【完全マニュアル】LINEモバイルへ即日MNP転出する手順まとめ

「LINEモバイルに電話番号そのままで乗り換えたい」という方は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用する必要があります。

とはいえ、MNP転出手続きに関して、様々な疑問が湧いてくると思います。

  • MNP手続きに何が必要?
  • 開通までに空白期間はある?
  • 具体的なMNP手続きの流れは?

などなど、細かい疑問はさらにあるでしょう。

この記事をお読みいただければ、LINEモバイルへのMNP手続きに関する疑問を解消できると思います。

この記事を読むとわかること

  • 具体的なMNP手続き 全手順
  • MNP手数料、解約料、初期費用等、お金はいくらかかる?
  • 開通日はいつになるか?等、細かい疑問

LINEモバイルは即日MNP転出可能

LINEモバイルは即日MNP転出可能な格安SIMです。どういうことかというと、MNP開通手続き中にスマホが使えなくなる空白期間が数分〜1時間以内しかありません。

ちなみに、LINEモバイル申し込みからSIMカード発送までは、最短で翌日〜通常は1週間程度です。

MNP手続きのざっくりした流れ

まずは、他の通信会社からLINEモバイルにMNP乗り換え手続きを行い、LINEモバイルが開通するまでのざっくりした流れを紹介します。

  1. LINEモバイルで使えるスマホ、本人確認書類等、「事前に必要なもの」を準備する
  2. LINEモバイルのプラン選び、必要であればSIMロック解除やデータ引き継ぎ準備等を行う
  3. MNP予約番号を発行する
  4. LINEモバイル申し込み手続きをする
  5. SIMカードが届いたら、MNP切り替え手続きをする

まずは、後述する「MNP申し込み前に用意しておくものリスト」を参考に、必要なものを揃えます。

「LINEモバイルでどのプランを選ぶか?」等も事前に決めておくとよいでしょう。必要であれば、SIMロック解除、データ引き継ぎ準備、メールアドレス作成といった作業を行います。こちらも後で詳しく解説します。

その後は簡単です。MNP予約番号を発行してもらい、LINEモバイルに申し込みをします。

SIMカードが届いたら、暇な時にMNP開通手続きを行なって開通完了です。

正直、人によってはやることがかなり多くなってしまうので大変かもしれませんが、LINEモバイルに乗り換えればたくさんのメリットがあるので頑張ってください。

それでは、以下の項目を詳しく紹介していきます。

  • 事前に必要なものリスト
  • 事前にやっておくことリスト
  • MNP転出手順
  • MNP転出手数料はいくらかかる?
  • MNP切り替え作業にどれくらい時間がかかるのか、空白期間はどれくらいか

MNP前に必要なものリスト

LINEモバイルにMNP乗り換えする前に、これらのものが必要です。LINEモバイル申し込み前までに用意しておきましょう。

  1. LINEモバイルで利用可能なスマホ
  2. メールアドレス
  3. 本人確認書類
  4. クレジットカード、もしくはLINE Payカード
  5. Wi-Fi環境

1. LINEモバイルで利用可能なスマートフォン

2つのパターンがあると思うので、それぞれ解説します。

  • 今使っているスマホをそのまま使いたい人
  • LINEモバイル乗り換えと同時に、スマホを買い替える人

今使っているスマホをそのまま使う

POINT

  • LINEモバイルで動作確認済み端末か確認する
  • auの端末はSIMロック解除が必要

LINEモバイルに限らず、他の格安SIMでもそうですが、どんなスマホでも使えるわけではありません。LINEモバイルが対応していない端末も存在します。

まずは、使いたい端末がLINEモバイルの「動作確認済み端末一覧」に掲載されているか確認しましょう。

動作確認済み端末一覧|SIMフリースマホ・タブレット | LINEモバイル

このリストに掲載されていれば、LINEモバイルで利用可能な端末です。

もう一点確認することがあります。それは、SIMロックがかかっているかどうかです。

docomo、au、SoftBankで購入した端末は、SIMロックがかかっていて、そのままでは他の通信会社のSIMカードを受けつけない状態になっています。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftbank回線なので、docomoとSoftbankの端末はSIMロック状態であってもそのままで利用可能です。

auのSIMロックがかかった端末は、そのままではLINEモバイルを利用することはできません。SIMロック解除が必要です。

↓こちらの記事を参考にしてください。iPhone以外も同じ手順でSIMロック解除可能です。

この記事を読むとわかること docomo、au、SoftbankのiPhoneをSIMロック解除する方法 SIMロック解除ができ...

乗り換えと同時にスマホを買い替える

POINT

LINEモバイルに乗り換えると同時に、ついでにスマホも新しくしたいという方も多いと思います。

どれでも好きなスマホを買えば良いですが、注意点がいくつかあります。

まず、SIMフリースマホを選ぶことです。といっても、通信会社経由で買わない限りは、SIMフリーなので問題ありません。

中古スマホを購入する場合は、auのSIMロックがかかってないか、SIMロック解除可能な機種か確認しましょう。

購入したい機種が決まっているなら、LINEモバイルの動作確認済み端末であるかどうか確認しておきましょう。

動作確認済み端末一覧|SIMフリースマホ・タブレット | LINEモバイル

SIMフリースマホの購入方法は2パターンあります。

  • 家電量販店、ネット販売など
  • LINEモバイルのセット端末

ヨドバシカメラやビックカメラといった家電量販店、あるいはネット販売で購入できます。

メーカー直販で買えることもあります。iPhoneなんかは、AppleStoreで購入できますね。

LINEモバイルは、iPhoneが利用可能な格安SIMです。 LINEモバイルでiPhoneを使いたい場合、2通りのパターンがあると思いま...

もう一つの方法は、LINEモバイルのセット端末を購入することです。

SIMカードの申し込みと同時に、スマホ本体をセットで購入できます。あらかじめSIMカードのセッティングが行われた状態で発送されてくるので楽です。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの端末セットはどれがおすすめ? LINEモバイルのキャンペーンコードをゲ...

2. メールアドレス

POINT

  • LINEモバイルの契約のために、キャリア解約後も利用可能なメールアドレスが必要
  • GmailやYahooメールなど

LINEモバイルを契約するために、メールアドレスが必要になります。このメールアドレスは、乗り換え元の通信会社を解約した後も利用可能なものである必要があります。

例えば、docomoを契約している人は、「〇〇〇@docomo.ne.jp」のようなメールアドレスを使っている人もいるんじゃないでしょうか。

こういったメールアドレスは、キャリア解約後は使えなくなります。auやSoftBankも同様です。

なので、キャリア解約後も使えるメールアドレスを持っていない人は、作っておく必要があります。

パソコンのメールでもOKですよ。

おすすめはGmailですね。スマホでも使えます。LINEモバイルは大手キャリアのようにメールアドレスをくれないので、基本的にメールはGmail等ですることになります。

格安SIMのLINEモバイルは、メールアドレスを提供していません。 とはいえ、これは全くデメリットではありません。なぜLINEモバイルはメ...

3. 本人確認書類

POINT

  • LINEモバイルの契約のために、本人確認書類が必要
  • 免許証やマイナンバーカードはOK
  • 健康保険証やパスポートは一枚では不可など、ややこしいので要チェック

LINEモバイルを契約するために、本人確認書類が必要です。

LINEモバイルはネットから契約しますが、その際に本人確認書類をスマホのカメラ等で撮影し、アップロードします。

本人確認書類として使えるものは、運転免許証やマイナンバーカードがあります。この2つは一枚でOK。

健康保険証やパスポートは、単体では不可です。「補助書類」が必要になります。

補助書類として使えるものは、公共料金領収書や住民票があります。

格安SIMの本人確認書類はかなりややこしい部分が多く、これが原因で再申し込みになる方がかなりの割合いるようです。(私自身も、初めて申し込んだときに引っかかってしまいました・・・)

とはいえ、LINEモバイルの本人確認書類は、ちゃんと気をつければだれでも通ります。

上記以外にも、本人確認書類として使えるものは10種類以上あります。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

LINEモバイルを申し込む際、再申し込みになる原因として最も考えられるのが本人確認書類です。 免許証等を持っている方は、それ1枚で本人確認...

4. クレジットカード、もしくはLINE Payカード

POINT

  • LINEモバイルの契約のために、契約者名義のクレジットカードが必要
  • LINE Payカードを使えば、クレジットカードなしでもOK

LINEモバイルの料金支払いのために、契約者名義のクレジットカードが必要です。

あるいは、クレジットカードや銀行口座を持っていなくても、LINE Payカードを使えば契約可能です。

LINEモバイルはクレジットカードがないと契約できないと思っている方が多いですが、LINE Payというサービスを使えば、クレジットカードや銀行...

5. Wi-Fi環境

POINT

  • LINEモバイル切り替え時、スマホの設定をするためにネット環境が必要
  • 一時的にネット環境があれば良いので、飲食店やネカフェのフリーWi-FiでもOK

LINEモバイルを契約し、SIMカードが届いたら、スマートフォンで「APN設定」ということをする必要があります。

作業自体は簡単で、マニュアルに沿って操作するだけでOK。1分程度で完了します。

あるプロファイルをダウンロードするために、Wi-Fiに接続する必要があります。

自宅にWi-Fi環境がある方は問題ありませんし、ネット環境がない方は、飲食店やネットカフェのフリーWi-FiでもOKなので、あまり問題にはならないでしょう。

以上、MNPをする前に必要な5つのものを解説しました。

  1. LINEモバイルで利用可能なスマホ
  2. メールアドレス
  3. 本人確認書類
  4. クレジットカード、もしくはLINE Payカード
  5. Wi-Fi環境

MNP転出前にやっておくことリスト

続いて、MNP転出前にやっておくことをまとめます。といっても、SIMロック解除が不要な人はそれほどやることはないかもしれません。

  1. LINEモバイルのプラン選び
  2. SIMロック解除

LINEモバイルのプラン選び

実際にLINEモバイルのプランを選ぶのは、LINEモバイル申し込み時ですが、MNP転出前にぼんやりとでも決めておくと良いでしょう。

格安SIMの中でも大人気のLINEモバイル。しかし、申し込もうと思っても、「どのプランが良いのかわからない・・・。」と悩んでいる方は多い...

SIMロック解除手続きのタイミング

docomo・Softbank端末、もしくはSIMフリー端末を使う人は不要なので読み飛ばしてください。

LINEモバイルにMNPするとき、どのタイミングでSIMロック解除すればいいの?と疑問に思う方が多いようです。

SIMロック解除のタイミングは、「MNP予約番号を発行してもらう前」がおすすめです。

MNP予約番号は期限があり、SIMロック解除に手間取って何日も経つと期限が切れてしまう恐れがあるからです。

SIMロック解除をしても、元の通信回線は普通に使えます。例えば、auの回線でauのスマホを使っていて、SIMロック解除をしても、auの回線を普通に何も変わりなく使えます。

なので、余裕を持ってSIMロック解除作業をしておくのがおすすめですね。

厳密に言うと、SIMロック解除を完了するには、現在契約しているキャリア以外のSIMカードを挿しこむことが必要です。

つまり、「キャリアでSIMロック解除手続きを行う」だけでは、SIMロック解除が完了しているとは言えません。

しかし、LINEモバイルのSIMカードをセットすればSIMロック解除が完了します。

「SIMロック解除手続き」だけ先に行なっておくのがおすすめということです。めちゃくちゃややこしいですね・・・。

この記事を読むとわかること docomo、au、SoftbankのiPhoneをSIMロック解除する方法 SIMロック解除ができ...

SIMロック解除、MNP手続き、格安SIM契約の正しい順番を紹介すると、このようになります。

  1. SIMロック解除の手続き
  2. MNP番号の発行
  3. 格安SIMの契約
  4. 届いたSIMカードをiPhoneに挿しこみ、設定を行う

MNP転出手順

上記「MNP転出前に必要なもの」は用意できましたか?それでは、MNP転出を行い、LINEモバイル開通までの具体的な流れをみていきましょう。

  1. 現契約キャリアにて、MNP予約番号を発行してもらう
  2. LINEモバイルを申し込む
  3. SIMカード到着を待つ
  4. SIMカードが届いたら、MNP開通申し込みを行う
  5. (スマホを買い変えた場合)データの引き継ぎ等を行う

MNP予約番号をゲットする

まずは、現在契約中の通信会社に連絡し、MNP予約番号を入手します。

電話か、ウェブサイトからMNP予約番号を取得することができます。迷ったら電話が簡単でおすすめですね。5分もかからず取得完了できます。

店舗に行ってMNP予約番号をもらうこともできますが、面倒なだけなので意味がありません。電話が圧倒的に楽です。

docomo

  • 携帯電話:151 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • 一般電話:0120-800-000 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • ウェブサイト:My docomo [ドコモオンライン手続き]>[携帯電話番号ポータビリティ予約]>[お手続きへ](受付時間:9時〜21時30分)

au/沖縄セルラー

  • 電話:0077-75470(受付時間:9時〜20時)

auは、スマホやPCでMy auからMNP予約番号を取得するこができません。基本的に電話で取得しましょう。

ガラケーのみEZwebから取得することができます。

SoftBank

  • 携帯電話:*5553 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • 一般電話:0800-100-5533 に電話(受付時間:9時〜20時)

SoftBankも、スマホやPCでMy SoftBankからMNP予約番号を取得するこができません。基本的に電話で取得しましょう。

ガラケーのみMy SoftBankから取得することができます。

Y!mobile

  • 電話:0120-921-156 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • ウェブサイト:My Y!mobile(受付時間:9時〜21時30分)

MNP転出手数料はいくらかかる?

MNP転出は、じつはタダではありません。手数料がかかります。

  • docomo:2,000円
  • au:3,000円
  • SoftBank:3,000円

docomoだけなぜか安いですね。

MNP転出手数料を含めた、解約金、LINEモバイルの初期費用等のまとめは後ほど紹介します。

MNP予約番号の有効期限は実質5日

MNP予約番号の有効期限は、15日です。しかし、LINEモバイル申し込み時に、有効期限が最低10日以上残っていることが条件となっています。

よって、MNP予約番号を取得してから5日以内にLINEモバイルを申し込む必要があります。

LINEモバイルを申し込む

MNP予約番号を入手したら、LINEモバイルを申し込みましょう。

LINEモバイル | LINEユーザーが選ぶ格安スマホ・SIM

申し込み時に迷う箇所があれば、こちらの記事を参考にしてください。LINEモバイルのプラン・オプション選び、データ容量、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました。

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...
LINEモバイルを申し込む

SIMカードはいつ届く?日数の目安

LINEモバイルを申し込むと、本人確認書類に不備がないかチェックされます。その後、最短で翌日SIMカードが発送されます。

私が申し込んだときは、翌日に本人確認書類の確認ができた旨のメールが届き、その翌日にSIMカードの発送、到着という流れでした。申し込みから2日ですね。

LINEモバイルの公式サイトには一週間と書いてありますが、それよりも早く届くことが多いようです。

ただし、3、4月や9月は混雑する時期なので、通常より発送が遅くなるかもしれません。

MNP開通申し込みをする

SIMカードが届いたら、MNP開通申し込みをします。

手続きは、LINEモバイルのマイページから行います。

マイページ > [契約情報確認] > [MNP開通申し込み]

空白期間はどのくらい?

申し込み後、通常であれば数分~1時間以内に開通完了します。

MNP開通できない場合は?

MNP開通手続きをしたのに、開通が完了しない場合は、MNP開通受付窓口(電話番号 0120-889-279)に問い合わせましょう。

(参考:MNPの方法 | 使い方・設定方法 | LINEモバイル

以上で、LINEモバイルへのMNP乗り換えが完了です。

現契約中のキャリアを契約更新月中に解約したい

大手キャリアは、2年縛りが一般的です。2年ごとに「契約更新月」があり、この期間内に解約しないと違約金や解約金が発生するというシステムです。

なので、契約更新月中にキャリアを解約したいと思う方が多いと思います。そこで、狙ったタイミングでキャリアを解約する方法を紹介します。

キャリアが解約されるタイミングはいつ?

キャリアが解約されるのは、MNP開通手続きを行い、LINEモバイルが開通したときです。

「MNP予約番号を発行したとき」「LINEモバイルを申し込んだとき」など勘違いしている方が多いので、注意が必要です。

ちなみに、特に解約手続きは必要なく、MNP開通と同時に自動的に解約されます。

確実に契約更新月中に解約するために

LINEモバイルを申し込んでから、SIMカードが届くまで、一週間以上かかる場合もあります。また、本人確認書類の不備などがあると、さらに日数がかかります。

なので、確実に契約更新月中に解約するにはかなり余裕を持って解約すべきです。月の頭にLINEモバイル申し込みをしても良いくらいです。

大手キャリアは、たとえ1日利用しただけでも解約月の月額料金が日割りにならず、全額請求されます。そのため、なるべく月の最後のほうに解約したいと思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、月額料金は気にせず、早めの解約を優先すべきです。LINEモバイルは初月の月額料金は無料なので、そのぶん損することはありません。

解約が間に合わない場合の最終手段、切断型MNP

契約更新月が4月なのに、SIMカードが届くのは5月・・・。解約が間に合わない・・・。そんなときの最終手段が、切断型MNPです。

通常のMNPは継続型MNPと言って、次の通信会社に乗り換えるまで契約が持続します。つまり、SIMカードが届くまで解約できないということです。

切断型MNPというのは、MNP予約番号を発行すると同時に解約手続きをする方法です。つまり、即日解約が可能です。

切断型MNPは、電話やネットから手続きできません。ショップまで行く必要があります。この方法はあまり情報が出回っていないので、もしかしたら使えなくなっているかもしれません。ショップに行く前に電話で可能かどうか確認してください。

ちなみに、切断型MNP手続きをしてから、次のSIMカードの開通手続きをせず15日経ってしまうと、電話番号が使えなくなってしまうリスクがあります。

LINEモバイル申し込みは早すぎてもダメ

例えば、4月が契約更新月なら、3月中にLINEモバイルを申し込み、SIMカードを手元に確保しておき、4月になったらMNP開通手続きをしよう、と思っている方は危険です。

なぜなら、MNP開通手続きをしなくても、SIMカード到着の2日後に自動的に切り替えされてしまうからです。

以上、現契約中のキャリアを契約更新月中に解約するためのお話でした。

スマホのデータの引き継ぎをする

LINEモバイルへ乗り換えと同時に、スマホを新しいものに変えた人は、データの引き継ぎが必要です。

もちろん、スマホをそのまま使う人は、この作業は不要です。SIMカードが入れ替わっただけなので、アプリ、写真、連絡先などのデータ部分は何も変わりません。

iPhoneはiCloudやitunesにバックアップをとる方法、AndroidはGoogleアカウントにアップロードする方法などがあります。

LINEモバイルに乗り換えるためにかかる費用は?

現在契約中のキャリアから、LINEモバイルに乗り換えるときに発生する費用をまとめました。

  • MNP転出手数料(2,000円〜3,000円)
  • 解約金、違約金(9,500円〜、または0円)
  • LINEモバイル 契約事務手数料(3,000円)

まず、MNP転出手数料がかかりますね。これは仕方ないです。

それから、LINEモバイルを契約するときに、初期費用として契約事務手数料が発生します。これも全員支払わなければなりません。

解約金や違約金は、契約更新月なら発生しないでしょう。通常は9,500円程度、スマホの残債が残っていればさらにかかるでしょう。

合計すると、最低でも5,000円、プラス解約金という形になります。

解約金を支払ってでもLINEモバイルに乗り換えるべき?

これは間違いなく乗り換えるべきです。

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えると、料金がざっくり3分の1程度になるので、解約金を含めても数ヶ月でプラスになります。

むしろ、大手キャリアは長く契約しつづけているだけ損です。

申し込み時に迷う箇所があれば、こちらの記事を参考にしてください。LINEモバイルのプラン・オプション選び、データ容量、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました。

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...
LINEモバイルを申し込む

MNPに関する細かい疑問

LINEモバイルにMNP転出するときの細かい疑問に答えます。

名義を変更するには?

MNP転出元の契約者と、LINEモバイルの契約者名義を別のものにしたいということがあると思います。

例えば、子ども用にdocomoを契約していたが、子どもが18歳以上になり、LINEモバイルを契約して自分で携帯料金を支払うようにしたい場合などです。

この場合は、2パターンの解決方法があります。

  • あらかじめ転出元で名義を変更してから、MNP手続きを行いLINEモバイルを契約する
  • 契約者は変更せず、利用者として子どもを設定する

前提として、LINEモバイルは契約者の名義を変更することは不可能です。また、MNPは同一契約者の場合しかできません。よって、転出元で名義を変更する必要があります。

契約の名義の譲渡はできますか?

名義の譲渡は受付しておりません。

(引用元:よくある質問・用語集|LINEモバイル

名義の変更は、ショップに直接出向く必要があります。

もう一つの方法は、LINEモバイルの契約者は変わらず親になってもらい、利用者として子どもを登録する方法です。

しかし、この場合は、料金の支払いは契約者のクレジットカードで行うので、本質的な解決にはなっていないかもしれません。

家族でLINEモバイルにMNP転出できる?

親名義で子どものスマホを契約していて、子どものスマホをLINEモバイルにMNP転出することは問題なく可能です。

その際、契約事務手数料3,000円を無料にできるのでぜひ利用しましょう。

「LINEモバイルを家族で契約したい」と思った時に、ちょっとした手順の違いで最大1万2千円損する可能性があります。 なぜかというと...

以上、LINEモバイルへ即日MNP転出する手順と注意点をまとめました。

↓LINEモバイルの申し込みに関する全知識まとめました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイル解約方法の疑問を全解説 タイミングは月末がいい?

NO IMAGE

月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

NO IMAGE

4つの質問でわかる!docomoからLINEモバイルに乗り換えても後悔しないか?

NO IMAGE

LINEモバイル ドコモではなく絶対にソフトバンク回線を選ぶべき理由

NO IMAGE

LINEモバイル 「データ+SMS」と「データ+SMS+音声通話」の違いを解説!...

NO IMAGE

あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルの料金プラン選びについての全知識