未成年者がLINEモバイルを契約するには?注意点と手順を解説!

LINEモバイルを未成年者が契約しようとするとき、いくつか注意点があります。

まず、未成年者といっても、2つのパターンに分かれます。

  • 18歳未満
  • 18歳~19歳

18歳未満の方は、LINEモバイルを契約できません。

といっても、利用できないということではないです。保護者の方等に契約者になってもらい、未成年の方を利用者として登録することができます。

18歳~19歳の方は、親権者の同意があれば契約できます。18歳未満の方と違い、自ら契約者になることが可能です。

この記事を読むとわかること

  • 未成年がLINEモバイルを利用する手順と注意点
  • LINEモバイル契約に必要なもの
  • 料金の支払い方法

18歳未満の方がLINEモバイルを利用するには?

18歳未満の方は、LINEモバイルを契約することができません。

18歳未満の方は契約者にはなれません。18歳以上の方を契約者とし、ご自身は利用者として利用することができます。

(引用元:よくある質問・ヘルプ|LINEモバイル

よって、保護者の方等に契約者になってもらい、18歳未満の方を利用者として登録することになります。

契約に必要なもの

契約者の本人確認書類とクレジットカード、メールアドレスが必要です。

LINEモバイルの料金は、契約者が支払うことになります。利用者(未成年者)が直接支払いをすることはできません。

申し込みの際、「利用者と契約者が違います」という項目にチェックを入れます。

この画面で利用者の情報を入力すればOK。あとは、普通の申し込みと変わりません。

LINEモバイル公式サイトはこちら(PR)

プラン選びや、オプション選択等、申し込み時にわからないことがあればこの記事を参考にしてください。→あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルのプラン選びについての全知識

利用者と契約者の違いは?

利用者が未成年で、親に契約してもらう(契約者になってもらう)場合、「利用者」と「契約者」が別ということになります。両者の違いをまとめてみました。

  • 契約者:LINEモバイルに申し込み、契約を結ぶ人。料金の支払い義務が生じる。本人確認書類の提出、クレジットカードの登録が必要。
  • 利用者:LINEモバイルを実際に使う人。特に本人確認書類の提出等は必要なく、名前や生年月日の登録だけでOK。

本人確認書類やクレジットカードの名義は契約者のものである必要があります。料金の支払いも契約者が行います。

中学生や高校生が、親にバレずにLINEモバイルを契約できる?

先ほど書いた通り、18歳未満の方がLINEモバイルを契約することはできません。

よって、保護者の方に契約してもらうのが普通です。しかし、中には親にバレないようにLINEモバイルを契約したい中学生や高校生もいるかもしれません。

おすすめはしませんが、別に契約者は親でなくてもOKです。例えば、兄や姉が18歳以上なら、契約してもらうことは可能です。

家に郵便物は届く?

ウェブから申し込むとSIMカードは郵送されてきます。それが嫌なら、即日受け渡しをしている実店舗で契約することもできます。

(外部リンク:LINEモバイル取り扱い店舗

即日受け渡しをしている店舗は現在14店舗と少ないです。「エントリーパッケージ取り扱い」の店舗は、その場で契約することはできません。エントリーパッケージを家に持ち帰り、ウェブから契約をすることになるので、結局SIMカードは郵送されてきます。

私自身、LINEモバイルを契約してますが、今のところ最初にSIMカードが届いた以外に郵便物は届いてないです。毎月の料金明細はメールで届きます。

さて、「親にバレずにLINEモバイルを契約する方法」を書いてしまいましたが、もちろん推奨はしません(笑)。親御さんに説明し、契約してもらうのが一番良いと思います。

LINEモバイルは大手キャリアと比べて月4,000円程度安いですし、低容量プランや通話なしプランなら非常に安く使えます。最も安いプランだと500円からですね。これくらいなら、お小遣いから出せると思います。

関連記事:月500円!LINEモバイルのLINEフリープランでできること、できないこと解説

18歳、19歳の方がLINEモバイルを利用するには

18歳以上の未成年者がLINEモバイルを契約するには、親権者の同意が必要です。それ以外は、成人者となんら変わりません。18歳未満の方と違い、18歳以上であれば、LINEモバイルの契約者になることが可能です。

申し込み画面で生年月日を入力すると、下のような画面になります。

「親権者の同意を得ている」をチェックすればOK。同意書の提出等は必要ないようです。

なので、同意を得ていなくてもチェックボタンを押してしまえば契約はできてしまいます。しかし、もちろんやってはいけません。

例えば、初期契約解除制度を利用して契約を取り消したい場合、未成年が成人と偽って契約をしていると、契約を取り消せない(解約金が発生する)可能性があります。

総務省のガイドラインには、未成年者が携帯電話の契約を行う場合は親権者の同意が必要と明記されています。

(未成年者の契約について)

○ 未成年者が携帯電話やインターネット等の契約を行う場合、親権者の同意が必要となります。
○ 未成年者の加入契約の際に、親権者の同意を得ていない契約は取消しができる場合がありますが、未成年者が成人と偽って契約した場合等には取消しができないことがあります。

(引用元:総務省|電気通信サービスFAQ(よくある質問)|勧誘や契約時の説明等に関するQ&A

話がちょっとそれてしまいました。

要点をまとめると、18歳、19歳の方は、親権者の同意を得て、申し込み時に「親権者の同意を得ている」というチェックボタンを押せばOKです。それ以外は通常の契約と変わりません。

LINEモバイル公式サイトはこちら(PR)

プランやオプションの選択等、LINEモバイルの契約時にわからないことがあったら、こちらの記事を参考にしてください。→あなたにピッタリのプランは?LINEモバイルのプラン選びについての全知識

Q&A

細かい疑問に答えていきます。

LINEモバイルは口座から支払える?

LINEモバイルはの支払いはクレジットカードかLINE Payカードのみです。

LINE Payカードって何?と思う方も多いでしょう。LINE社が提供している決済サービスで、プリペイドカードのような仕組みですが、クレジットカードのように使えます。

LINEモバイルは口座振替に対応していませんが、LINE Payカードを利用すれば口座振替のように使うこともできます。ちなみに、LINE Payカードはクレジットカードのような審査がなく、誰でも簡単に作れます(コンビニで買えます)。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。→LINE PayでLINEモバイルを契約する方法解説 クレジットカードと銀行口座なしで契約可能

LINEモバイルに家族割引はないの?

LINEモバイルに家族割引はありません。単体で契約するしかないです。

もちろん、家族割引がなくても、家族割をやってる大手キャリアよりもLINEモバイルのほうがはるかに安いですね。

未成年の利用者のLINE Payカードや銀行口座で支払いができる?

支払いができるのは、契約者のみです。契約者名義のクレジットカードやLINE Payカードで支払いをすることしかできません。

未成年の利用者は直接LINEモバイルの料金を支払うことはできないので、契約者に代わりに支払ってもらうことになります。

以上、未成年者がLINEモバイルを契約するための、注意点と手順を解説しました。

LINEモバイル公式サイトはこちら(PR)

↓LINEモバイルの申し込みに関する全知識まとめました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイルのデータ追加(チャージ)は割高?もっとお得な方法!

NO IMAGE

【LINEモバイル】iPhone SEは今買うべき端末?最もお得な購入方法は?

NO IMAGE

LINEモバイルのデータプレゼント全情報まとめ。キャンペーンはある?

NO IMAGE

LINEモバイル ドコモではなく絶対にソフトバンク回線を選ぶべき理由

NO IMAGE

クレジットカードよりお得!LINEモバイルを口座振替で契約する裏技

NO IMAGE

LINEモバイルは海外で使える?通話・ネットを使う4つの方法