月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

LINEモバイルのLINEフリープランは、月500円という破格の料金です。さらに、LINEアプリの通話・トークは通信量無制限で利用可能の「カウントフリー」機能という大きなメリットもあります。

とはいえ、月500円のプランなので、短所も当然あります。というわけで、LINEモバイルのLINEフリープランについて詳しく解説していきます。

この記事を読むとわかること

  • 500円のLINEフリープランでできること、できないことまとめ
  • 音声通話を使いたい場合は?
  • あなたに最適のLINEモバイルプランはどれか

月500円のLINEフリープランとは?

LINEモバイルの最も安いプランが、月500円のLINEフリープランです。

「月500円」LINEフリープランの特徴

  • データ通信専用
  • 電話番号、SMSなし
  • 月1GB
  • LINE通話、トーク、画像の送受信などがデータ制限なしで使い放題

500円プランの大きな特徴は、「データ通信専用」ということです。

一般的なプランは、「音声通話、SMS、データ通信」という3つの機能がついています。

  • 音声通話:電話番号を使った通話機能
  • SMS:電話番号を使ったショートメッセージ機能
  • データ通信:インターネット通信機能

しかし、500円プランにはデータ通信機能しかついていません。

500円プランを検討している人は、「データ通信機能だけで何ができるのか?音声通話やSMSがついていないとどんな不都合があるのか?」ということを把握する必要があります。

500円プランでできること、できないこと

まずは、月500円のLINEフリープランで「できないこと」を紹介します。

データ通信専用SIMではできないこと

  • 月1GB以上のデータ通信
  • 電話番号を使った通話
  • 電話番号が必要なウェブサービスの登録
  • SMS

データ容量は月1GBまで

LINEフリープランは月1GBのプランしかないので、それ以上のデータ容量が必要な人は「コミュニケーションフリープラン」を選ぶ必要があります。

LINEフリープランでも、有料で容量の追加ができますが、割高になってしまうので、最初から容量が多いプランを選んだほうが得です。

格安SIMの中でも大人気のLINEモバイル。しかし、申し込もうと思っても、「どのプランが良いのかわからない・・・。」と悩んでいる方は多い...

電話番号を使った通話はできない

音声通話機能がついてないので、電話回線を使った通話はできません。固定電話や、携帯電話の電話番号に電話を発信したり、受信したりすることができないということです。

LINE通話は可能

LINE通話はできるので、「普段はLINEしか使わない」という人は不便を感じないでしょう。

しかし、電話を使う機会は減っているとはいえ、必要な場面はまだまだあるかもしれません。お店の予約をとるときや、LINEアプリを使っていない人やLINEの友達になっていない人との連絡、お子様がいる方は学校との連絡など・・・。

IP通話アプリを使えば電話番号にかけることは可能

先ほど「電話番号を使った通話はできない」と書きましたが、じつはIP電話アプリを使えば可能です。

IP電話というのは、電話回線ではなくインターネット回線を使った電話です。データ通信専用SIMでも使うことができます。

例えば、SMARTalkというIP電話アプリは、データ通信専用SIMでも利用可能です。

ただし、IP電話には以下のデメリットがあることを頭に入れておかなければなりません。

  • フリーダイヤル(0120)、緊急電話番号(119や110)に発信できない
  • 電波が悪いときは、通話が不安定になる
  • 何かのサービスに電話番号を登録するとき、登録できない可能性がある
  • 今まで携帯キャリアで使っていた電話番号を引き継ぐことはできない
  • LINEモバイル公式にサポートされている方法ではないので、仮にサービス終了して使えなくなっても文句は言えない

このようなデメリットがあります。通常の電話番号を捨て、IP電話だけで運用するのは、それなりに知識がある人でないと難易度が高いかもしれません。

SMSは使えない

SMSとは、電話番号を利用したショートメッセージサービスです。

あまり使う機会はないかもしれませんが、例えばウェブサービスの認証なんかに必要なことがあります。

500円プランで「できること」は?

500円のLINEフリープランで「できないこと」を延々と書きましたが、じゃあなにが「できる」のか、書いていきます。

500円プランはデータ通信専用SIMなので、基本的にデータ通信だけでできることは全て可能です。

データ通信機能だけでできることの例

  • LINE通話、ビデオ通話、トーク
  • IP電話
  • Twitter、Facebook、Instagram等のSNS
  • Google検索等のウェブブラウザ
  • Youtube等の動画視聴
  • その他電話番号が不要なアプリ

LINE通話やIP電話は、インターネット回線のみを利用した通話なので、データ通信専用SIMでも問題ありません。

もちろん、ビデオ通話もOKです。

その他、電話番号が絡まないことであればなんでもできます。

通信速度は遅い?

「月500円だから、他のプランよりも通信速度が遅いんだろう」という印象を持っているかもしれません。

実際はそんなことはなく、500円プランも他のプランも同じ通信速度です。

どんな人に500円のLINEフリープランがおすすめ?

上記の通り、500円のLINEフリープランは「できないこと」がたくさんあるので、万人におすすめできるプランではありません。

しかし、一部の人にとっては非常におすすめできます。具体的には、以下の2つの条件に当てはまる人です。

  • 電話番号が必要ない人
  • 月1GB以下しか使わない人

電話を全く使わず、LINE通話しか使わないという方はLINEフリープランのデータ通信専用SIMで問題ありません。

また、500円プランはデータ容量が1GBしかないので、それ以上の容量を使いたい人はコミュニケーションフリープランを検討すると良いでしょう。

格安SIMの中でも大人気のLINEモバイル。しかし、申し込もうと思っても、「どのプランが良いのかわからない・・・。」と悩んでいる方は多い...

1GBってどれくらい?意外と多い!

500円プランは月1GB以上使うと速度制限がかかってしまいます。1GBというとずいぶん少なそうな気がしますが、意外と十分な量だったりするんです。

1GBあればできることの例

  • メール:約66,000通(1通300字として計算)
  • ウェブサイト:約3,300回(1回300KBとして計算)
  • YouTube:約4時間(画質360Pで計算)

動画は約4時間しか見れないので心許ないですが、インターネットで調べ物をするくらいなら十分そうです。

また、LINEモバイルは余ったデータ量は翌月に自動的に繰越しされるので、意外と余裕が持てたりします。

それから、こちらのデータを見てください。少し古いですが、2015年のスマートフォン利用者の月間平均通信量です。

月に使うデータ通信量が1GB以下の人は、約19.6%いるそうです。5人に1人は、1GBで十分というわけです。このデータをみると、「LINEモバイルの500円プランがぴったり」という人は結構多いようです。

中には、「1GBで十分だけど音声通話機能が欲しい」という方も多くいらっしゃると思います。そういう方はLINEフリープランの音声通話SIMがおすすめです。

↓LINEモバイルのMNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

(参考:スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2015年12月) « ニュースリリース | 株式会社MM総研

500円プランは子どもや高齢の両親に持たせておくのにぴったり

※関係ない方は読み飛ばしてください

お子さんや、スマホを持っていない親御さんに、スマホを持たせたいと考えている方に向けての話です。

LINEモバイルの500円プランは、まさに子どもや両親にスマホを持たせておくのにぴったりです。理由としては、

  • 電話ではなくLINE通話やトークで十分
  • それほどネットを使わない

という条件に合致しているからです。

500円プラン+フィルタリングアプリでコスパ最強

また、LINEモバイルは子ども用のフィルタリングアプリが無料でついてくるというのも理由の一つです。

LINEモバイルを契約すると、シェアNo.1の「i-フィルター for マルチデバイス」という、普通に購入すると月370円かかるフィルタリングアプリが無料になります。

月500円のLINEフリープランを契約すると月370円のフィルタリングアプリが無料で使えることになるので、実質130円でLINEモバイルを使えてしまうことになります・・・。正直言って、これだけだと赤字なのではないかと思います。

格安SIMは、フィルタリングサービスにあまり力を入れていない会社がほとんどなので、子ども向けのスマホにLINEモバイルはとてもおすすめできます。

詳しくはこちらの記事で解説しました。→子どものスマホにLINEモバイルをおすすめする理由 – 無料フィルタリングアプリが優秀!

LINEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイル 年代別の利用プラン

子どものスマホにLINEモバイルがおすすめなのはもちろんですが、高齢者の方にもおすすめです。電子機器に疎い方にとっては、電話よりもLINEのほうが使いやすいですし、ネットをたくさん使うことは少ないでしょう。

(出典:LINEモバイル利用動向

こちらは、LINEモバイルを利用している人が、年代別にどのプランを利用しているかを表した図です。

17歳以下のユーザーと、40代以上のユーザーは、LINEフリープランを契約している方が過半数以上ですね。60代以上のユーザーに限ると、約80%がLINEフリープランを契約しています。子どもと高齢者に特に人気のプランとなっているようです。

最もLINEフリープランを契約している割合が低い18歳~22歳のユーザーでも、25%程度はLINEフリープランを選んでいます。

LINEフリープランは、ライトユーザーを中心に、かなり幅広い層に支持されていますね。

あなたのライフスタイル別!おすすめのLINEモバイルプラン

LINEモバイルには、大きくわけて3つのプランがあります。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

MUSIC+プランに関しては、少し特殊なので説明を省きます。

人気の格安SIM、LINEモバイルは、プランの一つとしてMUSIC+プランを用意しています。MUSIC+プランを一言で言うと、「...

LINEフリープランは、これまでお話しした通りライトユーザー向けの月1GBのプランです。

コミュニケーションフリープランは、通信量を毎月3GB~10GB使うユーザー向けのプランです。

どちらのプランとも、音声通話機能がありかなしか選べます。

それでは、あなたにぴったりなのはどのプランなのか探していきましょう。

電話も使わないし月1GB以下でいい→500円LINEフリープラン

  • インターネットをあまり使わない(1GB以下)
  • 電話を使わず、普段はLINEでの通話やトークを使う

この2つの条件に当てはまる人は、LINEフリープラン(500円プラン)がおすすめです。

LINEモバイル公式サイトから申し込む

しかし、「電話がないと困る」「もっと通信容量の多いプランが良い」という人も多いと思います。そこで、あなたのライフスタイル別におすすめのプランを紹介します。

音声通話は欲しいけど通信量は1GBで良い→LINEフリープラン

通信量は1GBで良いけど電話はしたいという人は、LINEフリープランの音声通話SIMがおすすめです。(正確には、データ+SMS+音声通話SIM)

月額1,200円と、月500円プランよりは高額になってしまいますが、音声通話付きのSIMはどうしても少し高額になってしまいます。とはいえ、三大キャリアの料金は6,500円前後するので、それに比べると5,000円以上も節約することができます。

LINEモバイル公式サイトから申し込む

音声通話付きで大容量の通信プランが良い→コミュニケーションフリープラン

LINEフリープランは1GBのプランしかありませんが、コミュニケーションフリープランは3GB~10GBから選ぶことができます。

  • 3GB:月1,690円
  • 5GB:月2,220円
  • 7GB:月2,880円
  • 10GB:月3,220円

自分が月に使う通信量に合ったプランを選べば良いでしょう。しかし、「月に何GB使うかわからない・・・」という人が多いのではないでしょうか。

おすすめは、10GBのプランを選ぶことです。「え?10GBもいらない・・・」と思うでしょうが、絶対に10GBを選ぶのがおすすめです。理由は以下の2つです。

  • 初月の料金は無料になる
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越される
  • データ容量はいつでも変更可能

LINEモバイルは、申し込んだ月の月額料金が無料になるので、一番高いプランを選ぶのが得です。

また、余ったデータ容量は翌月にまた使うことができます。例えば、10GBのプランを選んで、3GBしか使わなかった場合、余った7GBは翌月使うことができるのです。

そして、データ容量はいつでも簡単に変更可能です。変更は、ウェブ上のマイページから簡単な操作をするだけで完了します。

もちろん、月にどれだけ通信量を使ったかということも簡単に確認することができます。

まとめると、「最初は10GBで申し込んで、月にどれくらい通信量を使うか見てから、自分にとって最適な通信量プランに変更する」というのが一番良い方法です。

LINEモバイル公式サイトから申し込む

通話は不要だけど大容量プランが良い→コミュニケーションフリープラン(データ通信専用SIM)

大容量プランが良いけど、電話はいらない(LINEで十分)という人は、コミュニケーションフリープランのデータ通信専用SIMを選ぶのがおすすめです。

データ通信専用SIMは、音声通話SIMに比べて毎月580円安く利用することができます。

ただし、一つだけ注意点があります。それは、データSIMから音声通話SIMに途中で変更ができないことです。

データ容量の変更は月ごとにいつでも可能ですが、データSIMに音声通話機能を途中でつけることはできません。ちなみに、音声通話SIMからデータSIMに変更することも不可です。

LINEモバイル公式サイトから申し込む

まとめ

月500円のLINEフリープランの概要と、それ以外のプランについても説明しました。

  • 音声通話が使えない(電話番号が持てない)
  • ネットは月1GBまで

という制限がありますが、このデメリットが気にならない人にとっては非常にお得なプランです。

特に、LINEアプリは通信量無制限で使い放題という非常に大きいメリットがあります。もちろん、LINE通話も可能です。

万人におすすめできるプランではないですが、メリットが大きいと感じた方にはおすすめです。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルの申し込みに関する全知識まとめました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

その他細かい疑問

LINEフリープランについて、細かい疑問を解消します。

端末セットにできる?

LINEモバイルは端末セットを販売しています。分割払いもできますよ。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの端末セットはどれがおすすめ? LINEモバイルのキャンペーンコードをゲ...

どんなIP電話が使える?

IP電話アプリの中には、SMS認証が必要なものと、必要でないものがあります。

SMS認証が必要なものは、当然LINEフリー500円プランでは使えません。

例えば、050 plusはSMS認証が必要です。SMARTalkなどは、SMS認証が不要なので、LINEフリー500円プランでも利用可能です。

LINE Outは使える?

LINE Outは、電話番号認証が必要なので、残念ながらLINEフリー500円プランでは使えません。

LINE Outを利用するには電話番号の認証が必要です。

(引用元:LINE Outとは? | LINE

エントリーパッケージは使える?

エントリーパッケージという、LINEモバイルを2,000円ほどお得に申し込む方法があるのですが、残念ながら対象は音声通話SIMのみなので、500円LINEフリープランには使えません。

キャンペーンコードも同様です。

以上、月500円のLINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないことについて解説しました。

↓LINEモバイルのMNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイルのオプションはほぼ不要!13種類のオプションを徹底解説

NO IMAGE

LINEモバイルのデータ追加(チャージ)は割高?もっとお得な方法!

NO IMAGE

LINEモバイルの10分かけ放題オプションは得なのか?全情報まとめ

NO IMAGE

LINEポイントの貯め方と使い方まとめ LINEモバイルを使うだけで勝手に貯まる

NO IMAGE

LINEモバイルの格安スマホ最速チャレンジは本当に最速なのか?検証!

NO IMAGE

WiMAXはもういらない?LINEモバイルでWi-Fiルーターを使う全手順解説!