「i-フィルター」は最強のフィルタリングアプリ?全機能解説と評判

この記事を読むとわかること

  • 「i-フィルター」の全機能解説
  • 「i-フィルター」の評判
  • 「i-フィルター」の使い方・購入方法

スマートフォン向けのフィルタリングアプリとして最も有名なのが「i-フィルター」です。

docomo、au、Softbankで採用されている「あんしんフィルター」よりも高機能なので、より高度なペアレンタルコントロールを行いたい保護者の方に支持されています。

また、大手キャリアではなく、格安SIMを契約している場合は、フィルタリングアプリは自分で用意する必要があります。そういった場合にも「i-フィルター」が選ばれることが多いようです。

※PC向けの「i-フィルター」もありますが、この記事ではスマートフォン向けの「i-フィルター for iOS」、「i-フィルター for Android」について解説します。

そもそも、なんのためにフィルタリングをするのか

スマートフォンはとても便利なものです。子どもがインターネット検索の使い方を知らずに育ってしまうのは将来ハンデになり得ますし、スマホは子どもの可能性を広げてくれるものでもあります。

とはいえ、スマホは危険性も備えています。

  • 成人向けのサイトにアクセスする
  • SNSを通じて知らない人と会う
  • SNSに個人情報(名前、住所、顔写真等)をアップロードしてしまう
  • 長時間スマホを触り、ネット依存症になる・不眠症になる
  • 高額な商品を購入する、ゲームの課金アイテムを大量に購入する

などなど、例を挙げればキリがありません。

子どもにスマホを持たせるにしても、親子の間でルールを作る必要があるでしょう。そのためにフィルタリングアプリを利用するのは選択肢の一つです。

フィルタリングアプリ「i-フィルター」でできること 全機能解説

「i-フィルター」の機能を解説します。iPhone向けの「i-フィルター for iOS」と、Android向けの「i-フィルター for Android」の2種類があります。

まずは、iPhoneとAndroid共通の機能を解説します。

リモート管理

親のPCやスマートフォンから、子どものスマホのフィルタリング設定変更・利用状況の確認をすることができます。

子どもがアプリやウェブサイトを利用中に、フィルターが作動してブロックされたときに、子どもがその画面で保護者にブロック解除申請をすることも可能です。

インターネットの利用時間制限

インターネットを禁止する時間帯を設定できます。曜日による設定も可能です。1日のインターネット利用時間の上限を設定することもできます。

ウェブサイトフィルター設定

  • 見せて良いサイトの登録
  • 見せたくないサイトの登録

をすることができます。登録したサイトだけを表示する「ホワイトリスト機能」もあります。

購入ページブロック

通販サイトや、アプリの課金アイテムを購入するページをブロックする機能です。

ここからは、AndroidとiPhoneの個別機能を説明します。

「i-フィルター for Android」の機能

Webフィルター強度設定

年齢別の推奨設定を利用することで、簡単にWebフィルターの強度を設定することが可能です。ファミリー・小学生・中学生・高校生・大人・フィルターOFFの6段階で調節可能です。

子どもの生年月日を入力することで、自動的に推奨強度に設定してくれます。

アプリフィルター強度設定

アプリにも対象年齢があるのをご存知ですか?Webフィルターと同じように、アプリも自動的にフィルタリングしてくれます。

インストール済みのアプリを起動禁止にすることもできます。

位置情報確認

GPSを利用して、子どもの位置情報を確認できます。

利用状況確認

子どもがアクセスしようとしてブロックされた履歴を確認できます。アクセスしたサイトのカテゴリの統計、検索した単語の統計も確認できます。

通話の発着信履歴を確認することができます。

以上が「i-フィルター for Android」の機能になります。

(参考:「i-フィルター for Android」機能一覧

「i-フィルター for iOS」の機能

iPhone向けの「i-フィルター for iOS」を解説します。

書き込みブロック

掲示板・チャット・ブロクへの書き込みを禁止することができます。

利用状況確認

子どもがアクセスしようとしてブロックされたサイトの履歴を確認できます。アクセスしたサイトのカテゴリの統計を確認することも可能です。

検索した単語、書き込み回数の多いサイトの統計も確認できます。

(参考:「i-フィルター for iOS」機能一覧

iPhone版はAndroid版に比べて低機能?

「i-フィルター」のiPhone版は、Android版に比べると機能が少ないです。

  • Webフィルター
  • インターネット利用時間制限
  • 購入ページブロック
  • リモート管理

以上の機能は備えていますが、アプリのフィルタリング機能、位置情報確認、電話の発着信履歴確認といった機能は備わっていません。

しかし、iPhoneは機能制限(ペアレンタルコントロール)という機能がデフォルトで搭載されており、この機能を使えば実現可能です。

  • App(アプリ)のインストール制限
  • アプリ内課金
  • 位置情報の共有

これらの他、カメラ、Siri、友達の追加、マルチプレイヤーゲーム等、様々な制限を行うことができます。

(参考:iPhone、iPad、iPod touch でペアレンタルコントロールを使う

「i-フィルター for iOS」と、iPhoneにデフォルトで搭載されている機能制限(ペアレンタルコントロール)を使えば、フィルタリングを盤石にできるでしょう。

「i-フィルター」の評判

スマートフォン向けのフィルタリングアプリとして、私が見た範囲内では「i-フィルター」より優れているものは現状存在しません。フィルタリングアプリに必要な機能を、制約が許す限り全て詰め込んでいる印象です。

しかし、Google Playで「i-フィルター for Android」の評価を見てみると、最低評価の☆1が最も多いです。

なぜこんなに低評価が多いかというと、フィルタリングを「かけられた側」がレビューしているからですね(笑)。

スマホの機能を制限された子どもがイラついてレビューに悪評を書き込んでいます。「i-フィルター」は子ども側からは解除できないことの証明になっていますね。

フィルタリングを「かける側」の、保護者の方からの評判は上々です。特に、アプリの時間制限機能や、ウェブサイトのフィルタリング機能を重宝しているユーザーが多いようです。

「i-フィルター」のデメリット

「i-フィルター」のデメリットは、価格が高いことです。全てのデバイスで使える「i-フィルター for マルチデバイス」の利用料金は、月360円です。

1年間で4,320円、仮に5年間使うとすると、21,600円です。これはちょっと高額と言わざるをえません。

「i-フィルター」は高機能なフィルタリングアプリですが、そのぶん価格も高額です。

「i-フィルター」を無料〜割引価格で利用できる格安SIM

大手キャリア(docomo、au、Softbank)でスマホを購入すると、「あんしんフィルター」というフィルタリングアプリが最初から入っています。しかし、格安SIMは、基本的にフィルタリングアプリを提供していません。

そんな中で、いくつかの格安SIMは、「i-フィルター」を推奨フィルタリングアプリとして無料〜割引料金で利用できるようにしています。

  • LINEモバイル(無料
  • BIGLOBE(200円)
  • 楽天モバイル(324円)
  • IIjmio(ウイルスバスターとセットで500円)

LINEモバイルは、なんと無料で「i-フィルター for マルチデバイス」を利用可能です。最安の月500円プランは、子ども用のスマホにとてもおすすめです。

→LINEモバイル公式サイトを見てみる(PR)

過去記事→子どものスマホにLINEモバイルをおすすめする理由 – 無料フィルタリングアプリが優秀!

BIGLOBEは、「i-フィルター for マルチデバイス」が月360円から月200円に。毎月160円お得です。

楽天モバイルは、「i-フィルター for マルチデバイス」が月324円に。あまり変わりませんが、若干お得です。しかし、利用者が18歳未満の場合は、「i-フィルター」の契約が必須らしいので、「やっぱいらない」と思っても、解約できません。この点は注意が必要です。

IIjmioは、ウイルス対策ソフトのウイルスバスター(月250円)と「i-フィルター for マルチデバイス」がセットで500円です。毎月110円お得。

ちなみに、mineoも「i-フィルター for マルチデバイス」を推奨フィルタリングアプリとしていますが、月税抜350円(税込378円)と、なぜか普通に購入するより若干高くなります(笑)。mineoを契約している人で、「i-フィルター」を利用したい人は、mineoを経由せず直接購入しましょう。

まとめ

スマートフォン用のフィルタリングアプリである「i-フィルター for iOS」、「i-フィルター for Android」の全機能を解説しました。

「i-フィルター」は高機能なフィルタリングアプリですが、利用料金は月360円と高額なのがネックです。

子ども用のスマホに格安SIMを検討している方は、「i-フィルター」を割引料金で利用できる格安SIMを選ぶのも良いでしょう。特に、「i-フィルター for マルチデバイス(iOS版、Android版どちらも使える)」を無料で利用可能なLINEモバイルはオススメです。

→LINEモバイル公式サイトを見てみる(PR)

関連記事:子どものスマホにLINEモバイルをおすすめする理由 – 無料フィルタリングアプリが優秀!

関連記事②:月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

Q&A

細かい疑問にQ&A形式でお答えします。

LINEの制限はできる?

どのような制限を行いたいかによります。

LINEを制限するとなると、

  • 夜中や、長時間の利用を制限したい
  • 勝手に友達追加できないようにしたい

この2パターンのどちらかではないでしょうか。

前者は、時間制限機能を使うことで可能です。ただし、アプリごとに時間制限を設けることはできません。全アプリ一括での時間制限になります。

後者は、LINE自体の設定を変更すればOKです。こちらのブログ記事が参考になります。→こどもにLINEを使わせる際の設定について

SafariやChromeの検索結果をフィルタリングできる?

できません。「i-フィルター」付属のブラウザにはフィルタリング機能が備わっていて、有害サイトや任意の対象サイトをブロックしてくれますが、他のブラウザアプリ(SafariやChrome等)のフィルタリングをすることはできません。

iPhoneの場合、「i-フィルター」をインストールした後、Safariをはじめとした他のブラウザアプリを使用禁止に設定する必要があります。子どもには、「i-フィルター」のブラウザを使わせます。

Androidの場合は、「i-フィルター」のウェブフィルタリング機能をオンにすれば、自動的に他のブラウザアプリは使えなくなるので、それ以外の設定は不要です。

(参考:「お子さまのiPhoneに、SafariとApp Storeが残っていませんか?」|フィルタリングニュースウォッチ|有害サイトフィルタリングソフト「i-フィルター(アイフィルター)」

以上、「i-フィルター」の全機能解説と評判について解説しました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEのID検索を格安SIMで使うには?SIMカードタイプの選択について

NO IMAGE

LINEの通信量を節約する設定4つと裏技1つ!通信量を完全ゼロに?

NO IMAGE

Instagramの通信量を節約する設定2つ紹介!通信量ゼロにする方法がある?!

NO IMAGE

LINE MUSICを無料で使ってみた!

NO IMAGE

Twitterの通信量を節約する方法を3つ紹介!ゼロにすることも可能?

NO IMAGE

LINE MUSICの通信量を節約する設定2つ+オフライン再生でほぼ0に!