Zenfone 4 MaxをLINEモバイルで買う前に知っておくべき注意点

人気の格安スマホ、Zenfone 4 MaxがLINEモバイルで取扱スタートしました!

2万円台という低価格ながら、サクサク使えるスペック、2つのカメラ、そしてバッテリー持ちが超良いという特徴を備えています。

バッテリーの持ち時間が長いスマホが欲しい!という方におすすめできるのはもちろんのこと、「なるべく安くて快適に使えるスペックのスマホが欲しい」という方にもおすすめできる一台になっています。「サクサク快適に使える性能」と「低価格」という2つの条件を両立しているからです。

とはいえ、Zenfone 4 Maxには欠点もあります。知らずに購入してしまうと、あとで後悔することになるかもしれません。

また、意外と知られていないのは、LINEモバイルはキャンペーンコードを入力するだけでお得に申し込めるということです。キャンペーンの利用方法もこの記事で紹介します。

この記事を読むとわかること

  • Zenfone 4 Maxの良いところ・悪いところ
  • 端末保証は必要?
  • LINEモバイルのキャンペーンを適用してZenfone 4 Maxを購入する手順

Zenfone 4 Maxレビュー

バッテリー性能

Zenfone 4 Maxの特徴は、なんと言ってもバッテリーの持ちが超良いことです。実測で15時間の連続動画再生が可能だそうです。

23時29分から開始して、0%になったのが翌日の14時59分。途中30分ほど再生が停止していた時間がありますが、それを差し引いてもおよそ15時間とかなりの長持ちぶり。
(引用元:ZenFone 4 Maxはメインでもサブでもいける。実測で連続15時間の動画再生、4100mAhバッテリー搭載スマホ|engadget日本版

これだけのロングバッテリーなら、丸一日使えるのはもちろん、1日くらい充電を忘れてもなんとかなりそうですね。

また、付属のケーブルを使って、他のスマートフォンを充電することも可能です。

カメラ性能

Zenfone 4 Maxには背面カメラが2つ、インカメラが1つの合計3つのカメラがついています。

通常のカメラに加えて、ワイドに撮れる広角カメラが追加されており、簡単に使い分けることができます。旅行に行ったとき、広い風景を写したいときなんかに便利ですね。

画質は、正直言って他のスマートフォンより良いわけではなく、普通程度だと思います。iPhoneには劣りますね。

CPU性能、メモリ(RAM)、ストレージ(ROM)は?

次は、CPU性能、メモリについて見ていきます。CPU性能やメモリによって、操作時のサクサク感やアプリの処理スピードなどが変わってきます。

Zenfone 4 MaxはSnapdragon430というCPUを搭載しています。メモリ(RAM)は3GBです。性能的には「ミドルクラス」に分類されます。

LINEやTwitter、ブラウザを使ってのGoogle検索、ポケモンGOやツムツムなどの軽めのゲームならサクサク動きます。デレステなどの3Dゲームや、複数のアプリを同時に動かすのはちょっと厳しいかなという感じです。

AQUOS sense lite SH-M05(33,800円)やZenFone 4 Max Pro(32,000円程度)も同じSnapdragon430を搭載しています。25,800円のZenfone 4 Maxに同じCPUが載っているのはかなりお買い得感がありますね。

ストレージ(ROM)は32GBです。ストレージの容量によって、どれくらい写真や動画、アプリなどのデータを保存できるかが違ってきます。32GBというのは、多くの人にとっては十分な容量だと思います。また、それでも足りない人は、microSDXCスロットによって最大256GBまで拡張できます。

Zenfone 4 Maxは2万円台という低価格ながら、十分な性能のCPU、メモリ、ストレージを搭載しています。そのため、「安くてサクサク動くスマホが欲しい!」という方にとっておすすめできる機種になっています。

Zenfone 4 Max 特徴まとめ

  • 超大容量バッテリー
  • 安価ながらちゃんとした性能のCPU・メモリ・ストレージを搭載
  • 「安くてサクサク動くスマホが欲しい!」という方におすすめ

Zenfone 4 Maxの欠点とは

Zenfone 4 Maxにも欠点はあります。それは、「CPUの性能があまり高くない」ことです。

CPUの性能が高くないとどうなるかというと、

  • アプリの起動が遅い
  • アプリを複数同時に立ち上げるともっさり感がでてくる
  • 3Dゲームのようなアプリは快適にプレイできない

このような現象が起きます。

と言っても、2万円台のスマホなので割り切りが必要です。「どんなアプリでもサクサク使いたい!」「3Dゲームをプレイしたい!」という方は、iPhone8のようなハイスペック機種を選ぶ必要が出てきます。

Zenfone 4 Maxの口コミ


レスポンスは、重いアプリを使わなければ問題なし。液晶はよくも悪くもなく、普通程度。安くて無難に使いたい人におすすめ。


バッテリーの持ちがすごく良い。動作はサクサク。デザインもシンプルで良い。


デザイン、ディスプレイ共に綺麗。2台持ちのサブ機として使っており、もう一台のスマホを充電できるのが便利です。


タッチ画面のレスポンス・指紋認証共に良好です。1日使ってもバッテリーが50%以上残っており、かなり安心感があります。

Zenfone 4 Maxの口コミをSNS等で調査したところ、「バッテリーが大容量なので安心感がある」「他は無難にまとまっている」というような意見が多いですね。

3Dゲームのような高度なゲームを快適にプレイすることは、残念ながら難しいと思います。「高度なゲームを快適にプレイしたい」という方は、iPhone8のようなハイエンド機を選ぶ必要があります。

LINE等のSNS、Google検索等でWebページを閲覧する、軽めのゲームを楽しむ、などの用途であれば、Zenfone 4 Maxで十分かと思います。

こんな人にZenfone 4 Maxがおすすめ

  • バッテリー持ちが良いスマホが欲しい人
  • なんでもいいから「安くてちゃんと動くスマホ」が欲しい人
LINEモバイル公式サイトで購入する

↓使わないと損!LINEモバイルのキャンペーンコードをゲットする方法

この記事を読むとわかること LINEモバイルの最新キャンペーン情報 キャンペーンの利用方法 この記事では、...

逆に、「アプリを複数立ち上げてもサクサク動くスマホが欲しい」「3Dゲームをプレイしたい」という人は、iPhone8がおすすめです。

「iPhone8をなるべく安く使いたい!」そう思っている方は、docomoのような大手キャリアではなく、格安SIMを契約することを考えている方が...

Zenfone 4 MaxにLINEモバイルの端末保証は必要?

LINEモバイルは、端末保証オプションを月450円で提供しています。

端末保証オプションに加入すると、端末の修理代金が2回まで割引になります。(1回目5,000円、2回目8,000円)

つまり、端末が故障してしまい、修理代金が20,000円発生するとします。これが、端末保証オプションに加入していると5,000円で済むというわけですね。

端末オプションは、LINEモバイル契約時にしか加入できません。なので、迷う方も多いかと思います。

結論から言ってしまうと、Zenfone 4 Maxを購入する場合は、端末保証オプションは不要だと思います。

なぜかというと、そもそも端末自体の価格が安いので、故障したら買い換えてしまえば良いのでは?と思います。

2年間加入すると、450円x24ヶ月=10,800円になります。その上で、修理代金5,000円がかかります。25,000円の端末に、15,800円の保証料金+修理代金を支払うのは釣り合っていません。

これは知らない方が意外と多いのですが、Zenfone 4 Maxにはメーカーの1年保証がついていますよ。自然故障なら、無料で修理もしくは交換対応になります。

格安スマホを購入するときに、「故障したときのために端末保証をつけたい」と思うユーザーは多いです。 そんなユーザーのために、LINEモバイル...

LINEモバイルのキャンペーンコードを利用して、Zenfone 4 Maxを購入する方法

LINEモバイルは時期によってキャンペーンを行なっていることが多いです。LINEモバイルの申し込み時に、キャンペーンコードを入力するだけで数千円分の特典を受け取ることができるので、必ずチェックしましょう。

最新のキャンペーンコードを入手する手順
LINEモバイル公式サイトにアクセスすると、画面上部にキャンペーン情報が出てきます。

赤丸で囲んだ「詳細をみる」からキャンペーンコードを入手することができます。

これでキャンペーンコードがゲットできると思います。

複数のキャンペーン特典から選択できる場合も多いので、迷った方はこちらの記事を参考にしてください。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの最新キャンペーン情報 キャンペーンの利用方法 この記事では、...

キャンペーンコードを利用してLINEモバイルを申し込む流れ

  1. キャンペーンコードを手に入れたら、LINEモバイル公式サイトにアクセスします。
  2. 「申し込み方法」のページで「コードを使用して申し込み」を選択します。
  3. キャンペーンコードを入力します。

以上でキャンペーンコードの利用は完了です。あとは通常の申し込み手続きと同様です。

申し込み時に、いろいろ迷う方が多いと思います。例えば、「どのプランを選べば良いの?オプションはどれを選べば良いの?本人確認書類は何を使えばいいの?」など、キリがありません。

そんな方は、こちらの記事を参考にしてください。LINEモバイル申し込み時に迷いそうなことをできる限り全てまとめました。

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

Zenfone 4 MaxがLINEモバイルで品切れの場合は?

LINEモバイルは人気の格安SIMなので、割と頻繁に端末が品切れになっているのを目にします。

待っていれば入荷されることもありますが、何週間かかるかわかりません。なので、選択肢は以下の2つです。

  1. SIMフリー版のZenfone 4 Maxを家電量販店やネットで購入し、SIMカードのみLINEモバイルで契約する
  2. LINEモバイルで売っている他のスマホで妥協する

LINEモバイル端末の在庫確認方法

LINEモバイルの最も正確な在庫確認方法を紹介します。「端末一覧ページ」で品切れになっていても在庫がある場合がありますし、逆もありえます。

  1. LINEモバイル公式ページにアクセス
  2. [申し込む]>[上記事項に同意の上、申し込む]>[通常申し込み]>[次へ進む]
  3. 下にスクロールすると、スマホ端末一覧が出てくる
  4. [選択する]を押してみると、在庫状況が確認できる

この操作をしても、申し込みが行われるわけではないのでご安心を。(さらに続けて住所やクレジットカード入力、本人確認書類アップまでいっちゃうと申し込みになってしまいますが)

これで正確な在庫状況が確認できると思います。

以上、Zenfone 4 Maxの良いところ・悪いところ、端末保証は必要かどうか、キャンペーンの申し込み方法について解説しました。

↓使わないと損!LINEモバイルのキャンペーンコードを利用する方法

この記事を読むとわかること LINEモバイルの最新キャンペーン情報 キャンペーンの利用方法 この記事では、...
LINEモバイル公式サイトで購入する

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Oppo Reno 10x Zoom 詳細レビュー!最安購入方法 カメラ性能 ス...

NO IMAGE

nova liteはLINEモバイルで最強のコスパ?全項目を詳細レビュー

NO IMAGE

HUAWEI P20 lite 超詳細レビュー!スペック、最安値での購入方法など

NO IMAGE

LINEモバイルのHUAWEI nova lite 2はコスパ最強機!全項目レビ...

NO IMAGE

超ロングバッテリー。LINEモバイルのZenFone Max Plus全項目レビ...

NO IMAGE

AQUOS sense liteをLINEモバイルで買う前に知っておくべき注意点