LINEモバイルはSMSなしプランでも大丈夫?選び方を解説!

LINEモバイルを申し込むとき、「SMSって必要なの?」と思う人がいると思います。

答えは「人によって違う」としか言えません。が、私の意見としては、SMSはないと不便な場面が結構あるので、つけたほうが良いと思います。

この記事では、「SMSとは何か」、「SMSの必要性」、「SMSの料金」について解説しました。この記事をお読みいただければ、SMSつきのSIMを契約するか、それともSMSなしのSIMを契約するのが良いかわかると思います。

また、LINEモバイルのプラン選びについても紹介します。

そもそもSMSとは何か

SMSとは、ショートメッセージサービスの略で、電話番号をアドレスとして短いテキストの送受信ができるサービスです。

文字数は、全角で最大70文字まで。半角英数字は最大160字までです。

電話番号をアドレスとして使うので、送受信に必要な情報は相手の電話番号のみです。

SMSの必要性について。SMSは何に使う?

普段スマートフォンを使っている人でも「SMSはほとんど使わない・・・。なくても別に困らないんじゃないの?」と思う方が多いかもしれません。

たしかに、友人や家族とのやりとりはLINE、仕事はメールで十分なので、わざわざSMSを使う機会は少ないです。私自身、SMSを利用する機会はほとんどありません。

しかし、SMSはないと困る場面が意外と多いのです。

LINE等のサービスの認証に使う

SMSの用途として、LINE等のサービスの認証に使えることがあります。

SMS(電話番号)認証が使われるサービスとしては、LINEのほかにも、カカオトーク、楽天系のサービス、ヤフオク、メルカリ、GREEやモバゲー、アメーバピグといったソーシャル系のサービスがあります。

Gmail等の二段階認証に使う

Gmailは、メールアドレス(とパスワード)の登録だけで利用できるサービスです。しかし、セキュリティをより強固にするために、二段階認証というものがあります。

二段階認証とは、メールアドレスとパスワードに加えて、電話番号を追加することでセキュリティを高めることです。二段階認証をするためには、SMSが必要です。

Gmailの他には、Dropbox、Amazonアカウント等で二段階認証ができます。

LINE Outの認証に使う

LINE Outは、LINEから電話番号に発信できるサービスです。

SMSでLINE Outのアカウントを認証することで、こちらの番号を通知して相手に発信することができます。

SMSは必要なのか?

SMSは、最低でも一つ持っておいた方がよいと思います。

上記のような認証にも使いますし、もしLINEやメールが使えないときのための、第二の連絡手段になるからです。

他に携帯電話回線を契約していて、LINEモバイルはサブとして使う、という場合は、SMSは不要だと思います。しかし、LINEモバイルをメイン回線として使うなら、SMSつきにしておいたほうが良いと思います。

あとから「SMSつき」に変更することはできない

LINEモバイルの契約時に、「SMSなし」を選ぶと、契約途中から「SMSつき」に変更することはできません。データ容量等の変更はできますが、SIMカードタイプの変更はできないのです。

なので、もし「SMSなし」を選んでしまい、あとからSMSが必要になった場合、とても困ったことになります。途中から「SMSつき」にするには、一旦プランを解約し、もう一度契約し直し、SIMカードをセッティングし直す必要があります。

なので、「迷ったらSMSつき」を選んでおくことをおすすめします。

LINEモバイル公式サイトはこちら(PR)

LINEモバイルで「SMSなし」プランを選ぶには?

LINEモバイルには、大きく分けて3つのプランがあります。

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

この中で、最もオーソドックスで人気があるのがコミュニケーションフリープランです。標準的な内容になっているので、普通の人にはこれがおすすめ。

ライトユーザー向けなのがLINEフリープランです。じつは、「SMSなし」を選びたいなら、LINEフリープランしかありません。

LINEフリープランは、以下の3タイプからSIMカードを選べます。

  • (SMSなし)データ通信SIM
  • (SMSつき)データ通信SIM
  • 音声通話SIM

SMSなしが良い人は、「SMSなしデータ通信SIM」を選べばOK。

ちなみに、「音声通話SIM」は、データ通信+SMS+音声通話機能がついています。つまり、「全部盛り」のSIMカードです。音声通話も利用したいならこれを選びましょう。

コミュニケーションフリープランは、SIMカードタイプが2つしかありません。

  • SMSつきデータ通信SIM
  • 音声通話SIM

どっちもSMS機能がついています。SMSなしは選べません。

「SMSつきが良い!」という人は、音声通話が必要かどうかで選べばOKです。プラン選びについては、こちらで詳しく書いているので参考にどうぞ→あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルのプラン選びについての全知識

「SMSなしが良い」という人は、LINEフリープランしか選択肢がありません。

LINEフリープランとは

LINEフリープランの特徴は、料金が非常に安いことと、LINEが通信量無制限で使い放題であることです。

  • 料金が非常に安い
  • LINEが使い放題

まず、料金が非常に安いです。1GBのデータ通信プランで月500円。これ以上ない安さですね。

もう一つの特徴、LINEモバイルはカウントフリーというサービスを行なっています。カウントフリーとは、特定のアプリを使っても、月間データ通信の容量が減らないサービスです。

LINEフリープランだと、LINEアプリがカウントフリー対象です。つまり、LINEを何GB使っても通信量を消費しません。

また、他のアプリを使って通信量を使い切り、通信速度制限に引っかかった状態でも、LINEアプリは通常の速度で使えます。

LINEフリープランの欠点

LINEフリープランの欠点は、容量が1GBしかないことです。他の容量プランはありません。

なので、3GBとか5GBとか、もっと容量の大きいプランを使いたい!という人は、コミュニケーションフリープランを選ぶ必要があります。

コミュニケーションフリープランに「SMSなし」はないので、「SMSなし」で容量の大きいプランを使いたい人は、LINEモバイルを諦めることになります。

関連記事:月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

まとめ

迷ったらSMSつきのSIMカードを選ぶことをおすすめします。各種サービスの認証、第二の連絡手段としての活用等、意外と「ないと困る」ものです。

また、契約途中から「SMSなし」→「SMSあり」に変更ができないというのも理由の一つです。

LINEモバイル公式サイトはこちら(PR)

オススメ記事:あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルのプラン選びについての全知識

SMSの料金は?

SMSの料金について書いておきましょう。

LINEフリープランのSMSなしプランは月500円、SMSありプランは月620円なので、「SMS代」として月120円かかっていることがわかります。

他の格安SIMを見ても、SMS機能の料金は月100円以上というのが相場です。

次は、SMSの送受信について。

SMSの送信は、結構高額です。LINEモバイル公式サイトから引用します。

<SMS送信料>
国内送信  3~30円/通(課税あり) ※文字量などによって変化します。
海外へ送信 50~500円/通(非課税) ※文字量などによって変化します。
海外で送信 100円/通(非課税)

(引用元:よくある質問・ヘルプ

国内でも、一通最低3円かかるので、頻繁にSMSを送信するのは積み重なるとかなりの出費になる可能性があります。なので、人と人とのやりとりでは、現在はSMSはあまり使われません。

SMSは、サービスに登録したりといった、受信がメインの使い方になると思います。SMSは、受信は無料です。

以上、LINEモバイルをSMSつきプランを選んだ方が良いのか、ということについて解説しました。

LINEモバイル公式サイトはこちら(PR)

↓LINEモバイルの申し込みに関する全知識まとめました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイル契約前に絶対チェック!メールアドレスの利用方法

NO IMAGE

あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルの料金プラン選びについての全知識

NO IMAGE

LINEモバイル 「データ+SMS」と「データ+SMS+音声通話」の違いを解説!...

NO IMAGE

【必読】LINEモバイルを店舗で即日開通する手順 再申し込みが多発?

NO IMAGE

LINEモバイル解約方法の疑問を全解説 タイミングは月末がいい?

NO IMAGE

LINEモバイルは海外で使える?通話・ネットを使う4つの方法