5分でわかる!iPhoneをSIMロック解除する方法

この記事を読むとわかること

  • docomo、au、SoftbankのiPhoneをSIMロック解除する方法
  • SIMロック解除ができない場合は?
  • SIMロック解除、MNP手続き、格安SIM契約の正しい順番
  • iPhoneユーザーにおすすめの格安SIM

この記事をお読みの方は、「iPhoneをSIMロック解除して、格安SIMに乗り換えたい」という方が多いでしょう。あるいは、特に理由はないけど、何かのためにSIMロック解除してみたい、という方もいらっしゃると思います。

タイトルに「2分でわかる!iPhoneをSIMロック解除する方法」と書いてしまったので、とりあえず最短でSIMロック解除をする方法を紹介します。

また、「SIMロック解除、MNP手続き、キャリアの解約、格安SIMの契約」をどういった順番で行えばいいか戸惑っているユーザーが多いようなので、そのあたりについても解説します。

手っ取り早くSIMロック解除をする方法

au、docomo、Softbank共通で、SIMロック解除に必要なものがあります。それは、「現在iPhoneを契約している通信会社以外のSIMカード」です。

例えば、auを契約している人はau以外のSIMカードが必要というわけですね。

「現在契約しているキャリアを解約して、格安SIMに乗り換えたい」と考えている方は、問題ありません。格安SIMを契約すれば、SIMカードが手に入るからです。

「別のSIMカードを用意できない」という方は、後ほど紹介する方法を使ってください。→

ここでは、「格安SIMに乗り換えたい」と考えている方を念頭に置いて話を進めます。

どのキャリアも共通で、SIMロック解除をする方法は2つあります。

  • ウェブサイトから手続きをする(無料)
  • 電話で手続きをする(3,000円)
  • 店頭で手続きをする(3,000円)

おすすめは、無料で手間もかからないウェブサイトから手続きをすることです。

キャリア別に見ていきます。

docomoのiPhoneをSIMロック解除する方法

  1. iPhoneのIMEI番号(15桁)を調べ、メモする
    iPhoneの[設定]>[一般]>[情報]>[IMEI]で確認できます
  2. My docomoにログインする
  3. 「ドコモオンライン手続き」を選択
  4. 「その他」から「SIMロック解除」を選択
  5. 「iPhone」を選択し、メモしておいたIMEI番号を入力

以降は流れにそっていけばOKです。「SIMロック解除手続きを承りました」という旨のメールが届くと思います。

しかし、じつはこれでSIMロック解除手続きが完了したわけではありません。docomo以外のSIMカードをiPhoneに挿し込むと、SIMロック解除が完了します。

「え、まだ格安SIM契約してないし、SIMカードなんて持ってないんだけど?」と思う方が多いでしょう。ご安心ください。今すぐに新しいSIMカードを挿し込む必要はありません。

後日、格安SIMを契約し、新しいSIMカードが手に入ったときにSIMカードを挿しこみ、セッティングをすればOKです。上記の手続きをしたiPhoneはこれまでと変わらず使えます。

auのiPhoneをSIMロック解除する方法

  1. au公式サイト SIMロック解除のお手続きにアクセス
  2. 下にスクロールし、「パソコン・スマートフォンから」の項目で、「SIMロック解除のお手続き(My au)」をクリック
  3. au IDとパスワードを入力してログイン
  4. 暗証番号を入力
  5. ①の横のチェックボックスにチェックを入れ「次へ」をクリック

以降は流れにそっていけばOKです。「SIMロック解除手続きを完了しました」という画面になると思います。

しかし、じつはこれでSIMロック解除手続きが完了したわけではありません。au以外のSIMカードをiPhoneに挿し込むと、SIMロック解除が完了します。

「え、まだ格安SIM契約してないし、SIMカードなんて持ってないんだけど?」と思う方が多いでしょう。ご安心ください。今すぐに新しいSIMカードを挿し込む必要はありません。

後日、格安SIMを契約し、新しいSIMカードが手に入ったときにSIMカードを挿しこみ、セッティングをすればOKです。上記の手続きをしたiPhoneはこれまでと変わらず使えます。

SoftbankのiPhoneをSIMロック解除する方法

  1. iPhoneのIMEI番号(15桁)を調べ、メモする
    iPhoneの[設定]>[一般]>[情報]>[IMEI]で確認できます
  2. Softbank公式ページにアクセス。下にスクロールし、My Softbankにログイン
  3. 先ほどメモしたIMEI番号を入力

以降は流れにそっていけばOKです。「SIMロック解除手続きを完了しました」という画面になると思います。

しかし、じつはこれでSIMロック解除手続きが完了したわけではありません。SoftBank以外のSIMカードをiPhoneに挿し込むと、SIMロック解除が完了します。

「え、まだ格安SIM契約してないし、SIMカードなんて持ってないんだけど?」と思う方が多いでしょう。ご安心ください。今すぐに新しいSIMカードを挿し込む必要はありません。

後日、格安SIMを契約し、新しいSIMカードが手に入ったときにSIMカードを挿しこみ、セッティングをすればOKです。上記の手続きをしたiPhoneはこれまでと変わらず使えます。

SIMロック解除ができない場合は?

格安SIMに乗り換えたいのに、SIMロック解除ができない場合があります。例えば、iPhoneが古い場合などです。また、SIMロック解除手続きがよくわからない、面倒臭い、という人もいるでしょう。

そんな人には、SIMロック解除をしない選択肢もあります。

SIMロック解除をしなくても格安SIMに乗り換えられる

実は、SIMロック解除をしなくても格安SIMに乗り換えることができます。

格安SIMは、「docomo系」、「au系」、「SoftBank系」に分かれており、docomoのiPhoneはSIMロック解除をしなくてもdocomo系の格安SIMならそのまま使えますし、auのiPhoneはau系の格安SIMでそのまま使えます。

格安SIMは現在600社以上あると言われており、docomo系、au系、SoftBank系それぞれに良い格安SIMがあります。無理にSIMロック解除をせずに、docomoを使っている人はdocomo系の格安SIMに、auの人はau系の格安SIMに、SoftBankの人はSoftBank系の格安SIMに乗り換えれば良いと思います。

iPhoneユーザーにおすすめの格安SIM

iPhoneユーザーにおすすめの格安SIMを紹介します。

iPhoneという高品質なスマホを使っているわけなので、「回線速度が遅い」というのは嫌ですよね。「料金が安い代わりに回線速度が遅い」という格安SIMもありますが、今回は「料金はそこそこだが、回線速度やサービスの質が良い格安SIM」を紹介します。

「料金はそこそこ」と言っても、大手キャリアとは比べ物にならない安さですよ。月平均して4,000円程度は節約できると思います。

docomo系おすすめの格安SIM

docomo系おすすめの格安SIMは、LINEモバイルです。docomo系に限らず、全ての格安SIMの中で、iPhoneユーザーにおすすめしたいのがLINEモバイルです。私自身も利用しています。

LINEモバイルの特徴は、通信速度が高速であることです。格安SIMは通信速度が遅いことが多いですが、LINEモバイルはそんなことはありません。

私自身、LINEモバイルを半年以上使っていますが、通信速度にストレスを感じることは非常に少ないです。

また、LINEモバイルの大きなメリットは、「カウントフリー」という機能です。4つのSNSアプリ(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)の通信量がノーカウントになります。つまり、これらのアプリなら、通信量を気にせず使い放題というわけです。

私はiPhoneの用途は8割方LINEとTwitterなので、この「カウントフリー」によって大きく通信量を節約することができました。

最後に、LINEモバイルならではのメリットがあります。それは、LINEの年齢認証が可能ということです。

他の格安SIMは、LINEの年齢認証ができません。なので、LINEのID検索といった機能が使えません。しかし、格安SIMの中で唯一、LINEモバイルだけはLINEの年齢認証が可能です。

  • 通信速度が高速
  • SNSアプリが通信量無制限になるカウントフリー
  • 格安SIMの中で唯一、LINEの年齢認証が可能
LINEモバイル公式サイトをみてみる

au系おすすめの格安SIM

au系でおすすめなのは、UQモバイルです。UQモバイルの特徴は、なんといっても通信速度が速いこと。格安SIMの中で、もっとも通信速度が速いと言われています。

ただし、その代わり料金は少し高め。「多少料金が高くてもいいから高速回線が欲しい」という方におすすめです。

UQモバイル公式ページをみてみる→【UQモバイル】

SoftBank系おすすめの格安SIM

SoftBank系は、docomo、auと比べて参入している会社が少なく、選択肢が限られてしまいますが、良い格安SIMもあります。b-mobileという格安SIMです。

b-mobileの特徴は、30GBのプランがあることです。しかも、同じ30GBプランを提供している楽天モバイルやOCNモバイルよりも料金が格安となっています。

もちろん、普通の3GBや7GBプランもあるのでご安心を。

とはいえ、SoftBankユーザーは格安SIMの選択肢が非常に狭くなってしまうのは事実です。SoftBankユーザーの方は、頑張ってSIMロック解除したほうが良いかもしれません。

SIMロック解除、MNP手続き、格安SIM契約の正しい順番

今使っている電話番号そのままで格安SIMに乗り換えたい方は、MNPというシステムを利用する必要があります。そのためには、現在契約している通信会社にMNP番号を発行してもらいます。

難しい作業ではないのですが、SIMロック解除や格安SIMの契約をどのタイミングで行えば良いかわからない方が多いようです。そこで、これらの正しい順番を解説します。

  1. SIMロック解除の手続き
  2. MNP番号の発行
  3. 格安SIMの契約
  4. 届いたSIMカードをiPhoneに挿しこみ、設定を行う(この時点でSIMロック解除が完了)

以上の流れになります。

まずは、①SIMロック解除手続きを行います。SIMロック解除手続きをしても、今契約中のキャリアで使えなくなるわけではありません。

例えば、docomoでiPhoneを契約中の方が、SIMロック解除をすると、docomo以外のSIMカードを自由に使えるようになります。もちろん、これまでのようにdocomoのSIMカードも使えます。

なので、SIMロック解除をしても、何も変わらず利用していけるということです。よって、①SIMロック解除手続きを最初に行います。

次に、②MNP番号の発行をします。MNP番号の発行方法については、以下の記事を参考にしてください。

「LINEモバイルに電話番号そのままで乗り換えたい」という方は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用する必要があります。 とはいえ、...

次に、③格安SIMの契約をします。MNPを利用したい場合は、格安SIMの申し込み時にMNP予約番号が必要なので、先にMNP番号を入手しておく必要があります。

最後に、④SIMカードをiPhoneに挿しこみます。あとは、格安SIMのマニュアルにそって、簡単な設定をしていけば完了です。

以上が、SIMロック解除とMNP手続きをして、格安SIMに乗り換える流れです。

iPhoneをSIMロック解除できる条件

古いiPhoneはSIMロック解除できませんが、それ以外にもiPhoneをSIMロック解除できない場合があります。

以下の条件を満たすiPhoneのみSIMロック解除が可能です。

  • 2015年5月以降に発売された機種
  • 購入から101日が経過、もしくは一括購入したiPhone

2015年5月以降に発売された機種というのは、具体的に言うと、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xですね。

iPhone6以前の機種はSIMロック解除ができません。iPhone5、iPhone5s等もですね。

また、なぜか購入から101日が経過していないとSIMロック解除ができません。ただし、ローンではなく、一括購入したiPhoneなら即日でSIMロック解除が可能です。

別のSIMカードを用意できない場合のSIMロック解除方法

SIMロック解除には、原則として契約中の通信会社以外のSIMカードが必要です。しかし、SIMカードが用意できない場合でも、SIMロック解除をする方法が2つあります。

  • iPhoneのバックアップをとり、一度初期化する
  • 店舗(ドコモショップなど)に持ち込む(3,000円)

おすすめは、iPhoneを初期化する方法です。Apple公式ページに方法が掲載されています。

以下の手順にそって、iPhone のロック解除を終わらせてください。

  1. iPhone をバックアップします。
  2. バックアップを作成できたら、iPhone を消去します。
  3. 作成したばかりのバックアップから、iPhone を復元します。

(出典:iPhone のロックを解除して別の通信事業者で使う方法

もう一つの方法は、店舗に持ち込むことです。AppleStoreではなく、ドコモショップやauショップなどの通信会社のショップです。AppleStoreに持ち込んでもSIMロック解除はできません。

ただし、こちらの方法は3,000円かかってしまいますし、長い待ち時間がかかってしまうかもしれないのでおすすめしません。

まとめ

iPhoneのSIMロック解除方法を紹介しました。

「あっさりSIMロック解除できた!」という人もいれば、なんらかの理由で手間取る方もいると思います。また、そもそもiPhoneがSIMロック解除不可の機種だった、という方もいるでしょう。

iPhoneをSIMロック解除したい!という動機は、「格安SIMに乗り換えたい」ということだと思います。それならば、私の考えは「SIMロック解除をせず、同じ系列の格安SIMに乗り換えれば良いのでは?」ということです。

docomoのiPhoneを使っている人はdocomo系の格安SIMに、auの人はau系の格安SIMに、SoftBankの人はSoftBank系の格安SIMに、SIMロック解除不要で乗り換えることができます。

格安SIMは今や600社以上が提供しており、docomo系、au系、SoftBank系それぞれに良い格安SIMがあります。SIMロック解除にこだわる必要もないような気がします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

UQモバイルを使うまでの流れ 乗り換える手順を解説!

NO IMAGE

格安SIMの選び方を解説!

NO IMAGE

格安スマホ(格安SIM)で子ども用フィルタリングをする方法を解説

NO IMAGE

格安SIMのメリット・デメリットは?大手キャリアと比較!

カウントフリーがある格安SIM全10社と対象アプリ63種まとめ

NO IMAGE

楽天でんわの仕組みを徹底解説。格安SIMとの組み合わせが最強