LINEモバイルの申し込み方法解説!全ての疑問をまとめました

この記事を読むとわかること

  • LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ
  • MNPの方法、LINEモバイルの申し込み、プラン選び等、LINEモバイルにまつわる疑問を解決

LINEモバイルはたくさんのメリットがある格安SIMです。特に大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)からの乗り換えなら、料金を大幅に節約できるでしょう。

多くの方が「LINEモバイルに乗り換えたい!」と思っています。しかし、「乗り換え方法がよくわからない・・・」「めんどくさい・・・」と感じている方も多いと思います。

この記事をお読みいただければ、「LINEモバイルを申し込む手順」がだれでも理解できるでしょう。

また、LINEモバイル申し込みでつまずいてしまった人のためにQ&Aを用意しました。LINEモバイルに関するできる限り全ての疑問を網羅しようと努めました。

LINEモバイルを利用するまでの4つの手順

じつは、LINEモバイルへの乗り換え作業はそんなに難しくありません。

大きく分けて、4つの手順があります。

LINEモバイルを利用する4ステップ
  1. 申し込みに必要な4つのものを揃える
  2. MNP予約番号を取得する
  3. LINEモバイルを申し込む
  4. 回線切り替え手続き・APN設定

「①申し込みに必要な4つのものを揃える」を除いて、個々の作業は5~10分程度で済みます。そう考えてみると、「思ったよりめんどくさくなさそうだな」と感じた方が多いのではないでしょうか?

これだけで大幅な料金の節約になるのだから、メリットのほうが大きいですよね。

LINEモバイルを申し込み後、SIMカードが最短で翌日、繁忙期でも一週間以内には届きます。

SIMカードが届いてから10分程度の簡単な作業をして、数分〜1時間程度放置すれば回線が切り替わります。

もちろん、SIMカードが届くまでの間は以前の回線を利用することが可能です。不通期間はほとんど発生しません。

その1. 申し込みに必要な4つのものを準備する

LINEモバイル申し込みに必要なもの
  1. 本人確認書類書類
  2. メールアドレス
  3. クレジットカード
  4. LINEモバイルで利用可能なスマートフォン

まずは、LINEモバイル申し込みに必要なものを準備します。

これさえ揃えれば誰でもLINEモバイルを契約することが可能です。このステップをクリアしてしまえば、あとは単純な作業だけなので、もうLINEモバイルの申し込みが8割完了しているようなものです。

申し込みに必要なものを一つずつ解説していきます。

本人確認書類

POINT

  • 本人確認書類として利用可能なのは、運転免許証、マイナンバーカード等
  • 健康保険証、パスポート等は補助書類が必要
  • 再申し込みになる原因No.1

「LINEモバイルを申し込んだのに、再申し込みになってしまった」原因の中で最も多いのが、本人確認書類の不備です。

運転免許証やマイナンバーカードはそれ1枚で利用可能ですが、お持ちでない方も多いでしょう。

健康保険証やパスポートは、それ1枚だけでは申し込むことができません。補助書類が必要です。

補助書類として使えるのは、公共料金領収書(本人名義のみ)か住民票です。

「免許証等、1枚で使える本人確認書類を持ってない」「公共料金領収書は家族名義」というような方は、役所に住民票を取りに行く必要が出てきます。

本人確認書類について、詳しくはこちらのページにまとめましたのでご覧ください。

LINEモバイルを申し込む際、再申し込みになる原因として最も考えられるのが本人確認書類です。 免許証等を持っている方は、それ1枚で本人確認...

メールアドレス

POINT

  • LINEモバイル契約後も利用可能なメールアドレス
  • docomo、au、Softbankのメールアドレスは不可!

GmailやYahoo!メール等、LINEモバイル契約後も利用可能なメールアドレスが必要です。

docomo、au、Softbankのメールアドレスをお使いの方は、これらのキャリアを解約後はメールアドレスが使えなくなってしまうため、LINEモバイルの契約時に使うこともできません。!

使えるメールアドレスを持ってない、という方は、Gmail等のメールアドレスを取得しておいてください。

Gmailの取得方法等、こちらのページで解説しました。

格安SIMのLINEモバイルは、メールアドレスを提供していません。 とはいえ、これは全くデメリットではありません。なぜLINEモバイルはメ...

クレジットカード、もしくはLINE Payカード

POINT

  • LINEモバイル契約時に本人名義のクレジットカードが必要
  • もしくはLINE Payカードでも可
  • 家族に代わりに契約してもらうのもアリ

LINEモバイル、というかほとんどの格安SIMではクレジットカードで支払いをするので、クレジットカードを持ってない方は契約できません。

クレジットカードを持ってない方の選択肢は2つあります。

  • ご家族に代わりに契約してもらう
  • LINE Payカードを作る

ご家族に代わりに契約してもらうことも可能です。クレジットカードの名義人と契約者は同一である必要があるので、ご家族に「契約者」になってもらい、実際に利用する方は「利用者」として登録することができます。

もしくは、LINE Payカードというもので支払いをすることも可能です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

LINEモバイルはクレジットカードがないと契約できないと思っている方が多いですが、LINE Payというサービスを使えば、クレジットカードや銀行...

スマートフォン

POINT

  • LINEモバイルで利用可能なスマートフォンが必要
  • 今のスマホをそのまま使うか、新しく購入するか

「LINEモバイル契約に必要なもの4つ」最後の項目は、スマートフォンです。

まあ、スマホがなくても契約自体は可能ですが、意味ないですよね。

スマートフォンに関して、2つのパターンに分かれると思います。

  • 今持っているスマホをそのまま使いたい
  • LINEモバイル乗り換えを機に新しく購入したい

今のスマホをそのまま使う場合

POINT

  • まずは動作確認済み端末検索
  • ドコモ、ソフトバンク、SIMフリー機種はそのまま利用可
  • auで買った端末はSIMロック解除が必要
  • 新規購入が必要になる場合も

まずは、お使いのスマホがLINEモバイルで動作確認ができているかどうか検索しましょう。

動作確認方法
  1. LINEモバイル公式サイトへアクセス
  2. 「端末」を選択
  3. 「今持っている端末を使う」を選択
  4. メーカー名、または機種名を入力して検索
LINEモバイル公式サイト

どうでしょうか?動作確認済み端末でしたか?

動作確認済み端末じゃなかった!という場合は、新しくスマホを購入する必要があります。

・・・ぶっちゃけ、動作確認できていない端末であっても、普通に動いたりすることもあるのですが、保証はできません。

とりあえずLINEモバイルを契約してSIMカードを挿入してみて、ダメだったら新しいスマホを買う、というのも良いと思います。

SIMロック解除が必要?

LINEモバイルはドコモ回線・ソフトバンク回線を提供しているので、ドコモやソフトバンクのSIMロックがかかっている端末であっても、それに合った回線を選択すればそのまま利用可能です。

ちなみに、SIMロック解除するデメリットはないので、ドコモ・ソフトバンク端末であってもSIMロック解除しておくのがおすすめです。

auで購入した端末は、SIMロック解除しないと利用できません。それができない場合は、新しくスマホを購入するしかありません。

SIMロック解除に関してはこちらのページで解説しました。(Android端末も同じ手順で可能です。)

この記事を読むとわかること docomo、au、SoftbankのiPhoneをSIMロック解除する方法 SIMロック解除ができ...

新規購入の場合は?

POINT

  • 新規購入の場合はSIMフリー端末を選べばOK!
  • LINEモバイルのセット端末も便利

スマホを新規購入する場合は、SIMフリー端末を選べばOKです。

例えば、iPhoneであればApple Store等でSIMフリー端末を購入しましょう。

LINEモバイルは、iPhoneが利用可能な格安SIMです。 LINEモバイルでiPhoneを使いたい場合、2通りのパターンがあると思いま...

LINEモバイルのセット端末も便利です。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの端末セットはどれがおすすめ? LINEモバイルのキャンペーンコードをゲ...

まとめ 申し込みに必要な4つのもの

LINEモバイル申し込みに必要な4つのものをまとめました。

LINEモバイル申し込みに必要なもの
  1. 本人確認書類書類
  2. メールアドレス
  3. クレジットカード
  4. LINEモバイルで利用可能なスマートフォン

これさえ揃えてしまえば、LINEモバイルの申し込みは8割完了してしまったようなもの。あとはこのページを参考に簡単な作業をこなしていくだけです。

逆に言えば、ここが一番の難関です。人によっては、本人確認書類を揃えるために役所まで行く必要があったりと、面倒なこともあると思います。

というわけで、残りの手順を見ていきましょう。

その2. MNP予約番号を取得する

POINT

  • MNPしない方には不要
  • 電話一本で取得可能(所要時間は数分程度)
  • MNP予約番号を取得してからなるべく早めにLINEモバイルを契約する
MNPとは?
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とは、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスを利用できる制度。

(参考:携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とはなんですか? | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

MNP転入したい方は、MNP予約番号を取得しましょう。

注意点として、

  • MNP予約番号の有効期限は15日
  • LINEモバイル申し込み時点で有効期限まで10日以上残っている必要がある

という条件があります。そのため、LINEモバイル申し込みの直前にMNP予約番号を取得するのがおすすめです。

MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号は、今あなたが契約している通信会社から取得します。

電話か、ウェブサイトからMNP予約番号を取得することができます。迷ったら電話が簡単でおすすめですね。5分もかからず取得完了できます。

店舗に行ってMNP予約番号をもらうこともできますが、面倒なだけなので意味がありません。電話が圧倒的に楽です。

docomo

  • 携帯電話:151 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • 一般電話:0120-800-000 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • ウェブサイト:My docomo [ドコモオンライン手続き]>[携帯電話番号ポータビリティ予約]>[お手続きへ](受付時間:9時〜21時30分)

au/沖縄セルラー

  • 電話:0077-75470(受付時間:9時〜20時)

auは、スマホやPCでMy auからMNP予約番号を取得するこができません。基本的に電話で取得しましょう。

ガラケーのみEZwebから取得することができます。

SoftBank

  • 携帯電話:*5553 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • 一般電話:0800-100-5533 に電話(受付時間:9時〜20時)

SoftBankも、スマホやPCでMy SoftBankからMNP予約番号を取得するこができません。基本的に電話で取得しましょう。

ガラケーのみMy SoftBankから取得することができます。

Y!mobile

  • 電話:0120-921-156 に電話(受付時間:9時〜20時)
  • ウェブサイト:My Y!mobile(受付時間:9時〜21時30分)

上記の番号に発信すると、オペレーターさんと電話が繋がります。ここでMNP予約番号を取得したい旨を伝えれば、発行してくれます。

注意点としては、MNP予約番号を取得してから5日以内にLINEモバイルを契約することです。

そのため、LINEモバイルの申し込み直前にMNP予約番号を取得することをおすすめします。

その3. LINEモバイルを申し込む

POINT

  • ウェブサイトから申し込む
  • キャンペーン情報をチェック!
  • 重要ポイントは音声通話SIMか、データSIMか

では、いよいよLINEモバイルを申し込みます。

まず大事なのは、ウェブサイトから申し込むのが最もお得です。

期間限定で開催されているキャンペーンはウェブ限定のことが多いですし、ウェブ申し込みはメリットが多いです。

キャンペーンとは?

LINEモバイルは期間限定でお得なキャンペーンを行なっています。

2018年12月のLINEモバイルを最もお得に契約する方法は、

  • SNS使い放題 新・月300円キャンペーン
  • LINEポイントキャンペーン

という2つのキャンペーンを併用することです。

上記2つを併用した場合のキャンペーン内容は、

  • 月額基本利用料が3ヶ月間1,390円割引
  • LINEポイント5,000ポイント、もしくはMNP契約の場合は10,000ポイント
  • 初月の月額料金無料

となっており、非常にお得な内容です。

LINEポイントはLINEモバイルの支払いに使うこともできますし、Amazonギフト券やLINE Pay経由で換金することもできるので、実質5,000円〜10,000円のキャッシュバックのようなものということになります。

キャンペーンの利用手順

  1. LINEモバイル公式サイトにアクセス
  2. 「通常申し込み」を選択
  3. 「キャンペーンコード」欄に「TMTM0404」を入力

LINEモバイルを申し込む

LINEモバイル公式サイト

以上で完了です。あとは普通に申し込めばOK。

キャンペーンコードを入力し忘れて契約してしまうと、キャンペーンの適用を後から受けることはできません。忘れずに入力しましょう。

それでは、具体的な申し込み手順を解説します。

ソフトバンク回線?ドコモ回線?

POINT

  • 特別な理由がない限りソフトバンク回線がおすすめ
  • SIMロック解除していないドコモ端末を使いたい場合のみドコモ回線が必須

回線は、基本的にソフトバンク回線がおすすめです。

LINEモバイルはソフトバンクの子会社という事情もあり、ソフトバンク回線のほうが速度が速い傾向にあるからです。

2018年7月2日に、ついにLINEモバイルでソフトバンク回線の提供がスタートしました! 今年3月にLINEモバイルはソフトバンクと資本・...

プラン選択 コミュニケーションフリーがおすすめ

POINT

  • おすすめはコミュニケーションフリープラン 3GB
  • SIMカードタイプは音声通話SIMがおすすめ

LINEモバイルは3つのプランから選ぶことができます。

  • LINEフリー
  • コミュニケーションフリー
  • MUSIC+

これらのうち、最も人気が高いのがコミュニケーションフリープランです。

4つのSNSアプリがデータフリー(=使い放題)というのが特徴です。

データ容量は、3GBがおすすめです。公式では7GBがおすすめされていますが、ほとんどの人が7GBも必要ありません。

プランやデータ容量は契約後も簡単に変更可能なので、あまり悩まず決めてしまっても問題ありません。

SIMカードタイプは変更不可

コミュニケーションフリープランの場合、SIMカードタイプ(サービスタイプ)は以下の2つから選択できます。

  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

このSIMカードタイプは、契約後に変更することができません。

データSIMは、音声通話機能がついていません(=電話番号がもらえない)。LINE通話等で音声通話をすることはできます。

「普段LINEしか使わないし、データSIMでいいんじゃない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、電話番号がないことで困る場面は意外とあります。

  • 飲食店の予約電話ができない
  • スマホを持っていない人、LINEを使っていない人に電話ができない
  • 電話で登録が必要なサービスに登録できない
  • 仕事関係の電話や、子どもの学校に電話ができない
  • もしLINEにシステム障害が起きたとき、連絡手段がなくなってしまう

などなど、電話番号は持っておきたいところです。

よって、おすすめは音声通話SIMです。

LINEモバイルを申し込むときに、「データ+SMS」と「データ+SMS+音声通話」どちらを選ぶか聞かれますよね。「なんのことかよくわからない」と...

10分かけ放題オプションは必要?

POINT

  • 電話を多用する方はお得
  • 後から簡単に加入できるので、必要性を感じたときでOK

10分かけ放題オプションは、月額880円で10分以下の通話が何度でも無料になるオプションです。

通話をたくさんする方はお得ですし、LINE通話しか使わない、という方は不要です。

後から簡単に加入することもできるので、迷ったらとりあえず「いつでも電話」のみ加入しておけばOKです。

LINEモバイルは、サービス開始当初はいわゆる「電話かけ放題オプション」は提供していませんでしたが、ユーザーからの要望が多かったのか、2017年...
LINEモバイルが、電話料金が半額になるアプリ「いつでも電話」と、定額電話かけ放題サービス「10分電話かけ放題オプション」を同時リリースしました...

オプション選択

オプションは、基本的に必要性を感じなければ全て外してOKです。

基本的に契約後でも簡単にオプションに加入することができます。よって、必要性を感じたときにオプションを追加すれば良いです。

ただし、端末保証オプションだけは契約時にしか加入できません。

個人的には、迷っているなら加入しないほうが良いと思いますが、詳しく検討したい方はこちらのページをご覧ください。

格安スマホを購入するときに、「故障したときのために端末保証をつけたい」と思うユーザーは多いです。 そんなユーザーのために、LINEモバイル...
携帯電話回線を契約するときに、面倒なのはオプションです。 大手キャリアでは、「最初の2ヶ月は無料」などと言われて契約時に強制的にオプション...

LINEモバイル申し込み作業 まとめ

  • キャンペーン利用でお得に!
  • プランはコミュニケーションフリー・3GB・音声通話SIMがおすすめ
  • オプションは基本的に後から加入できる

まずはキャンペーンコードの入力を忘れずに行いましょう。

  1. LINEモバイル公式サイトにアクセス
  2. 「通常申し込み」を選択
  3. 「キャンペーンコード」欄に「TMTM0404」を入力

LINEモバイルを申し込む

LINEモバイル公式サイト

プラン・オプションは基本的に後からでも変更できるので、とりあえずあまり悩まず決めてしまって大丈夫です。

おすすめプラン・オプション
  • コミュニケーションフリープラン
  • 容量:3GB
  • 音声通話SIM
  • オプション:なし

以上でLINEモバイルの申し込みは完了です!後はSIMカードが届くのを待ち、簡単な作業をするだけです。

その4. 回線切り替え手続き・APN設定

POINT

  • 回線切り替え手続きとAPN設定をすることでLINEモバイルの利用開始となる
  • どちらも5分〜10分程度で完了

回線切り替え手続き

MNP転入の場合、回線切り替え手続きを行うことによって以前の通信会社が自動的に解約され、LINEモバイルの利用開始となります。

回線切り替え手続きは、マイページか電話で行います。どちらでも簡単ですが、ここではマイページからの手続き方法を紹介します。

マイページから回線切り替え手続き
  1. LINEモバイルのマイページにアクセス
  2. ログインID・パスワードを入力
  3. MNP開通申し込みを選択

以上で完了です。

じつは、回線切り替えは数日放置すれば自動で行われます。それまでは以前の通信会社の回線を使い続けることになりますが、それでも良い方は放置しておいてもOKです。

APN設定

POINT

  • 付属の説明書にしたがって必要なファイルをインストール・設定を行う
  • iPhoneの場合はWi-Fiが必要

基本的に付属の説明書に沿って作業を行えば迷う箇所はないと思いますが、注意点としてはiPhoneの場合はWi-Fi環境が必要ということです。

ご自宅にWi-Fi環境がない場合は、近くの飲食店、図書館等、Wi-Fi環境がある場所を探して作業を行う必要があります。

まとめ LINEモバイルへの乗り換えは意外と簡単!

LINEモバイルの乗り換えは、「思ったよりも難しくなかった」と感じた方が多いのではないでしょうか?

面倒な部分は「手順その1. LINEモバイルを申し込むために必要なもの」を揃えるところくらいで、ここが完了してしまえば後は単純な作業だけです。

12月のLINEモバイルのキャンペーン内容は非常にお得なものとなっているので、キャンペーン終了前に申し込んでおくことをおすすめします。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの最新キャンペーン情報 キャンペーンの利用方法 この記事では、...

というわけで、LINEモバイルを申し込む手順をまとめました。

LINEモバイル申し込みの疑問・トラブル解決

読者の方々の中には、未解決の疑問があってLINEモバイルを契約できない、という方も多くいらっしゃると思います。

  • 本人確認書類をアップロードしたのに審査落ちした
  • MNP転出元と契約者名義が違うせいで転出できない
  • 未成年はLINEモバイルを利用できない?
  • エントリーパッケージってなに?
  • ドコモ回線は選んじゃダメなの?

などなど、様々な疑問があるかと思います。

そこで、これらの疑問にできる限り全てお答えしました。詳細解説記事がある場合はリンクしました。

これでも疑問が解決できない方は、記事下部の検索窓から検索していただくか、この記事にコメントしていただければお答え致します。

本人確認書類をアップロードしたのに審査落ちした

考えられる原因は以下です。

  • 本人確認書類として認められている書類ではない
  • 補助書類をアップロードしていない
  • 契約者の名義と本人確認書類の名義が違う

詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

LINEモバイルを申し込む際、再申し込みになる原因として最も考えられるのが本人確認書類です。 免許証等を持っている方は、それ1枚で本人確認...

MNP転出元と契約者名義が違うせいで転出できない

家族の名義で他の通信会社と契約しており、LINEモバイルに移行する場合によくある現象です。

MNP転出元と転出先の契約者名義は同一である必要があります。対策としては以下の3パターンが考えられます。

  • 転出元で名義変更をする
  • 転出元の契約者に、LINEモバイルでも契約者になってもらう(自身は利用者として登録)
  • 同じ電話番号を使うことをあきらめて、新規番号で契約する
「LINEモバイルに電話番号そのままで乗り換えたい」という方は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用する必要があります。 とはいえ、...

未成年者はLINEモバイルを利用できない?

  • 18歳・19歳は親権者の同意があれば契約可能
  • 18歳未満はご家族に契約してもらい、本人は利用者として登録

18歳未満はLINEモバイルの契約者になることができません。ご家族に代わりに契約者になってもらう必要があります。

以下のページを参考にしてください。

LINEモバイルを未成年者が契約しようとするとき、いくつか注意点があります。 まず、未成年者といっても、2つのパターンに分かれます...
LINEモバイルは学生さんにも人気の格安SIMです。そこで気になるのは、「LINEモバイルに学割ってあるの?」ということですよね。 この記...

エントリーパッケージってなに?

Amazon・家電量販店等で950円のエントリーパッケージを購入することで、契約時の手数料3,000円が無料になるというものです。

一見お得ですが、LINEモバイルのキャンペーンコードが利用不可になってしまうというデメリットがあります。

キャンペーンコードのほうがお得なことが多いので、あまり利用価値はありません。

LINEモバイルをお得に契約する方法として、エントリーパッケージを購入するというのもがあります。 エントリーパッケージを利用すれば、少し手...

ドコモ回線は選んじゃだめなの?

LINEモバイルはソフトバンクの子会社なので、ソフトバンク回線のほうが速度が速かったりと、優遇される傾向があります。

とはいえ、ドコモ回線を選んではいけないというわけではありません。ドコモ回線も普通に使えます。

データフリー等、LINEモバイルはドコモ回線でもメリットが多い格安SIMです。

プラン選びについて詳しく知りたい

プラン選び、月間データ容量の選び方については、こちらの記事で解説したのでご覧ください。

格安SIMの中でも大人気のLINEモバイル。しかし、申し込もうと思っても、「どのプランが良いのかわからない・・・。」と悩んでいる方は多い...

LINEモバイルの端末セットはどうなの?

正直に言うと、LINEモバイルの端末セットは定価から大幅に割引されるわけではありません。ネット通販でSIMフリー端末を購入したほうが安い場合もあります。

とはいえ、端末セットは「手間が少なくなる」というメリットもあります。端末セットを購入すれば、APN設定等が済まされた状態で届くので楽です。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの端末セットはどれがおすすめ? LINEモバイルのキャンペーンコードをゲ...

LINEモバイルでiPhoneを使いたい場合は?

基本的には、SIMフリーのiPhoneをApple Store等で購入し、LINEモバイルでSIMカードのみ購入するのがおすすめです。

au等で購入したiPhoneをそのまま使いたい場合は、SIMロック解除が必要になる場合があります。

「iPhone8をなるべく安く使いたい!」そう思っている方は、docomoのような大手キャリアではなく、格安SIMを契約することを考えている方が...

SIMフリーってなに?

何の制約もない端末の素の状態がSIMフリーです。例えば、Apple Store等で直接購入したiPhoneはSIMフリーです。

日本の大手キャリアは、顧客が他のキャリアに移りづらいように、端末にSIMロックというものをかけています。SIMロックがかかっていると、そのキャリア以外のSIMカードを受け付けなくなります。

SIMロック解除とは?

キャリアによって施されたSIMロックを解除し、どの通信会社のSIMカードでも利用可能な状態にすることがSIMロック解除です。

この記事を読むとわかること docomo、au、SoftbankのiPhoneをSIMロック解除する方法 SIMロック解除ができ...

以上、LINEモバイルの申し込み方法と疑問に関して解説しました。

LINEモバイル公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイルのデータプレゼント全情報まとめ。キャンペーンはある?

NO IMAGE

LINEモバイルはSMSなしプランでも大丈夫?選び方を解説!

NO IMAGE

【完全マニュアル】LINEモバイルへ即日MNP転出する手順まとめ

NO IMAGE

LINEモバイル ドコモではなく絶対にソフトバンク回線を選ぶべき理由

NO IMAGE

【LINEモバイル】iPhone SEは今買うべき端末?最もお得な購入方法は?

NO IMAGE

LINEモバイルのデータ追加(チャージ)は割高?もっとお得な方法!