GRAND X LTEをLINEモバイルで購入する前に知っておくべきこと

LINEモバイルがGRAND X LTEを取り扱い開始しました。(2017年6月)

GRAND X LTEを販売している格安SIMは他に見かけないので、LINEモバイルは貴重ですね。

GRAND X LTEはBLUというメーカーが作っており、2015年にアメリカのSIMフリースマートフォン市場でシェアNo.1を獲得したそうです。

BLUは、フロリダ州マイアミに本社を置き、2010年に設立をしたアメリカの携帯端末メーカーです。美しいデザイン・高いクオリティの製品を提供することをコンセプトに急速な勢いで成長を続け、2015年には米国のSIMフリースマートフォン市場でシェアNo.1※を獲得するなどアメリカのスマートフォン市場を牽引しています。

(引用元:BLU:急速に成長するアメリカのモバイル端末メーカー

ぶっちゃけ僕はこのメーカーのことを一切聞いたことがありませんでした。シェアNo.1なのになんで無名なの・・・?AppleやSamsumgよりも売れてるの・・・?と思って調べてみました。

comScoreというサイトによると、2015年9月と12月の米スマートフォンシェアを表したのが以下の表です。

普通にAppleが1位、Samsungが2位でした(笑)。

BLUの紹介文をよく読んで見ると、「SIMフリースマートフォン市場でシェアNo.1」と書いてあります。スマートフォン全体で見たら有名メーカーの足元にも及ばないけど、SIMフリーのスマートフォンに限って見れば1位、ということなのでしょう。うーん。

(参考:comScore Reports December 2015 U.S. Smartphone Subscriber Market Share

GRAND X LTEの評価

GRAND X LTEの良いところは、価格が安いこと。12,480円と破格です。

「こんなに安くてちゃんと使えるのか?」と思いますが、その通りで、「できること」と「できないこと」があります。重いアプリは使いづらいです。

GRAND X LTEでも「できること」

  • サイト閲覧、Twitter等のSNS
  • LINEトーク、通話、メールなど
  • Youtube等の動画視聴(480p、普通画質)

その他、カメラ撮影等、あんまり重くない作業は普通にできます。Nougatのマルチウインドウは動くらしいです。

GRAND X LTEで「できないこと」

  • 複数のアプリの同時使用
  • 重いゲーム系のアプリ(デレステとか)
  • 高画質の動画視聴はカクカク

できないわけではないですが、複数のアプリを同時に使うと重くなります。重いゲーム系のアプリは快適にプレイできないでしょう。高画質の動画を見るとカクカクになります。

まとめると、重い作業を快適に行うことはできませんが、普通のことは普通にできます。

メモリ1GBなので、メモリ解放アプリを使う等工夫が必要です。

容量が8GBしかありませんが、microSDカードで32GBまで拡張できます。

詳細スペック

  • メーカー名:BLU Products
  • GRAND X LTE
  • 販売価格:12,480円
  • OS:Android 7.0
  • CPU:1.25GHzクアッドコア
  • 通信速度:下り(受信時)最大150Mbps(LTE) 上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
  • メモリ(RAM):1GB
  • 容量(ROM):8GB(microSDカードで最大32GBに拡張可能)
  • カメラ:800万画素、500万画素(インカメラ)
  • バッテリー容量:2,400mAh
  • サイズ:約72.3mm × 奥行き146.0mm × 厚み9.4mm
  • 質量:約167.2g
  • ディスプレイ:約5.0インチ、720 × 1280ピクセル
  • 付加機能:加速度センサー、近接センサー、環境光センサー
  • SIMサイズ:ナノSIM×2

コストパフォーマンスは?

メモリ1GBと低スペックですが、1万円ちょっとという価格を考えると値段並み。

LINEモバイルでも取り扱っている同じくらいの価格のBlade E01と比べると、同じようなスペックです。GRAND X LTEのほうがOSが新しいので、こちらのほうが使いやすいでしょう。

コストパフォーマンスは悪くないです。価格が安いですが、そのぶん性能が低い。値段並みのスマートフォンといった感じです。

「GRAND X LTE」は買いか?

GRAND X LTEは悪いスマートフォンではありません。「性能が高くなくても良いから安いスマートフォンが欲しい」人は、買ってもよいでしょう。

しかし、使っていてストレスがないスマートフォンかといえば、そうではありません。ストレスを感じる場面も多いと思います。また、何年も使える端末ではないので、良い機種を買っておいた方が結果的に安く済む可能性もあります。

わたしのおすすめは、あと7000円出して「HUAWEI nova lite」を選ぶことです。novaはコスパ最強スマホとして知られており、LINEモバイルで買えば2万円以下ですが、かなりの高性能機です。

予算が限られている方は仕方ないですが、あと7000円出せるならnovaを選ぶのがおすすめです。

関連記事:【最新版】LINEモバイルのおすすめスマホを3つ紹介!全機種の比較&損をしないための選び方

LINEモバイル公式サイトはこちら(PR)

↓LINEモバイルの申し込みに関する全知識まとめました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Oppo Reno 10x Zoom 詳細レビュー!最安購入方法 カメラ性能 ス...

NO IMAGE

AQUOS sense liteをLINEモバイルで買う前に知っておくべき注意点

NO IMAGE

HUAWEI P20 lite 超詳細レビュー!スペック、最安値での購入方法など

NO IMAGE

良コスパ機!LINEモバイルのZenFone 4 Selfieを全項目レビュー

NO IMAGE

arrows M04をLINEモバイルで買う前に!低スペックで高価格な端末?

NO IMAGE

超ロングバッテリー。LINEモバイルのZenFone Max Plus全項目レビ...