LINEモバイルのHUAWEI nova lite 2はコスパ最強機!全項目レビュー

2018年2月より、LINEモバイルでHUAWEI nova lite 2が取り扱い開始となりました。2017年にコスパ最強機種と評価された「HUAWEI nova lite」の後継機種です。

超人気機種の後継機なだけあって注目度が高いですが、HUAWEI nova lite 2も期待通りの性能です。25,000円程度の価格に対して破格の性能を持っており、コスパ最強機と言えるでしょう。

とはいえ、nova lite 2は機能を削ってコスパを実現している面もあります。つまり、欠点がいくつかあります。

また、LINEモバイルでキャンペーンコードを利用してnova lite 2を購入する方法、プラン・オプション選択、端末保証の有無についても紹介します。

この記事を読むとわかること

  • HUAWEI nova lite 2の長所と短所 全項目レビュー
  • LINEモバイルのキャンペーンコードを利用してnova lite 2を購入する手順
  • LINEモバイルの端末保証は必要?プラン・オプションはどうすればいい?

HUAWEI nova lite 2 全項目レビュー

HUAWEI nova lite 2の特徴は、25,980円という価格でありながら破格の性能を実現していることです。

同価格帯のスマホを比べてみると、同じくらいの性能を有している機種はありません。nova lite 2が頭一つ抜き出ています。

「とにかく安くてちゃんとしたスマホが欲しい」と思っている方に、2018年現在まず第一に勧めるのがnova lite 2ですね。

CPU性能、RAM、ROM

nova lite 2は破格の性能です。しかし、「スマホの性能が良い」とはどういうことなのか、ちゃんとわかっている方は少ないかもしれません。

初心者の方向けに、CPU、RAM、ROMの数値がどういうふうに実際のスマホの使い勝手に影響するのか簡単に説明します。

興味のない方は、読み飛ばしてください。→nova lite 2 性能まとめ

スマホやコンピュータの性能を説明するときに、「デスク上での作業」に良く例えられます。

  • CPUとは、「仕事・作業をしてる人」
  • メモリとは、「デスクの広さ」
  • ハードディスクとは、「デスクの引き出し」

もうちょっと詳しく説明すると、

良いCPUとは、仕事・作業をしてる人の能力が高いということ。
良いメモリとは、デスクが広くて作業がはかどるということ。
良いハードディスクとは、引き出しが大きくて、作った物がたくさん入るということ。

(引用元:「CPU」「メモリ」「ハードディスク」の違いをわかりやすく例えると?

これはコンピュータの性能を説明した文章で、コンピュータのメモリはスマホのRAM、ハードディスクはROMに相当します。

CPU性能が良いと、重いアプリでも素早く動かせます。

RAMが多いと、同時に複数のアプリを立ち上げてもサクサク動きます。

ROMが多いと、たくさんの写真・動画・アプリ等のデータを保存できます。

CPU、RAM、ROMについて理解していただけたでしょうか?それでは、nova lite 2の性能を詳しくみていきましょう。

  • CPU:HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB

Kirin659の性能

CPU(正確にはSoCですが、ここではCPUで統一します)は、Kirin 659です。Huawei傘下のHiSiliconが作っています。

Kirin600番台が中級機、900番台が高級機向けなので、Kirin659は中級機向けのCPUという立ち位置になります。

Kirin 658の後継で、ベンチマークでは4%ほど高速になっています。

(参考:HiSilicon Kirin 659 SoC – Benchmarks and Specs – NotebookCheck.net Tech

HUAWEI Mate 10 lite(約42,000円)にも同じKirin659が載っているので、2万円台のnova lite 2に同じCPUが搭載されているのはお得感がありますね。

実際の利用シーンでどのくらいの快適さなのか

まず、軽めの操作に関しては問題ありません。例えば、以下のような操作です。

  • LINE、メールなどのメッセージアプリ
  • Google Chromeなどのブラウザでウェブサイト閲覧
  • Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS
  • YouTubeなどの動画視聴

問題なのは、3Dゲームなどの重めのアプリです。

デレステの3Dリッチなどは、カクカクしてしまう場面が多いようです。なので、3Dゲームで、シビアな操作が求められるゲームには向いていません。

ポケモンGO、どうぶつの森、ツムツムといった軽めのゲームであれば問題ありません。

(参考:「Mate 10 lite」に搭載されるKirin 659の実力は?

RAMは3GB

RAMは、同時に複数のアプリを使うときの快適さに影響します。RAMが多ければ、複数のアプリを同時に使ってもサクサク快適です。

nova lite 2にはマルチスクリーン機能が搭載されており、2つのアプリを同時に使うことができます。例えば、YouTubeで動画を再生しながらメッセージアプリを使ったり、ウェブサイトを見たりといったことができます。

ROMは32GB

旧機種のnova liteはROMが16GBしかなく、これが最大の弱点でした。

OSをインストールすると空きが半分程度しかなく、アプリや写真・動画などのデータを泣く泣く消さざるをえませんでした。(とはいえ、SDカードで256GBまで拡張できますが)

新機種のnova lite 2はROMが32GBになり、かなり余裕ができました。これが一番嬉しいポイントかもしれません。

それでも足りない方は、SDカードで256GBまで拡張できます。

写真・動画などのデータはSDカードに、よく使うアプリは本体に保存すると良いと思います。

nova lite 2の性能まとめ

nova lite 2のCPU、RAM、ROMについて詳しく解説しました。長くなってしまったので簡単にまとめておきます。

nova lite 2が破格のコストパフォーマンスであるゆえんは、Kirin659という高性能なCPUを搭載していることです。通常は1ランク上の価格帯に搭載されるCPUです。

また、RAMは3GB、ROMは32GBと標準的です。

これによって、3Dゲームのような重めのアプリ以外は、快適に操作することができます。

nova lite 2で快適にできること

  • LINE、メールなどのメッセージアプリ
  • Google Chromeなどのブラウザでウェブサイト閲覧
  • Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS
  • YouTubeなどの動画視聴
  • マルチスクリーンで同時に2つのアプリ使用

デレステのような3Dゲームでシビアな操作が必要なアプリは、快適にプレイできるとは言い難いです。逆に言えば、それ以外のことはだいたいなんでもこなせます。

デザイン、サイズ、ディスプレイ

(画像引用元:HUAWEI nova lite 2 | SIMフリースマホ・タブレット | LINEモバイル

色はゴールド、ブルー、ブラックの3種類です。ブルーは、画像だと暗いネイビーのような感じですが、実際はもっと明るいブルーです。

旧機種のnova liteは背面もガラスでしたが、nova lite 2ではアルミボディになりました。つや消し塗装で高級感があります。

(画像引用元:HUAWEI nova lite 2 | Mobile Phones | HUAWEI Global

ディスプレイサイズは約5.65インチで、縦横比18:9、2160×1080ピクセルです。ベゼルが極薄なので、ほぼ全域画面ですね。

旧機種のnova liteと横幅はほぼ同じで、縦に少し伸びました。実際に使って見ると、かなり違いを感じるでしょう。

縦長のディスプレイはnova lite 2のマルチスクリーン機能と相性抜群です。例えば上部にYouTubeの画面を表示させながら、下画面で他のことをするときに非常に便利です。

サイズは横幅が72.05mm、縦が150.1mm、厚さが7.45mmです。

参考までに、iPhone8の横幅は67.3mm、縦が138.4mm、厚さが7.3mmです。横は5mmほど、縦は12mmほど大きいですね。画面は約1インチ大きいです。

男性の方は片手で操作できる方が多いでしょう。女性の方や手の小さい方は、両手操作が基本になりそうです。

バッテリー

バッテリー容量は3,000mAhで、旧機種のnova liteと同様です。

旧機種のnova liteはバッテリー持ちが非常に良いと評価されています。フル充電して仕事に持っていっても2日持つと評価しているユーザーが複数いますね。

バッテリーに関しては、通常の使い方なら心配することはないでしょう。

「1日中ポケモンGOやりたい」というような方は、モバイルバッテリーが必要かもしれません。あるいは、LINEモバイルでは5,000mAhの超大容量バッテリーを持つ「ZenFone 4 Max」も取り扱っています。

人気の格安スマホ、Zenfone 4 MaxがLINEモバイルで取扱スタートしました! 2万円台という低価格ながら、サクサク使える...

カメラ性能

CPU性能は飛び抜けているnova lite 2ですが、カメラ性能は普通です。普通といっても、最近のスマホはどれも綺麗に撮れるので、そこまで高性能なカメラを求めない人であれば満足できるでしょう。

背面のメインカメラはデュアルカメラ(ダブルレンズ)になっていて、1,300万画素と200万画素の2つです。

といっても、広角と望遠のように使い分けられれるわけではありません。200万画素のサブカメラは、被写体との距離を測る役割で、ソフトウェア補正でボケ感を出すことができます。ポートレートを撮るときに活躍しそうです。

カメラにこだわりのある方であれば、HUAWEI P10(61,800円)や、自撮りであればZenFone 4 Selfie(29,800円)が選択肢になるでしょう。

今回は、LINEモバイルで購入できる良コスパ機種、ZenFone 4 Selfieをレビューします。 ZenFone 4 Self...

その他機能

指紋認証

背面に指紋認証機能を搭載しています。nova lite 2は下部分のベゼルを狭くするため、指紋認証部分が背面についています。

背面の指紋認証は、持った時にそのままアンロックできるので、評判が良いです。

さらに、今後のアップデートで顔認証も搭載される可能性があります。

海外機種のnova 2iではFace unlockがアップデートで追加されており、日本のnova lite2にもそのうち顔認証機能が追加されるかもしれません。

(参考:Huawei Nova 2i receives face unlocking feature in latest update

デュアルBluetooth

Bluetoothで2台まで接続が可能です。

Bluetoothの使用例としては、スピーカーやイヤフォン、キーボード、PCやタブレットとテザリング、リモートシャッターなどです。2台同時に接続できるのは人によっては便利でしょう。

仮想ジャイロセンサー

ジャイロセンサーというのは、スマホの傾きを感知するセンサーです。例えば、ポケモンGOのARモードをプレイするときに使います。

nova lite 2には、どうやらジャイロセンサーが搭載されていないようです。

nova lite 2に搭載されているセンサー:加速度、コンパス、環境光、近接、指紋認証

これを見ると、ジャイロセンサーは搭載されていないようですが、nova lite 2は普通にジャイロセンサーが必要なアプリでも使えます。

考えられるのは、スペック表に記載されていないけど実際にはジャイロセンサーが搭載されているか、仮想ジャイロセンサー機能がついていることです。

仮想ジャイロセンサーとは、他のセンサーからの情報を組み合わせて、傾きを認識する機能です。

nova lite 2 総評

nova lite 2は、約25,000円という価格に対して非常にハイスペックなCPUを搭載しているのが最も大きな特徴です。

この価格でKirin659のようなスペックのCPUを搭載するのは、他のメーカーには真似できません。HUAWEIにしか作れないスマホです。

RAM、ROM、カメラ性能、バッテリー性能も良好で、隙がありません。

「とにかく安くてちゃんとしたスマホが欲しい」と思っている方に、2018年現在まず第一に勧めるのが、このnova lite 2ですね。

nova lite 2の欠点とは?

nova lite 2は非常にコストパフォーマンスが良いスマホですが、欠点もいくつかあります。

防水・防塵性能がない

防水・防塵性能について記載がありません。

少し水滴がつくくらいなら大丈夫でしょうが、お風呂に持ち込んだり、雨の中使うのは少し怖いかもしれませんね。

重い3Dゲームには向いていない

nova lite 2はCPU性能が高いといっても、2万円台のスマホです。重い3Dゲームを快適にプレイするのは無理です。

例えば、デレステのようなグラフィックが重くシビアな操作が要求されるゲームは不向きだと考えてください。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの端末セットはどれがおすすめ? LINEモバイルのキャンペーンコードをゲ...

以上、HUAWEI nova lite 2についてレビューを行いました。これらの欠点が気にならないようであれば、nova lite 2を購入して間違いないでしょう。2018年最もコスパが高い端末です。

LINEモバイルのキャンペーンコードを利用してnova lite 2を購入する手順

LINEモバイルの申し込み時にキャンペーンコードを入力するだけで数千円分の特典をゲットできます。利用しない手はないですね。

LINEモバイルのSIMカードとnova lite 2の端末セットを購入するとき以外でも、SIMカード単体でもキャンペーン対象になります。

現在行われているキャンペーンの確認方法、キャンペーンコードの利用手順についてはこちらの記事で解説したので、参考にしてください。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの最新キャンペーン情報 キャンペーンの利用方法 この記事では、...
LINEモバイル公式サイトで購入する

LINEモバイルのプラン・オプションはどれがいい?

LINEモバイルを申し込むときに、どのプランにするか?どのオプションに加入するか?というのは、みなさん迷うポイントです。

また、支払い方法や、本人確認書類はどうすればいいの?など、疑問はつきません。

そんな方のために、こちらの記事でLINEモバイル申し込みのときにつまずきそうなポイントを全て解説しました。ぜひ参考にしてください。

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

nova lite 2を購入するとき、LINEモバイルの端末保証に加入すべき?

nova lite 2は、月450円でLINEモバイルの端末保証に加入できます。

単純に、nova lite 2を壊しそうで不安な方・急な出費を抑えたい方は、端末保証に加入すればいいと思います。

しかし、月450円も支払うのはもったいないかな、と感じる方も多いと思います。もし故障せず何年も使ったら、保証代金が無駄になってしまいますからね。

スマホを修理することになった場合は端末保証に加入しておいたほうが得ですし、故障しなかった場合は端末保証に加入すると損です。どちらの場合もありえます。

私の考えは、nova lite 2であれば端末保証に加入しないほうが良い可能性が高いと思います。

もし故障して、買い換えることになったとしても、最大25,000円程度の出費です。一方、LINEモバイルの端末保証を2年間使うと、10,000円以上の出費になります。

高額なスマホであれば端末保証の利用価値が高いですが、nova lite 2程度の価格であれば、端末保証の利用価値は薄いかなと思います。

格安スマホを購入するときに、「故障したときのために端末保証をつけたい」と思うユーザーは多いです。 そんなユーザーのために、LINEモバイル...

ちなみに、LINEモバイルの端末保証に加入しない場合は、全国のワイモバイルショップで修理が可能です。代替機も貸し出してくれます。

LINEモバイルでnova lite 2が品切れの場合は?

LINEモバイルは人気格安SIMなので、端末が品切れになっていることがよくあります。

待っていれば入荷されることもありますが、何週間かかるかわかりません。なので、選択肢は以下の2つです。

  1. イオンモバイルで端末のみ購入する
  2. LINEモバイルで売っている他のスマホで妥協する
  3. 他のSIMフリー版のスマホを家電量販店やネットで購入する

nova lite 2はMVNO向けに提供されている機種なので、SIMフリー版の本体だけをAmazonや価格.com等で購入するのは不可能ですが、なぜかイオンモバイルは端末のみ購入ができます。

イオンモバイル

LINEモバイルで購入できる他のスマートフォンはこちらで紹介しています。

この記事を読むとわかること LINEモバイルの端末セットはどれがおすすめ? LINEモバイルのキャンペーンコードをゲ...

LINEモバイル端末の在庫確認方法

LINEモバイルの最も正確な在庫確認方法を紹介します。「端末一覧ページ」で品切れになっていても在庫がある場合がありますし、逆もありえます。

  1. LINEモバイル公式ページにアクセス
  2. [申し込む]>[上記事項に同意の上、申し込む]>[通常申し込み]>[次へ進む]
  3. 下にスクロールすると、スマホ端末一覧が出てくる
  4. [選択する]を押してみると、在庫状況が確認できる

この操作をしても、申し込みが行われるわけではないのでご安心を。(さらに続けて住所やクレジットカード入力、本人確認書類アップまでいっちゃうと申し込みになってしまいますが)

これで正確な在庫状況が確認できると思います。

以上、HUAWEI nova lite 2の詳細レビュー、LINEモバイルの申し込み手順などを解説しました。

LINEモバイル公式サイトで購入する

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

nova liteはLINEモバイルで最強のコスパ?全項目を詳細レビュー

Oppo Reno 10x Zoom 詳細レビュー!最安購入方法 カメラ性能 ス...

NO IMAGE

HUAWEI P20 lite 超詳細レビュー!スペック、最安値での購入方法など

NO IMAGE

超ロングバッテリー。LINEモバイルのZenFone Max Plus全項目レビ...

NO IMAGE

arrows M04をLINEモバイルで買う前に!低スペックで高価格な端末?

NO IMAGE

ZenFone 5の超詳細レビュー!スペック評価から最安の購入方法まで