LINEモバイルでiPhoneを使う手順、購入方法、注意点を解説

LINEモバイルは、iPhoneが利用可能な格安SIMです。

LINEモバイルでiPhoneを使いたい場合、2通りのパターンがあると思います。

  1. iPhoneを新しく購入して、LINEモバイルで使いたい
  2. 今使っているiPhoneを、LINEモバイルでもそのまま使いたい

LINEモバイルで利用するまでの手順と、いくつか注意点があるので紹介します。

この記事を読むとわかること

  • LINEモバイルで使えるiPhone、使えないiPhone
  • テザリングは使える?
  • iPhoneをLINEモバイルで利用する流れ

LINEモバイルで使えるiPhoneは?

LINEモバイルで動作確認が実施されているiPhoneのリストを掲載します。

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s

上記のiPhoneの、SIMフリー版・docomo版はLINEモバイルによる動作確認がとれています。SIMロック解除は不要です。データ通信・音声通話・テザリングといった動作確認がされています。

au版・SoftBank版については、SIMロック解除を行うことで利用可能です。

この記事を読むとわかること docomo、au、SoftbankのiPhoneをSIMロック解除する方法 SIMロック解除ができ...

また、iPhone 6 Plusよりも古いモデルは、SIMロック解除ができないため、iPhone 6 Plusよりも古いモデルでau版・SoftBank版はLINEモバイルで利用不可です。

(参考:LINEモバイルで使えるiPhone

iPhoneを購入する方法

LINEモバイルをはじめとした、格安SIMには、iPhoneとセットになったプランはありません。

なので、自分でiPhoneを用意する必要があります。

  • Apple Store等で新品を購入
  • 中古品を購入
  • もともと持っていたものを使う

等の手段があります。

LINEモバイルで使いたい場合は、SIMフリー版か、docomo版を用意するとよいでしょう。au版・Softbank版のiPhoneをLINEモバイルで利用するには、SIMロック解除という作業が必要になります。

最も安くiPhoneを購入する方法は?

Apple社全体の方針として、商品の値引きをしないということがあります。iPhoneはもちろん、iPadやMacなど、新品のApple製品が値下げ価格で販売されることはありません。

なので、Apple Store等で購入するのが最安になります。

docomoなどの大手キャリアでは、iPhoneを安く購入できるかのような宣伝をしていますが、じつはiPhoneの料金が通信料金に上乗せされているだけで、全く安くなっていません。

大手キャリアの「iPhoneセット」と比べて損?

docomo・au・Softbankは、iPhoneと通信プランのセットで割引になるようなサービスを行なっています。そういったサービスと、LINEモバイル+iPhone単体購入を比較してみます。

docomoでiPhone 7を購入する場合の料金

  • iPhone 7 128GB
  • 月のデータ容量:5GB
  • シンプルプラン(カケ放題なし)
  • 新規契約
  • 24ヶ月分割払い

この条件で、iPhone 7を購入し、docomoを契約した場合、端末代込みで月9,536円の支払いになります。

24ヶ月分割払いなので、2年間の総額で22万8864円になります。

LINEモバイル+iPhoneを単体で購入した場合の料金

それでは、LINEモバイルでiPhoneを使う場合の料金を計算してみます。

LINEモバイルからiPhoneを購入することはできないので、iPhoneは自分で購入する必要があります。

  • iPhone 7 128GB
  • iPhoneはApple Storeで購入
  • 月のデータ容量:5GB
  • コミュニケーションフリープラン(カケ放題なし)

この条件だと、コミュニケーションフリープランの5GB(音声通話SIM)になります。月額2,220円です。仮に2年間使うとすると、5万3,280円になります。

iPhone 7(128GB)をApple Storeで購入すると、税込90,504円になります。

LINEモバイルの料金とiPhoneの料金を合計すると、2年間で14万3,784円になります。

というわけで、LINEモバイルとdocomoと比較すると、8万5千円以上も安いという結果になりました。

  • docomo:2年間総費用 22万8864円
  • LINEモバイル+iPhone単体購入:2年間総費用 14万3,784円

LINEモバイルのほうが8万5千円以上安い

docomo・au・SoftbankのiPhoneセットは、初期費用は0円ですが、毎月の料金にiPhoneの代金が上乗せされるので、じつは全く安くなっていません。単体で購入するのと全く違いがないのです。

docomoとLINEモバイルの同じようなプランを比較すると、LINEモバイルのほうが月4,000円ほど安いので、2年間(24ヶ月)使うと8万円以上の差が出てきます。

iPhoneをLINEモバイルで利用する流れ

  1. au版・Softbank版のiPhoneの場合:SIMロック解除をする
  2. LINEモバイルを申し込む
  3. 数日でSIMカードが届く
  4. iPhoneにSIMカードをセット
  5. AMP設定をする

SIMロック解除

au版・Softbank版のiPhoneは、SIMロック解除という手続きが必要です。キャリア公式ページをチェックしましょう。

docomo版・SIMフリー版のiPhoneは、SIMロック解除は不要です。

LINEモバイルを申し込む

LINEモバイルを申し込みます。LINEモバイルは実店舗がほとんどないので、基本的にネットから申し込みます。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルのMNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

注意点としては、SIMカードのサイズを選ぶ際、ナノSIMを選ぶことです。現行のiPhoneは全てナノSIMです。(今後登場する新製品は違う可能性があるので要確認)

LINEモバイルのプラン選びに迷ったら、こちらの記事を参考にしてください→あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルのプラン選びについての全知識

iPhoneにSIMカードをセットする

iPhoneにSIMカードをセットします。

SIMカードのトレイを取り出すためにSIMピンが必要です。iPhoneに同梱されていますが、無くしてしまった場合はクリップや安全ピンでも代用可能です。

AMP設定をする

SIMカードをセットした後、AMP設定というものをする必要があります。

聞きなれない言葉ですが、やることは簡単です。LINEモバイルから送られてくるマニュアルに記載されたURLからファイルをダウンロードするだけで完了。

格安SIMを利用したことがない方は、なんとなく難しいと感じているかもしれませんが、マニュアル通りに簡単な作業をすればOKです。

まとめ

iPhoneをLINEモバイルで利用する場合の注意点をまとめます。

  • iPhoneの機種が古すぎると利用できないので、必ず確認する
  • au版・SoftBank版の場合はSIMロック解除が必要

この2点さえ気をつければ、iPhoneを問題なくLINEモバイルで利用できます。あとは、LINEモバイルを普通に申し込めばOKです。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルのMNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

Q&A

細かい疑問にQ&Aで答えます。

テザリングは使える?

LINEモバイルはテザリング利用可能です。

docomo版・SIMフリー版のiPhoneはそのままテザリングも利用可能です。

au版・Softbank版であっても、SIMロック解除をすることでテザリングを利用できるようです。ただし、LINEモバイルによる動作確認は未実施なので、万が一テザリングできなくても文句は言えません・・・。

LINEモバイルに乗り換えたいんだけど、今のキャリアを解約すると違約金がかかってしまう・・・

大手キャリアは、多くの場合2年間の縛りがあり、期間内に解約すると違約金がかかってしまいます。端末を同時購入した場合は、さらに端末代の一括支払いをする必要もあるでしょう。

そういう理由で、格安SIMへの乗り換えに踏み切れない人が多いようです。しかし、違約金を支払ってでも乗り換えてしまったほうが得な場合は多々あります。

契約しているプランやキャリアによって変わるので一概には言えないですが、三大キャリアからLINEモバイルの同じようなプランに乗り換えると、大体月4,000円程度安くなります。

仮に違約金が2万円だとしても、4ヶ月使えば元が取れます。

どういったスタイルでスマホを使っているかは人それぞれなので一概には言えませんが、高額な大手キャリアを契約し続けているよりも、違約金を支払ってでも格安SIMに乗り換えた方が良い場合はたくさんあります。

LINEモバイル公式サイトはこちら

LINEモバイルの端末保証はiPhoneも対象?

iPhoneも対象です。

といっても、LINEモバイルの端末保証を利用するのは、正直言ってあまりおすすめできません。詳しくは過去記事を参照→http://sim-textbook.com/2017/05/12/linemobile-applecare/

以上、LINEモバイルでiPhoneを使いたい方に向けての注意点をまとめました。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルの申し込み手続きがよくわからない方はこちらの記事をチェック!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LINEモバイルでWi-Fiは使える?繋がらないときの対処法!

NO IMAGE

月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

NO IMAGE

LINEモバイルでおサイフケータイを使うには?どんな端末が使える?

NO IMAGE

LINEモバイルはソフトバンク回線を選ぶべき?通信速度など詳細解説!

LINEモバイル「Wi-Fiオプション」に加入すべき?詳細レビュー!

LINEモバイルの最新キャンペーンで1万円分お得に契約する方法【2019年8月】