの中で、私がLINEモバイルを選んだ理由

格安SIM会社はたくさんあります。ヨドバシカメラなんかで店頭に並んでいるものだけでも10社くらいありますし、他にも軽く調べたら20社以上ありました。

そんな中で、なぜ私がLINEモバイルを選んだのか?理由は、ざっくり書くと以下の3つです。

  1. 通信速度が非常に速い
  2. LINE、Twitter、Facebook、Instagram等のSNSが使い放題
  3. LINEの年齢認証が可能

それぞれ説明していきます。

LINEモバイルは非常に高速

「格安SIMは遅い」というイメージを抱いている方が多いようです。私もそうでした。しかし、LINEモバイルを実際に使ってみてからは、そんなイメージは吹っ飛びました。

LINEモバイルを使っていて、「通信速度が遅いな」と感じたことはほとんどありません。渋谷の駅前のような人混みの中でも、お昼時の飲食店でも、通信速度が遅くなることはありませんでした。

また、通信エリアも非常に広いです。じつは、LINEモバイルの回線自体はdocomoと一緒なので、通信エリアの広さもdocomoと同じです。

もちろん、場所によっては電波が届かないこともあります。しかし、それはモバイル通信という技術の仕様上、仕方のないことです。大手三大キャリアと比較してもLINEモバイルが劣っているとは感じませんし、他の格安SIMと比較すると非常に良好な回線状況だと思います。

SNSが使い放題

LINEモバイルには、「カウントフリー」というSNSの通信量をカウントしないサービスがあるんです。

どういうことかというと、SNSでどれだけ通信量を使っても、通信制限に引っかからないということです。

対象のSNSは以下の4種類です。

  1. LINE
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. Instagram

私自身、TwitterやLINEを頻繁に利用するので、毎月通信量の多くをこれらに費やしていました。そのせいで、速度制限に引っかかり、速度が非常に遅くなったりもしました。

しかし、LINEモバイルならSNSの通信量はノーカウント。例えば、TwitterやInstagramで動画をたくさん見ても、LINEで何百通もメッセージをやりとりしても、通信制限になることはありません。

docomoを契約していたときは外出先で動画を見るのを控えるようにしていたのですが、今はバンバン見まくってます。

月間データ容量を節約

LINEモバイルのカウントフリーのおかげで、私が使う月間データ容量は大きく減り、3GB以下になりました。

LINEモバイルは、月間データ量によってプランが別れています。例えば、月間データ量7GBのプラン(音声通話SIM)なら2,880円、3GBなら1,690円です。

私は外出先でテザリングを使うこともあり、当初は7GBのプランを契約していました。しかし、カウントフリーの恩恵が予想以上に大きく、使用した月間データ量を確認してみると3GB以下でした。

そこで、プランを3GBプランに変更しました。2,880円→1,690円の変更ですから、毎月1,190円も節約できることになります。docomoを契約していたときと比較すると、毎月5,000円以上の節約ができていることになります。

LINEの年齢認証が可能

あまり知られていない格安SIMのデメリットとして、LINEの年齢認証ができないということがあります。

docomo、au、Softbankといった三大キャリアで契約していたなら、LINEの年齢認証ができるのですが、格安SIMだと基本的に年齢認証ができないのです。

年齢認証ができないと、以下のことができません。

  • 友達のIDを検索して追加する
  • 友達に自分のIDを検索してもらう

つまり、IDを使って友達を追加することができなくなるわけです。これはなかなか不便です。普通の格安SIMを契約するとこの機能が使えなくなるわけです。

しかし、LINEモバイルだけは、格安SIMで唯一LINEの年齢認証が可能です。なぜならLINEが経営している格安SIMだから。当たり前ですね・・・。

さっきも書いた通り、LINEモバイルはカウントフリーによって通信量を気にせずLINEを使うことができます。どれだけメッセージをやりとりしてもデータ量消費は0。LINEをよく利用するなら、LINEモバイルがダントツでおすすめですね。

LINEのID検索を利用したいなら、LINEモバイル以外の選択肢は今のところないです。

そんなわけで、この3つの理由で私はLINEモバイルを契約しました。

  1. 通信速度が非常に速い
  2. LINE、Twitter、Facebook、Instagram等のSNSが使い放題
  3. LINEの年齢認証が可能

LINEモバイルの申し込み手順とMNP方法解説!

LINEモバイルの申し込み手順を解説していきます。

また、「今まで使っていた電話番号をそのまま使いたい」人のために、MNP転出方法についても解説します。

LINEモバイルの申し込みに必要な物

  1. LINEモバイルで利用可能なスマートフォン
  2. クレジットカードまたはLINE PAY
  3. 本人確認書類
  4. MNP予約番号(MNP転出をする人のみ)

LINEモバイルで利用可能なスマートフォン

今使っているスマートフォンを、LINEモバイルでそのまま利用できるとは限りません。

LINEモバイルで動作確認が取れている端末は、公式ページ(動作確認済み端末)で確認することができます。

お手持ちのスマートフォンは動作確認済み端末でしたか?その場合は、LINEモバイルで利用可能です。

docomoで契約していた方、もしくはSIMフリー版のスマホの場合は、そのままLINEモバイルで使えますが、Softbank、auで契約していたスマホはSIMロック解除という作業をする必要があります。

クレジットカードまたはLINE PAY

LINEモバイルは、クレジットカードで料金の支払いを行うので、クレジットカードがないと契約できません。

LINE PAYというLINEが運営する決済サービスでも支払いを行うことができますが、LINE PAYの登録にもクレジットカードが必須です。

本人確認書類

詳細なリストはLINEモバイル公式ページ(本人確認書類)をご覧いただきたいのですが、代表的なものを抜粋して紹介します。

  • 運転免許証
  • パスポート+補助書類
  • 健康保険証+補助書類

補助書類・・・公共料金領収書もしくは住民票

運転免許証なら一枚でOK。しかし、パスポートや保険証しかない場合は、補助書類が必要です。

本人確認書類を郵送するような必要はありません。スマホで撮影して、LINEモバイルの申し込み手続きページにアップロードすればOKです。

ちなみに、LINEモバイルの申し込みはスマホから行うのがおすすめです。なぜなら、スマホで本人確認書類を撮影して、そのままアップロードできるからです。

LINEモバイルを申し込む→LINEモバイル公式ページ

MNP予約番号(MNP転出をする人のみ)

今使っている電話番号をそのまま使いたい人は、MNP転出という作業をする必要があります。

詳しい手続き方法は、こちらの記事で紹介したのでこちらをご覧ください。→【完全マニュアル】LINEモバイルへMNP転出する手順と注意点まとめ

以上が、LINEモバイルを申し込むために用意するものです。リストをもう一度掲載しておきます。

  1. LINEモバイルで利用可能なスマートフォン
  2. クレジットカードまたはLINE PAY
  3. 本人確認書類
  4. MNP予約番号(MNP転出をする人のみ)

以上のLINEモバイルに必要なものを全て準備できましたか?それでは、申し込み手順の説明に移りましょう。

LINEモバイルの申し込み手順

先ほどちらっとお話しましたが、LINEモバイルの申し込みはスマホやタブレットから行うのがおすすめです。本人確認書類を撮影してからスムーズにアップロードできるからです。とはいえ、PCからでも問題ありません。

LINEモバイル公式申し込みページに移動。

最下部までスクロールして「申し込む」をクリック。

注意事項をよく読み、「申し込む」をクリック。

「通常申し込み」を選択し、「次へ進む」をクリック。

端末を自分で用意する場合は、「SIMカードのみ」を選択。端末をLINEモバイルで購入する場合は、「端末+SIMカード」を選択。

次はプランの選択です。

「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」という3つのプランの中から選べますが、特別なこだわりがない方は「コミュケーションフリープラン、10GB、データ+SMS+音声通話SIM」を選択するのがおすすめです。

なぜ10Gをおすすめするかというと、

  1. LINEモバイルは初月の料金が無料
  2. 余ったデータ容量は次の月に繰越し

という2つの理由があります。

「月10GBもいらない」という人がほとんどだと思いますが、データ容量はいつでも変更できるので、次の月から好きな容量に変更しましょう。

そんなわけで、「コミュケーションフリープラン、10GB、データ+SMS+音声通話SIM」を選び、翌月に好きな容量プランに変更するのがおすすめです。

SIMサイズを選択します。手持ちのスマホがどのSIMサイズかわからない場合は、動作確認済み端末一覧から調べることができます。

LINEモバイルの申し込み手続きについて、選択することは以上です。

とても選ぶことが多く、慣れない方にとっては難しいかもしれませんが、つまずきやすいポイントはこのサイトで全て解説するよう努めています。よければ参考にしてください。