LINEモバイルの端末保証に加入する価値はあるか?保証内容を徹底解説

格安スマホを購入するときに、「故障したときのために端末保証をつけたい」と思うユーザーは多いです。

そんなユーザーのために、LINEモバイルは有料で端末保証オプションを提供しています。

また、他の通信会社で購入したスマホを、LINEモバイルでそのまま使いたいという人のために、「持ち込み端末保証」という保証も用意されています。

そこで、この記事ではLINEモバイルの端末保証オプションと持ち込み端末保証オプションについて解説します。

この記事を読むとわかること

  • LINEモバイルの端末保証に加入すべき?保証内容を完全解説
  • 他の格安SIMの端末保証と比べてどうなの?
  • 端末保証に加入したときの、修理の流れ

LINEモバイル「端末保証オプション」の特徴

まずは、端末保証オプションの特徴をざっくり紹介します。

iPhone等、LINEモバイル以外で購入したスマホを使いたい!という人は、持ち込み端末保証を利用することになります。記事の後半で解説したのでご覧ください→持ち込み端末保証の解説

  • 月額450円
  • LINEモバイルで購入したセット端末のみ対象
  • 端末が故障したときに、交換・修理代金を支払うことで、新しい端末に交換できる
  • 端末交換・修理代金は、1回目5,000円、2回目8,000円。
  • 利用回数は、年2回まで
  • 端末保証に加入できるのは、LINEモバイル契約時のみ

端末保証を一言であらわすと、月450円を支払うことで、安い料金で端末を交換してくれるサービスです。

保証対象は、LINEモバイルで購入したセット端末に限られます。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの端末セットはどれがおすすめ? LINEモバイルのキャンペーンコードをゲ...

注意しなければならないのは、端末保証に加入できるのは、LINEモバイル契約時のみということです。

契約してから、後になって「やっぱり、端末保証入りたい」と思っても不可です。なので、契約前に慎重に検討しましょう。

交換・修理代金

LINEモバイル端末保証の交換・修理代金は、1回目の故障は5,000円、2回目は8,000円です。(年2回までという上限があります。)

「え?オプション料金を支払っているんだから、無料で直してくれるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

残念ながら、故障したときにも修理代金を支払う必要があるのです。

とはいえ、これはじつは良い料金制度だと思います。なぜなら、端末を一度も故障せず使っている人の損が少なくなるからです。

例えば、オプション料金を月1,000円、修理代金0円とすると、「何回も端末を壊して、修理してもらった人」と「一度も端末を故障させなかった人」が支払う料金が同じになってしまいますね。これでは不公平です。

修理ではなく交換

注目すべきは、修理ではなく交換になることです。修理だと、修理期間が数週間かかってしまいますし、新たな不具合が起きやすいですが、LINEモバイルは新しい端末に交換してくれます。

18時までに連絡すれば、故障した日の当日中に交換端末を送ってくれるので、非常にスピーディです。また、新しい端末に交換してくれるので、より端末の寿命が伸びそうですよね。

保証範囲は?水濡れ、落下も対象?

水に濡らしてしまった場合や、落として壊してしまった場合なども、保証の対象になります。

画面割れの他に、内部的な機械の損傷も保証対象です。

保証の対象にならないのは、以下のような場合です。

  • 紛失
  • 盗難
  • 火災

最低利用期間や解約金はある?

LINEモバイルの端末保証は、最低利用期間や解約金、違約金等はありません。

解約したくなったら、いつでもマイページから解約できます。

LINEモバイル端末保証のメリット

LINEモバイルの端末保証のメリットは、当たり前ですが故障したときに修理代金を安く済ませられることです。

例えば、3万円の端末が故障してしまい、買い換えることになったら、3万円の出費です。しかし、端末保証に加入しておけば、5,000円の交換代金で新しい端末と取り替えてもらえます。

また、故障した日の18時までに端末保証センターに連絡すれば、当日中に交換端末が発送されます。スマホが故障しても、スマホが使えない期間を限りなく短くすることが可能です。

LINEモバイルの端末保証は、修理ではなく全て交換対応になります。つまり、端末保証オプションを利用すると、今まで使っていた古い端末ではなく、新しい端末を使うことができるのです。

端末の寿命をより長く使えそうですね。

LINEモバイル 端末保証オプションのメリット

  • 故障したときの出費を安く抑えることができる
  • 最短翌日に交換端末が発送されるので、スマホが使えない期間を短くできる
  • 修理ではなく、全て交換対応

あなたは端末保証に加入すべき?

あなたはLINEモバイルの端末保証に加入すべきでしょうか?

言い換えれば、上記のメリットに月額450円支払う価値を感じるか?ということになります。

迷っている方のために、2つの判断基準を紹介します。

  • あなたが購入するのは、高級スマホか格安スマホか
  • あなたは「スマホを壊しやすい」か

まず、スマホ自体の価格が安いものなら、保証に入る必要はないです。例えば、LINEモバイルで取り扱っている「Blade E01(13,800円)」や「GRAND X LTE(12,480円)」のような端末を使っているなら、保証は必要ないと思います。

端末保証に2年間加入すると10,800円かかり、修理代金で4,000円、合計14,800円です。スマホの本体価格を超えてしまいます。

格安端末を使う場合は、壊れたら新しいのを買ったほうが安いので、端末保証に加入しないのがオススメです。

逆に、3万円以上の高額なスマホの場合は、端末保証の利用価値が高いでしょう。

一度交換してもらっただけでプラスですし、二度や三度故障してしまったらかなり得です。「端末保証、入っておいてよかった・・・」という気持ちになるでしょう。

もう一つの判断基準は、あなたはスマホを壊しやすい人かどうかです(笑)。

頻繁にスマホを地面に落としたり、水没させたりする可能性が高いなら、端末保証に入っておいたほうが良いかもしれません。

仕事やライフスタイルにもよると思います。アウトドア派の人は、スマホを壊してしまう可能性が高いかもしれませんし、ほとんど家にいる人、オフィスワークの人はスマホを壊す可能性が低いかもしれません。

LINEモバイル公式サイトで申し込む

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

LINEモバイル「持込端末保証オプション」の特徴

続いて、持込端末保証オプションの特徴を紹介します。

  • 月額500円
  • LINEモバイル以外で購入し、LINEモバイルのSIMカードで利用する端末が対象
  • 端末が故障したときに、修理・交換代金を支払うことで、修理もしくは交換してもらえる
  • 端末交換・修理代金は、1回目4,000円、2回目8,000円。
  • 利用回数は、年2回まで
  • 持込端末保証に加入できるのは、LINEモバイル契約時のみ

持込端末保証を一言であらわすと、月500円を支払うことで、安い料金で端末を修理してくれるサービスです。

注意しなければならないのは、持込端末保証に加入できるのは、LINEモバイル契約時のみということです。

契約してから、後になって「やっぱり、端末保証入りたい」と思っても不可です。なので、契約前に慎重に検討しましょう。

保証対象端末は?iPhoneでもOK?

LINEモバイル以外で購入した端末で、LINEモバイルのSIMカードで利用する端末ならなんでもOKです。

iPhoneももちろんOK。

LINEモバイルでセット端末を購入する予定の人は、持込端末保証ではなく「端末保証」を選びます。

修理代金

持込端末保証の交換・修理代金は、1回目の故障は4,000円、2回目は8,000円です。(年2回までという上限があります。)

「え?オプション料金を支払っているんだから、無料で直してくれるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

残念ながら、故障したときにも修理代金を支払う必要があるのです。

とはいえ、これはじつは良い料金制度だと思います。なぜなら、端末を一度も故障せず使っている人の損が少なくなるからです。

例えば、オプション料金を月1,000円、修理代金0円とすると、「何回も端末を壊して、修理してもらった人」と「一度も端末を故障させなかった人」が支払う料金が同じになってしまいますね。これでは不公平です。

修理上限額について

50,000円という修理上限額があります。もし修理代金が上限額を超えてしまったら、そのぶんは自腹で支払うことになります。

例えば、修理代金が60,000円だったら、超過分の10,000円は自腹で支払わなければなりません。

しかし、50,000円という修理上限額は、そうそう超えるものではありません。

Apple公式のiPhone修理料金表を見てみましょう。

(引用元:iPhone 修理サービス料金 – Apple サポート

iPhone Xの「その他の損傷」のみ60,000円を超えていますが、iPhone 8 Plusも含むそれ以外の機種の修理代金は全て50,000円以下です。

iPhone Xユーザーは注意が必要ですが、それ以外のユーザーは修理上限額については安心できるでしょう。

修理期間中に、貸し出し端末を利用できる

希望者のみ、修理期間中に貸し出し端末を利用できます。

「スマホが故障していて使えない!」という期間を0に近づけることができるので、とても嬉しいサービスですね。

18時までに端末保証受付センターに連絡すれば、当日中に貸し出し端末が発送されます。

原則として、できる限り同一機種が貸し出されますが、在庫がない場合は違う機種になってしまうこともあります。

iPhoneを利用している場合は、もちろんiPhoneが貸し出されます。

保証範囲は?水濡れ、落下も対象?

水に濡らしてしまった場合や、落として壊してしまった場合なども、保証の対象になります。

画面割れの他に、内部的な機械の損傷も保証対象です。

保証の対象にならないのは、以下のような場合です。

  • 紛失
  • 盗難
  • 火災

最低利用期間や解約金はある?

LINEモバイルの端末保証は、最低利用期間や解約金、違約金等はありません。

解約したくなったら、いつでもマイページから解約できます。

LINEモバイル持込端末保証のメリット

LINEモバイルの持込端末保証のメリットは、当たり前ですが故障したときに修理代金を安く済ませられることです。

例えば、3万円の端末が故障してしまい、買い換えることになったら、3万円の出費です。しかし、端末保証に加入しておけば、4,000円の交換代金で新しい端末と取り替えてもらえます。

また、故障した日の18時までに端末保証センターに連絡すれば、当日中に貸し出し端末が発送されます。スマホが故障しても、スマホが使えない期間を限りなく短くすることが可能です。

端末の寿命をより長く使えそうですね。

LINEモバイル 端末保証オプションのメリット

  • 故障したときの出費を安く抑えることができる
  • 最短翌日に交換端末が発送されるので、スマホが使えない期間を短くできる

あなたは持込端末保証に加入すべき?

あなたはLINEモバイルの持込端末保証に加入すべきでしょうか?

言い換えれば、上記のメリットに月額500円支払う価値を感じるか?ということになります。

迷っている方のために、2つの判断基準を紹介します。

  • あなたが購入するのは、高級スマホか格安スマホか
  • あなたは「スマホを壊しやすい」か

まず、スマホ自体の価格が安いものなら、保証に入る必要はないです。例えば、LINEモバイルで取り扱っている「Blade E01(13,800円)」や「GRAND X LTE(12,480円)」のような端末を使っているなら、保証は必要ないと思います。

端末保証に2年間加入すると10,800円かかり、修理代金で4,000円、合計14,800円です。スマホの本体価格を超えてしまいます。

格安端末を使う場合は、壊れたら新しいのを買ったほうが安いので、端末保証に加入しないのがオススメです。

逆に、3万円以上の高額なスマホの場合は、端末保証の利用価値が高いでしょう。

一度交換してもらっただけでプラスですし、二度や三度故障してしまったらかなり得です。「端末保証、入っておいてよかった・・・」という気持ちになるでしょう。

もう一つの判断基準は、あなたはスマホを壊しやすい人かどうかです(笑)。

頻繁にスマホを地面に落としたり、水没させたりする可能性が高いなら、端末保証に入っておいたほうが良いかもしれません。

仕事やライフスタイルにもよると思います。アウトドア派の人は、スマホを壊してしまう可能性が高いかもしれませんし、ほとんど家にいる人、オフィスワークの人はスマホを壊す可能性が低いかもしれません。

LINEモバイル公式サイトで申し込む

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

持込端末保証とAppleCareどちらが良い?

iPhoneをこれから購入する方は、LINEモバイルの持込端末保証ではなく、AppleCareに加入する選択肢もあります。

じつは、金額的にも保証内容的にも、持込端末保証よりAppleCareのがおすすめです。

こちらの記事で詳しく解説しました。

iPhoneはスマートフォンの中でも高額な部類なので、できれば端末保証に加入しておきたいですよね。今回は、LINEモバイルでiPhoneユーザー...

AppleCareはiPhone購入から30日以内しか加入できないので、「AppleCareに入りそびれてしまったので、何か他の保証に加入したい・・・」という方は、LINEモバイルの持込端末保証に入ると良いでしょう。

AppleCareには劣りますが、持込端末保証も決して悪い内容ではないです。

端末保証を利用して、交換・修理をしてもらう流れ

  1. LINEモバイルの「端末保証受付センター」に電話
  2. 18時以前に受付完了した場合、「交換端末」と「返送キット」が当日中に発送される
  3. 交換端末が自宅に到着。故障した端末を「返送キット」を使ってLINEモバイルに発送する

ざっくり言うと、LINEモバイルに電話すると、交換用の端末と故障端末の返送用の包材が送られてきます。

18時までに受付をすれば、当日中に交換端末が発送されるので、スマホを使えなくて困る時間が非常に短くて済みますね。

交換用の端末、「リフレッシュ端末」とは?

端末保証によって交換対応となった場合、交換端末は「新品もしくはリフレッシュ端末」となっています。

交換端末
・原則、同一機種・同一カラーの端末です。
・新品もしくはリフレッシュ端末です。
・在庫不足や生産終了などの理由により別の端末となる場合があります。

(引用元:端末保証オプション|LINEモバイル

「リフレッシュ端末」とは何でしょうか?

調べてみると、「中身は中古パーツのこともあるが、外側は新品」の端末のようです。

もちろん、動作はきちんと新品同様ですし、外側のパーツは新品なので、見た目的にも中古品のような感じはありません。つまり、新品とあまり変わりはありません。

「それでも、中身が中古パーツは嫌だ」という人もいるかもしれません。

残念ながら、新品かリフレッシュ端末かの指定はできないようなので、そういう人は端末保証に加入しないほうが良いでしょう。

他の格安SIMの端末保証オプションと比較

「端末保証がある格安SIMの中から選びたい!」という方もいるでしょう。そんな方のために、他の格安SIMの端末保証オプション情報をまとめておきます。

BIGLOBE SIM

  • 月500円
  • 持込端末OK
  • 修理代金:無料
  • 交換代金:1回目4,000円、2回目8,000円
  • 保証上限額:4万円まで
  • 1年で2回まで

楽天モバイル

  • 月500円
  • 持込端末OK
  • 修理代金:無料
  • 交換代金:1回目4,000円、2回目8,000円
  • 1年で2回まで

mineo

mineoのセット端末

  • 月370円
  • 修理なし、交換のみ
  • 交換代金:1回目5,000円、2回目8,000円
  • 保証上限額:4万円まで
  • 保証期間内で2回まで(1年でリセットされない)

持込端末

  • 月500円
  • 持込端末OK
  • 修理代金:無料
  • 交換代金:1回目5,000円、2回目8,000円
  • 保証上限額:4万円まで
  • 1年で2回まで

IIJmio

IIJmioのセット端末

  • 月380円
  • p10、p10 plusのみ月500円
  • 交換代金:1回目5,000円、2回目8,000円
  • 保証期間内で2回まで(1年でリセットされない)

つながる端末保証

  • 月500円
  • 持込端末OK
  • 修理無料
  • 交換代金:1回目4,000円、2回目8,000円
  • 保証上限額:5万円まで
  • 保証期間内で2回まで(1年でリセットされない)

dmm mobile

dmmのセット端末

  • 月350円
  • 1年で一回まで
  • 交換代金によって交換先の端末が選べる

持込端末

  • 月500円
  • 持込端末OK
  • 修理無料
  • 交換代金:1回目4,000円、2回目8,000円
  • 保証上限額:5万円まで
  • 1年で2回まで

LINEモバイルの端末保証は、他の格安SIMと比べてどうなの?

mineoやIIJmioといった格安SIMは、セット端末なら350円で端末保証を利用できます。

LINEモバイルは450円なので、100円高くなってしまいます。そのぶん、当日中に交換端末を発送してくれるなど、サービスは充実していますが、料金が割高感があるのは否めません。

持込端末保証は、他社も500円で提供しており、サービス内容も同等ですね。

  • 端末保証:他社と同等~割高
  • 持込端末保証:他社と同等

と結論づけられるでしょう。

LINEモバイルは、端末保証という点だけ見ると、それほど魅力的な格安SIMではありません。

しかし、LINEモバイルは良くない格安SIMなのかというと、そうではありません。

LINEモバイルにはSNSのカウントフリーや、LINEのID認証可能、通信速度が速い等、メリットがたくさんあります。

こうしたメリットがデメリットを上回ると感じているのであれば、LINEモバイルを選ぶべきです。

例えば、カウントフリーによって通信量を大幅に節約できれば、かけ放題の料金が数十円高いことよりもメリットが上回りますよね。

私自身は、SNSのヘビーユーザーなので、カウントフリーのおかげで通信量が少ない安いプランで済んでいます。このメリットが大きいと思っているので、今でもLINEモバイルを契約しています。

まとめ

LINEモバイルの端末保証は、他社と比べて優れているわけではない。他の部分にメリットを感じるかどうか。

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

Q&A

端末保証に関する細かい疑問に答えていきます。

端末保証に加入しないとどうなる?

端末が故障したときに、

  1. メーカーの公式修理、またはスマホ修理店に修理してもらう
  2. 買い換える

このどちらかの対応をすることになります。

または、LINEモバイルの端末保証に加入しなくても、iPhoneならAppleCareのようなメーカーの保証サービスもあります。

持込端末保証で保証対象となる端末の条件は?

LINEモバイル公式サイトから引用します。

持込端末保証で保証可能な端末は以下の条件を満たしている端末になります。
⋅LINEモバイルのSIMカードを挿入することにより通話又は通信が可能となったスマートフォン、タブレット端末であること
⋅日本国内で販売されたメーカーの正規品であること
⋅OSはAndroid及びiOSであること
⋅法律により定められた技術基準への適合性を有する端末であること
⋅専用ページでIMEI情報登録が行われている端末であること
※Wi-Fiモデルの端末は保証対象外となります。

IMEI情報登録とは?

持込端末保証に加入した後、ユーザーがやらなければいけない作業があります。それがIMEI情報登録です。

IMEIは、International Mobile Equipment Identifierの略で、日本語だと「国際移動体装置識別番号(端末識別番号)」という意味です。携帯電話が一台ずつ持っている番号です。

IMEI番号の確認方法は、オプション加入後に案内される登録ページに載っているので、心配しなくても大丈夫です。簡単な作業です。

(参考:ケータイ用語の基礎知識 第404回:IMEI とは

docomo、au、SoftBankで買った端末も保証対象になる?

他の通信会社で購入した端末でも、LINEモバイルで利用するのであれば、問題なく持込端末保証の保証対象になります。

中古スマホでも保証に入れる?

もちろん入れます。

持込端末保証に加入するために、検査等はないので、故障寸前の端末でも入れます。

iPhoneは非正規修理になってしまう?

LINEモバイルの持込端末保証は、iPhoneをApple正規修理店で行ってくれるので、iPhoneは正規修理になります。

iPhoneを非正規修理してしまうと、Apple公式のサポートを受けられなくなってしまうリスクがありますが、LINEモバイルは正規修理なのでご安心を。

データ移行もやってくれる?

スマホが故障したときに、新しい交換端末へのデータ移行を修理業者にやってほしいと思う方がいるようです。

しかし、スマホのデータ移行は自分でやる必要があります。LINEモバイルに限らず、どんな通信会社でもデータ移行はやってくれません。万が一データがなくなってしまったときに、高額な賠償金を支払うことになるからです。

解約はできる?

端末保証オプション、持込端末保証オプションは、いつでも解約できます。最低利用期間、違約金等はありません。

ただし、解約月のオプション料金は何日に解約したかに関わらず1ヶ月ぶんとられるので、月末までに解約しましょう。

交換端末、貸し出し端末はいつ届く?

18時までにLINEモバイル端末保証センターに連絡をすれば、当日中に交換端末、貸し出し端末が発送されます。

いつ届くのかは、住んでいる場所によると思います。発送地は調べることができませんでした。

以上、LINEモバイルの端末保証について解説しました。

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイル契約前に絶対チェック!メールアドレスの利用方法

NO IMAGE

LINEモバイルでiPhoneを使う手順、購入方法、注意点を解説

NO IMAGE

LINEモバイル「Wi-Fiオプション」に加入すべき?詳細レビュー!

NO IMAGE

iPhoneに最適の保証は?LINEモバイルの端末保証とAppleCare+を比...

NO IMAGE

LINEモバイルのウイルスバスターオプション解説!加入すべき?

NO IMAGE

LINEモバイルが届くまでの日数は?最短で発送してもらうポイント!