LINEの通信量を節約する設定4つと裏技1つ!通信量を完全ゼロに?

「スマホアプリの中で最も触っている時間が長いのがLINE」なんて人も多いのではないでしょうか。

普通のトークや通話だけでなく、写真・動画の送受信や、ビデオ通話を頻繁にする人も多いでしょう。最近はタイムラインの企業アカウント等で、動画が自動再生されるようになりました。

そんなわけで、LINEアプリは使い方によっては通信量を大量に消費してしまいます。そこで、通信量を抑えるための設定を紹介します。

この記事を読むとわかること

  • LINEの通信量を節約する4つの設定
  • LINEの通信量を確認する方法
  • LINEはどの程度通信量を消費するのか?

LINEの通信量を抑える4つの設定

この4つの設定をするだけで、通信量を節約することができます。

  • 写真の自動ダウンロードをオフに
  • 送信する写真の画質を低画質に
  • GIFの自動再生をオフに
  • 動画の自動再生をオフに

LINEアプリを立ち上げ、右端のメニュータブに移動。右上の[歯車]をタップ。

下にスクロールし、[写真と動画]をタップ。

4つの項目を設定します。

  • 送信する写真の画質→[低画質]に
  • 写真を自動ダウンロード→オフ
  • GIF自動再生→オフ
  • 動画自動再生→[Wi-fiのみ]もしくは[自動再生しない]に

以上で設定は完了です。

しかし、これらの設定は、LINEの機能を下げているわけなので、使いにくいと感じる人もいるでしょう。通信量を節約するためには、仕方ないことかもしれません。

LINEの通信量をゼロにする方法がある

この場でできる方法ではありませんが、LINEの通信量をゼロにすることもできます。それは、LINEの通信量をカウントしない格安SIMを契約することです。

みなさんは、どの通信会社と契約していますか?docomo、au、Softbankのような大手キャリアと契約している人もいれば、格安SIMを契約している人もいると思います。

格安SIMの中には、カウントフリーというサービスを行なっている会社があります。カウントフリーというのは、特定のアプリの通信量をカウントしないということです。つまり、そのアプリなら、どれだけ使っても月間データ容量には影響せず、使い放題ということです。

LINEをカウントフリーの対象としている格安SIMは、以下の2社です。

  • LINEモバイル
  • FREETEL

LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEアプリがカウントフリーで使えます。LINEアプリはどれだけ使っても月間データ通信量にカウントされません。高画質な画像や動画を見たり、ビデオ通話をしたりということが無制限で行えます。

他の格安SIMと同じく、料金は格安。今大手キャリアを契約している人は、平均して月4,000円以上安くなるでしょう。仮に1年使うと、5万円以上の節約になります。なので、違約金を支払ってでも格安SIMに乗り換えた方が多くの場合トータルでみると節約できます。

また、LINEモバイルはLINEだけでなく、Twitter、Instagram、Facebookという4つのSNSアプリがカウントフリーなので、SNSをたくさん使う人にはとてもおすすめな格安SIMです。

私自身、スマートフォンの通信量はSNSが大きな割合を占めていましたが、LINEモバイルに乗り換え、SNSの通信量がカウントされなくなったことで、大きく通信量を削減できました。以前は高額な7GBのプランを契約していましたが、今は3GBの安いプランで十分。

格安SIMは「通信速度が遅い」というイメージを持っている人も多いですが、LINEモバイルに関してはそんなことはありません。LINEモバイルは他の格安SIMと比べて非常に高速で、以前使っていた大手キャリアと同じくらいの快適さです。

LINEの通信量に悩んでいる人は、検討してみてはいかがでしょうか。

→LINEモバイル公式サイトを見てみる(PR)

関連記事:LINEモバイルを実際に使ってみてわかった速度と評価まとめ

FREETEL

FREETELは、SNSのパケット無料サービスを行なっている格安SIMです。CMに佐々木希さんや、高田純次さんを起用していて、知っている方も多い格安SIMだと思います。

以下の9つのアプリがデータ通信料無料です。

  • LINE
  • WeChat
  • WhatsApp
  • Pokemon Go
  • Twitter
  • Facebook
  • Messenger
  • Instagram
  • AppStore(iPhoneのみ)

LINEモバイルと比べて無料対象のアプリが多いですね。

料金もLINEモバイルと同程度で、大手キャリアと比べて非常に安いです。

FREETELは、通信量無料対象のアプリがLINEモバイルよりも多いというのがメリットです。デメリットは、LINEモバイルと比べると速度が遅いこと。

LINEの通信量をゼロにしたい方には、FREETELもおすすめの格安SIMです。

軽くまとめ

  • 4つの簡単な設定を行うことで、LINEの通信量を節約できる
  • ただし、LINEの使い勝手は落ちる
  • LINEモバイルやFREETELといった格安SIMを使えば、LINEの通信量をゼロにできる

LINEの通信量を確認する方法

LINEの通信量を確認する方法を紹介します。まずはiPhoneの場合。

iPhoneの場合

LINEの通信量を確認するには、ちょっとややこしい方法が必要です。

  1. [設定]を開きます。
  2. [モバイルデータ通信]をタップ。
  3. [LINE]の通信量を確認します。
  4. 下にスクロールし、「前回のリセット日時」を確認します。

これで、「LINEの通信量」と、「前回のリセット日時」という、2つの情報を手に入れることができました。

今わかった「LINEの通信量」というのは、「前回のリセット日時」から、現在までの通信量ですね。よって、前回のリセット日時から今日までの日数で「LINEの通信量」を割ると、1日あたりのLINEの通信量を調べることができます。

この画像の場合は、「LINEの通信量」が105MB、この記事を書いているのが7月13日なので、ざっくり132日ですね。計算すると、1日あたり約0.8MBになりました。

月に換算すると、30を掛けて24MB。めっちゃ少ないですね(笑)。このiPhoneではあまりLINEを使っていないので、普通の人はもっと多くなると思います。

ちょっと面倒ですが、iPhoneはこの方法でLINEの通信量を確認することができます。ちなみに、LINEだけでなく、他のアプリも同じ方法で通信量の確認が可能です。

Androidの場合

Androidは簡単にLINEの通信量を確認できます。

[設定]から[データ使用量]をタップ。端末全体のデータ通信量と、アプリごとの通信量を確認することができます。期間指定も可能。

LINEアプリはどの程度通信量を消費するのか?

LINEアプリを使うとどの程度通信量を消費するのか見ていきましょう。といっても、LINEの機能は多岐に渡ります。多いのは、以下の4つでしょう。

  • LINE通話
  • LINEビデオ通話
  • LINEトーク、スタンプ、画像・動画の送受信
  • タイムラインに流れてくる動画視聴

LINE通話の通信量

1分間で約0.3MBです。1時間で約18MB。1GB = 1000MBなので、約56時間通話すると1GBになります。

1日2時間通話するような人は、月1GBになるので無視できない通信量です。数日おきに数分〜数十分しか通話をしない人にとっては、ほとんど無視してよい通信量でしょう。

通話だけなら、あまり通信量はかかりません。

LINEビデオ通話の通信量

LINEトーク、スタンプ、画像・動画の送受信にかかる通信量

LINEトークの文字だけのチャットは、非常に少ない通信量です。無視しても良いレベルです。仮に通信速度が制限された状態でも、LINEトークは普段とあまり変わらず利用できると思います。

余談ですが、災害時の連絡にはLINEトークが重宝します。2016年の熊本大地震では、電話回線が混み合って繋がりませんでしたが、LINEは繋がったので、家族の安否確認ができたそうです。

(参考:熊本地震 やっぱりLINEか SNSが安否確認で活躍 | 毎日新聞

スタンプも同様で、通信量はあまり消費しないようです。

画像・動画の送受信は、それなりの通信量を消費します。

画像サイズにもよりますが、例えば3000ピクセル以上の画像だと、10MB前後消費します。100枚で1GBになってしまうので、結構大きい通信量ですね。対策としては、先ほど紹介したように「写真の自動ダウンロード」設定をオフにすることです。

動画は、画質によって左右されますが360p程度の画質だと1時間で400MB程度、2.5時間で1GBになります。やはり動画系は通信量を多く消費しますね。タイムラインに流れてくる動画も同様です。

動画が自動再生される設定になっていると、勝手に膨大な通信量を食ってしまいます。先ほど紹介した「動画の自動再生」をオフにしておきましょう。

まとめ

  • LINEの通信量を節約する4つの設定
  • LINEの通信量を確認する方法
  • LINEはどの程度通信量を消費するのか?

以上について解説しました。特に動画や画像系は、気をつけないと大量の通信量を消費してしまいます。

設定を変更することで不要な通信量を抑えることができますが、そのぶんLINEアプリの使い勝手は落ちてしまうかもしれません。

LINEモバイルやFREETELのようなLINE使い放題の格安SIMのユーザーは、通信量を気にすることなくLINEを使うことができるので、この機会に通信会社の乗り換えを検討してみても良いでしょう。

→LINEモバイル公式サイトを見てみる(PR)

関連記事:LINEモバイルを実際に使ってみてわかった速度と評価まとめ

関連記事②:4つの質問でわかる!docomoからLINEモバイルに乗り換えても後悔しないか?

関連記事③:あなたは格安SIMに乗り換えても大丈夫?5つのチェックリスト

Q&A

細かい疑問をQ&Aでまとめました。

LINE LIVEの通信量はどの程度?

LINE LIVEのような動画配信は、視聴するのも配信するのも多くの通信量を消費します。

動画の内容にも左右されますが、Youtubeと同じくらいと考えると、中程度の画質(HQ360p)で1時間378MB、高画質(HD720p)で790MB程度が目安になるでしょう。

(参考:YouTube:動画のデータ通信量の目安・1時間でどれくらい?

LINE LIVEの節約モードとは?

LINE LIVEには「節約モード」という機能があります。「節約モード」を使うと、データ通信量を90%以上節約できます。

節約モードにすると、動画の表示が1分おきに画像で更新されるようになります。つまり、動画ではなく静止画の状態になってしまいます。モノによっては、全く楽しめなくなるかもしれません。

音声、コメント、ハートなどは通常の状態と変わらないので、動きが少ない配信なら節約モードで楽しむことが可能でしょう。

(参考:もうパケ死しない!動画のデータ通信量を90%以上減らせる「節約モード」をLINE LIVEに搭載

LINEゲームの通信量は?

ツムツムやポコパン等、LINEゲームの通信量がきになる人も多いでしょう。

以下の記事によると、ツムツムは30分で1.3MBだそうです。385時間やると1GBになります。通信量はあまり多くはないですね。(個人が調べた結果なので、信憑性はわかりません・・・。)

(参考:意外と知らない!ゲームアプリの通信量の詳細!

ポコパンの通信量は調べても出てきませんでしたが、自分で調べることはできます。先ほどLINEの通信量を調べたのと同じ方法です。ちょっと面倒ですが。

ちなみに、LINEゲームはLINEモバイルのカウントフリーの対象にはなりません。

関連記事:徹底解説!LINEモバイルのカウントフリー対象になるものと、ならないものまとめ

LINEって通話料がかかる?

めっちゃ基礎的なことですが、疑問に思っている方がいるようなので解説します。

LINE通話は、電話回線を使用しません。インターネット回線のみ使用して音声通話を実現しています。よって、電話料金や通話料は発生しません。

LINEビデオ通話やLINEトークも同様です。

ちなみに、LINEから固定電話や携帯電話にかけられる「LINE Out」や、LINEモバイルの電話アプリである「いつでも電話」は、電話回線との接続を伴うため、通話料が発生します。

関連記事:LINEの「いつでも電話」が半額になる理由と「電話かけ放題」の詳細解説

LINE通話って相手がかけてきた場合でもこちらの通信量が消費される?

電話とは違い、相手がLINE通話をかけてきた場合でも、こちらの通信量が消費されます。

電話なら、通話料金は「かけた側」が負担し、「かけられた側」に料金は発生しませんが、LINE通話は双方が通信量を消費します。

以上、細かい疑問にお答えしました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINE MUSICの通信量を節約する設定2つ+オフライン再生でほぼ0に!

NO IMAGE

LINEのID検索を格安SIMで使うには?SIMカードタイプの選択について

NO IMAGE

Instagramの通信量を節約する設定2つ紹介!通信量ゼロにする方法がある?!

NO IMAGE

Twitterの通信量を節約する方法を3つ紹介!ゼロにすることも可能?

NO IMAGE

LINE MUSICを無料で使ってみた!

NO IMAGE

「i-フィルター」は最強のフィルタリングアプリ?全機能解説と評判