あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルの料金プラン選びについての全知識

格安SIMの中でも大人気のLINEモバイル。しかし、申し込もうと思っても、「どのプランが良いのかわからない・・・。」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

LINEモバイルのプランは、細かく分けると27種類もあります。この中から、自分に合ったプランを一つ選び出すのは難しいと思われるかもしれません。

しかし、正しい知識をもとに取捨選択をしていけばおのずと一つのプランに決まっていきます。この記事を読み通していただければ、あなたに合ったプランを選ぶことができるでしょう。

LINEモバイルのプラン一覧

簡単にLINEモバイルのプランをまとめておきます。

SIMカードのタイプ

まず、SIMカードのタイプを選ぶ必要があります。

  • データ通信専用
  • データ通信+SMS
  • データ通信+SMS+音声通話

この3タイプから選ぶことになります。

最もオーソドックスなのは「データ通信+SMS+音声通話」SIMで、多くの方がこのタイプを選びます。電話番号が利用でき、音声通話が可能です。

  • 「データ通信+SMS+音声通話」SIM:インターネット通信、SMS、電話が可能。基本のSIMタイプ。
  • 「データ通信専用」SIM:インターネット通信のみ可能のSIM。電話とSMSは不可。

「データ通信専用」SIMだと、電話番号を利用した音声通話をすることができません。インターネット接続のみが可能です。具体的には、

  • ウェブサイト閲覧
  • YouTube等で動画視聴
  • メール
  • LINE通話

といったことがデータ通信専用SIMで可能です。

注目すべきは、LINE通話が可能であるということです。LINE通話はLINEアプリを持った人同士でしか使うことができませんが、それで十分という人はデータ通信専用SIMは良い選択肢でしょう。

しかし、LINEが普及してきているとはいえ、ビジネスの場や、LINEを持っていない人との通話等、電話番号が必要な場面はまだまだ多いです。

また、LINEはLINE株式会社という一企業が運営しているサービスに過ぎないので、電話と比べると信頼性に疑問があります。もしものときに電話も使えるというのは安心感がありますよね。

そんなわけで、「データ通信+SMS+音声通話」SIMを選ぶのがおすすめですね。

「電話番号はいらない」という人は、「データ通信専用」SIMでも良いでしょう。こちらのほうが料金が安いからです。

ちなみに、SIMカードのサービスタイプは後から変更することができないので注意が必要です。迷ったら「データ通信+SMS+音声通話」SIMを選ぶのが安全です。

LINEモバイル 3つのプラン

LINEモバイルには、3つのプランがあります。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

先におすすめを言ってしまうと、コミュニケーションフリープランが最もおすすめです。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランは、LINEモバイルの中で最も基本のプランです。

SNSの通信量が無制限になる「カウントフリー」サービスがついており、

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

といった4つのSNSが通信量無制限で使い放題です。もちろん、画像や動画等の容量の多いものでも無制限。また、速度制限にかかった状態でも、SNSなら通常の通信速度で利用することができます。

この「カウントフリー」がLINEモバイルの最大の持ち味となっています。

LINEモバイルの最も大きな特徴といえば、カウントフリーです。 カウントフリーを一言で説明すると、「対象のアプリであれば、どれだけデータ通...

LINEフリープラン

LINEフリープランは、LINEモバイルの中で最も安いプランです。データ通信専用・1GBのプランを選ぶと、料金は驚異の月500円です。

とはいえ、電話番号は使えないですし、容量も1GBしか選べないので、万人におすすめできるプランではありません。条件が合う方にはおすすめです。

過去記事→月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

MUSIC+プラン

MUSIC+プランは、コミュニケーションフリープランの内容に加えて、LINE MUSICというサービスの通信量が無制限になるプランです。

料金的には、コミュニケーションフリープラン+月700円と、やや割高な内容です。LINE MUSICのヘビーユーザーなら利用価値があるかもしれません。

ここまでのまとめ

SIMカードのタイプは、

  • 電話が必要ない人:「データ通信」SIM
  • 電話が必要な人、迷っている人:「データ通信+SMS+音声通話」

がおすすめです。SIMカードのタイプは、後で変更ができないので、迷ったら「データ通信+SMS+音声通話」にしておくのが良いと思います。

プランは、基本的にはコミュニケーションフリープランがおすすめです。

「インターネットをほとんど使わない」という人は、LINEフリープランを検討してみるのも良いでしょう。LINEフリープランが気になる方は、こちらの記事をご覧ください→月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

月間データ容量の選び方

次は、悩んでいる人も多い月間データ容量の選び方について説明します。

コミュニケーションフリープランで音声通話SIMのデータ容量と料金は以下の通りです。

  • 3GB:月額1,690円
  • 5GB:月額2,220円
  • 7GB:月額2,880円
  • 10GB:月額3,220円

自分が使うぶんだけ契約すれば良いのですが、「月にどれくらいデータ容量を使うかなんてわからない」という人も多いのではないかと思います。

そんな人に、おすすめの方法があります。また、データ容量をすでに決めている人もこの方法を使うと少し得です。

おすすめは、月10GBのプランを契約することです。理由は、以下の3つ。

  • LINEモバイルは、初月の料金は無料
  • プランはいつでも変更可能
  • 余ったデータ容量は次月に繰り越される

LINEモバイルは、契約した月の料金は無料にしてくれるサービスを行なっているので、3GBのプランだろうが10GBだろうが全部無料です。なので、なるべく料金の高い10GBを選ぶのが得です。

それから、プランはいつでも変更可能なので、最初の月で自分がどれくらい通信量を使うのか確かめてみて、次の月からは自分に合ったデータ容量のプランに変更しましょう。

自分が使った通信量の確認や、プラン変更はウェブ上から非常に簡単に行えます。

まとめ

  • SIMカード:データ通信+SMS+音声通話SIM
  • プラン:コミュニケーションフリープラン
  • 容量:とりあえず10GBで契約し、次月から自分に合ったものに変更

以上がおすすめのプラン選びです。

LINEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイルの全プランの紹介と、プランの選び方を解説しました。以上の内容を読めば、あなたにとって最適なプランを見つけることができるでしょう。

LINEフリープランとコミュニケーションフリープラン詳細比較

プラン選びについて、まだ迷っている方もいらっしゃると思います。具体的には、以下の2つのことで迷う人が大多数でしょう。

  • LINEフリープランとコミュニケーションフリープラン、どちらにするか
  • 音声通話SIMにするか、データ通信専用SIMにするか

まずは、LINEフリープランとコミュニケーションフリープランを詳しく比較したいと思います。大筋の解説は先ほど行いましたが、まだ迷っている方に向けて、より詳しく説明します。

月間データ容量の違い

LINEフリープランとコミュニケーションフリープランの最も大きな違いは、月間データ容量の違いです。

LINEフリープランは、月1GBのプランのみです。コミュニケーションフリープランは、3GB~10GBと幅広く、大容量のプランも用意されています。

「月1GBでは足りない」という人は、コミュニケーションフリープランを選ぶべきですし、「月1GBで十分」という人は、LINEフリープランが選択肢に入るでしょう。

月間データ容量をオーバーし、速度制限にかかってしまった場合は、データ容量を追加購入することができますが、かなり割高(1GBで1,000円)なので、最初から余裕のあるプランを選ぶことをおすすめします。

「月何GB使うかわからない」場合は?

「月何GB使うかなんてわからないので、どちらのプランを選べば良いかわからない」という人もいるでしょう。そんな方には、おすすめの方法があります。

  • 「コミュニケーションフリープラン・月10GB」のプランを契約する
  • 次の月から自分にあったプランに変更する

LINEフリープランと、コミュニケーションフリープランは、実は月単位でいつでも変更可能です。例えば、最初はコミュニケーションフリープランで申し込んだけど、来月からLINEフリープランに変更する、といったことが可能です。

手続きはウェブ上で簡単に行えます。1分程度で完了します。

また、LINEモバイルは最初の月は月額料金無料なので、「コミュニケーションフリープラン・月10GB」という高額プランであっても無料になります。

それから、余ったデータ容量は次の月に繰り越されるので、料金が無料になる初月はなるべく大容量のプランを選んでおくと得です。

そんなわけで、以下の手順で契約すれば損なく自分にあったプランを契約することができます。

  • 「コミュニケーションフリープラン・月10GB」のプランを契約する
  • 次の月から自分にあったプランに変更する
LINEモバイル公式サイトはこちら

SIMカードタイプの詳細比較

LINEモバイルでは、以下の3タイプのSIMカードから選ぶことができます。

  • データSIM(データ通信専用、LINEフリープランのみ)
  • SMS付きデータSIM(データ通信+SMS)
  • 音声通話SIM(データ通信+SMS+音声通話)

SIMカードのタイプは、契約途中での変更は不可なので、慎重に決める必要があります。

料金の違い

最も機能が少ない、データ通信専用SIMは料金が安く、音声通話付きのSIMは料金が高くなります。

最も安いプランであるLINEフリープランで比較してみます。

  • データ通信専用:月額500円
  • データ+SMS:プラス120円(合計620円)
  • データ+SMS+音声通話:プラス700円(合計1,200円)

データ通信専用のSIMに比べて、音声通話SIMは毎月700円多く料金がかかることになります。さらに、通話時間に応じて通話料がかかります。

音声通話を諦めれば、格安SIMの料金をかなり節約できることになります。

もちろん、データ通信専用SIMでも、LINE通話は可能です。LINEは電話回線を使わず、インターネット回線のみで通話を行うアプリなので、データ通信専用SIMでも利用可能です。

データ通信専用SIMでできることと、できないことをまとめてみました。

できること

  • LINE通話・トーク等
  • Twitter等のSNS
  • ウェブサイトの閲覧
  • Goole Map等のマップアプリ・乗り換え案内
  • Youtube等で動画視聴

 

例をあげればキリがないですが、要するにインターネット回線があればできることはすべてできます。

できないこと

  • 電話番号を使った音声通話
  • SMSの送受信
  • 登録に電話番号が必要なサービス

要するに、電話回線が必要なことは全てできません。

LINE等のメッセージアプリが普及してきているとはいえ、電話番号が必要な場面はまだまだ多いです。例えば、ビジネスの場や、家族の学校への連絡等。また、登録に電話番号が必要なWebサービスは利用できなくなってしまいます。

データ通信専用SIMは料金の安さが魅力ですが、正直に言ってまだまだ電話番号が必要な方がほとんどではないでしょうか。

データ通信専用SIMをおすすめできるのは、例えば未成年のお子さんにスマホを持たせる場合です。中高生ならLINEで十分なことが多いでしょうし、料金も安く済ませることができます。LINEモバイルの500円プランもおすすめです。

以上、LINEモバイルのプラン選びについて解説しました。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルの申し込みに関する全知識まとめました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイル再申し込みの理由はコレ!本人確認書類と補助書類まとめ

NO IMAGE

半年使ってみて感じたLINEモバイルのデメリットまとめ!

NO IMAGE

LINEモバイルにキャッシュバックはない?最もお得に契約する方法!

NO IMAGE

LINEモバイルが届くまでの日数は?最短で発送してもらうポイント!

NO IMAGE

LINEポイントの貯め方と使い方まとめ LINEモバイルを使うだけで勝手に貯まる

NO IMAGE

データ繰り越しを活用してLINEモバイルをお得に使うコツ!詳細解説