さよなら速度制限。LINEモバイルのカウントフリーを正しく理解する

LINEモバイルの最も大きな特徴といえば、カウントフリーです。

カウントフリーを一言で説明すると、「対象のアプリであれば、どれだけデータ通信してもユーザーが使ったデータ量としてカウントしない」というものです。

対象アプリのヘビーユーザーであれば、カウントフリーの恩恵は非常に大きいです。

私はTwitterを月に10GB以上使いますが、LINEモバイルのカウントフリーのおかげでTwitterのデータ消費はゼロ。通常、月10GBのプランは3,000円以上ですが、カウントフリーの恩恵で月3GBのプラン(月1,690円)で十分。料金を大幅に節約できています。

このように、うまく使えばとてもお得なカウントフリーですが、様々な疑問があると思います。「本当に無制限なの?」「デメリットはないの?」「どういう仕組みになってるの?」などなど、この記事ではこういった疑問を解説します。

この記事を読むとわかること

  • カウントフリーのメリット・デメリット
  • カウントフリーの仕組み。プライバシーの問題は?
  • あなたはLINEモバイルを利用するべき?

カウントフリーとは?メリットとデメリット

カウントフリーを一言で説明すると、「対象のアプリであれば、どれだけデータ通信してもユーザーが使ったデータ量としてカウントしない」というものです。

LINEモバイルのカウントフリー対象アプリは全部で5つ。プランは3種類あり、それぞれカウントフリー対象アプリが異なります。

LINEフリープラン

カウントフリー対象アプリ:LINE

LINEのみがカウントフリー対象アプリです。月間データ容量は月1GBのみで、ライトユーザー向けのプランです。

音声通話なしのデータ通信専用SIMなら、料金は驚異の500円。

↓詳細解説記事

LINEモバイルのLINEフリープランは、月500円という破格の料金です。さらに、LINEアプリの通話・トークは通信量無制限で利用可能の「カウン...

コミュニケーションフリープラン

カウントフリー対象プラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook

4つのSNSアプリがカウントフリー対象になる、LINEモバイルの一番人気プラン。迷ったらとりあえずこのプランを検討しましょう。月間データ容量は3GB~10GBから選べます。

MUSIC+プラン

カウントフリー対象プラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

4つのSNSアプリに加えて、LINEが提供する音楽ストリーミングサービス、LINE MUSICがカウントフリーになるプランです。

LINE MUSICの利用者にとってはかなりメリットがあるプランですが、LINE MUSICを利用する予定がない人はこのプランを選ぶメリットはありません。

この記事では、主にLINEフリープランとコミュニケーションフリープランについて解説します。MUSIC+プランについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

人気の格安SIM、LINEモバイルは、プランの一つとしてMUSIC+プランを用意しています。MUSIC+プランを一言で言うと、「...

カウントフリーのメリット

  • 対象アプリの通信量を気にせず使い放題。通信速度制限を気にするストレスがなくなる
  • 月間データ容量が少ないプランにすることで、料金を節約できる
  • 速度制限中であっても、対象アプリなら高速通信利用可能

速度制限を気にするストレスがなくなる

スマホでデータ通信をするとき、常に気になるのは通信速度制限になってしまうことです。TwitterやInstagramの動画再生をなるべくしないようにしている人も多いのではないでしょうか?

LINEモバイルなら、そういったストレスはなくなります。対象アプリなら、動画をどれだけ再生しても通信量はゼロ。

もちろん、LINEのビデオ通話なんかもカウントフリーになります。

カウントフリー対象については、詳しくは後述しますね。

料金を節約できる

スマホの通信量のほとんどがLINE、Twitter、Instagram、FacebookといったSNSアプリ、という人は多いんじゃないでしょうか。

例えば、SNSで月間7GB、それ以外で3GB使うとしましょう。合計で月10GB使うことになり、プランの料金は3,200円程度になってしまいます。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランなら、SNSの通信量が全てカウントフリーになるので、上記の例でいえば課金対象の通信量は3GBになります。LINEモバイルの3GBプランは月1,690円なので、1,500円以上の節約になります。

月10GB(3,200円)→月3GB(1,690円)1,500円以上の節約

毎月1,500円の節約を1年続けると、18,000円になります。ちょっと面倒な手続きをしてLINEモバイルに乗り換えるだけでこれだけ節約できます。日々の買い物や水道光熱費をこれだけ節約するのは大変ですよね。

大手キャリアからの乗り換えであれば、節約できる料金はさらに増えます。LINEモバイルに乗り換えるとだいたい毎月4,000円程度安くなります。1年使うとだいたい5万円です。乗り換え手続きは少し面倒ですが、それだけで5万円も節約できるのであれば乗り換える価値は非常に高いと思います。

速度制限中であっても、対象アプリなら高速通信

カウントフリー対象以外のアプリを使いすぎ、月間データ量を超過してしまうと、当然通信速度制限にかかってしまいます。

しかし、この状態でもカウントフリー対象アプリであれば通常の通信速度で使うことができます。

SNSだけ使えれば暇つぶしには困らない、なんて方には無敵の機能です。

以上、LINEモバイルのカウントフリー機能3つのメリットを紹介しました。SNSアプリをよく使う方にとっては、計り知れないメリットがあります。

カウントフリーのデメリットは?

カウントフリー機能のデメリットは、特にありません。ただ対象アプリの通信量がゼロになる、というだけです。

強いて言えば、LINEモバイル自体の料金がやや高めというところです。平均的な格安SIMと比べると、どのプランも月数十円高いですね。

LINEモバイルは料金がやや高めで、高品質なサービスを提供するという姿勢の格安SIMです。といっても月数十円高い程度ですし、大手キャリアと比べて破格の安さなのはもちろんです。

また、カウントフリーの恩恵で月間データ量が少ないプランにできるのであれば、結果的に料金は安くなります。

  • カウントフリー機能
  • 通信速度が高速
  • LINEトークで気軽に聞けるサポート

これらのメリットに魅力を感じるのであれば、LINEモバイルを選んで良いでしょう。

以上、LINEモバイルのカウントフリーに関して、メリット・デメリットを紹介しました。

こちらの記事でLINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました。よければ参考にしてください。

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

カウントフリー詳細解説

ここからは、カウントフリーの詳しい解説をしていきます。

  • どうやってカウントフリーを実現してるの?プライバシーやセキュリティの問題は?
  • 本当に無制限なの?
  • 詳しいカウントフリー対象は?LINEニュースやLINEゲームも対象になる?
  • 他の格安SIMにもカウントフリー機能はある?

これらの疑問に答えていきます。

カウントフリーの仕組み。プライバシーやセキュリティの問題は?

カウントフリーの技術的な仕組み、通信の秘密、ネットワーク中立性の問題に関して解説します。

LINEモバイルのカウントフリーは、堅い言い方をすると「特定の通信先との通信に係るパケットのみを選別して課金対象外とする」サービスです。このようなサービスのことをゼロ・レーティングと言います。

ゼロ・レーティングは提供する事業者により様々な名称で呼ばれます。

  • カウントフリー
  • ノーカウント
  • スポンサード・データ

この記事ではLINEモバイルのカウントフリーに関して解説しますので、名称を「カウントフリー」で統一します。

LINEモバイルはどのようにカウントフリーを実現しているか?

カウントフリーというのは、特定の通信先とのパケットのみ課金対象外になります。

試しにLINEモバイルのカウントフリー対象であるTwitterで検証してみると、Twitterアプリを使っている場合はもちろんカウントフリー対象です。加えて、ブラウザからtwitter.comにアクセスした場合もカウントフリー対象です。

つまり、「ユーザーがどの通信先と通信しているか」という情報を握ってカウントフリー対象か否かを決定しているわけですね。

LINEモバイルの「カウントフリー機能に係る説明書」にはこう書かれています。

当社は、カウントフリー機能に係る業務を MVNE(仮想移動体サービス提供者)に委託しており、 MVNE は、カウントフリー機能の実現のために必要最低限のデータ(IP アドレス、ポート番号、パケット内 容のうちヘッダの一部(テキスト、動画、画像等のデータ内容含まない部分))を機械的および自動的 に識別することで、カウントフリー対象を識別しております。

(引用元:カウントフリー機能に係る説明書

MVNEというのは「Mobile Virtual Network Enabler」の略で、MNO(docomo)とMVNO(LINEモバイル)の中間業者のような役割です。LINEモバイルのMVNEはNTTコミュニケーションズです。ここでは詳しい説明は省きます。

カウントフリー機能の実現のために必要最低限のデータを機械的および自動的に識別することで、カウントフリー対象を識別する」と書いてあります。

「必要最低限のデータ」として挙げられているのは、

  • IPアドレス
  • ポート番号
  • パケット内容のうちヘッダの一部(テキスト、動画、画像等のデータ内容を含まない部分)

となっています。

これらのデータを入手するために使われているのは、DPI(ディープ・パケット・インスペクション)という技術だと思われます。

DPIとは

DPI(ディープ・パケット・インスペクション)を直訳すると、「パケットを深く検査」になります。ざっくり言うと、DPI装置をパケットが通過する際にパケットの内容を検査することです。

本来はセキュリティ技術でしたが、現在は一般企業、サービスプロバイダ、政府などが様々な用途で使っています。

プロトコルに準拠しているかとか、コンピュータウイルスではないか、スパムではないか、侵入ではないか、あるいは何らかの基準に照らしてそのパケットを通過させるかを判断したり、それとも別の宛先に転送するかを判断したり、統計情報を収集したりといった目的で行われる。

(引用元:ディープ・パケット・インスペクション – Wikipedia

DPIによってどんな情報がわかるかというと、

  • IPヘッダのソースIPアドレス、デスティネーションIPアドレス
  • プロトコル番号
  • ポート番号
  • ペイロード

ペイロードとは何かと言うと、パケットに含まれるヘッダやトレーラなどの付加的情報をのぞいたデータ本体のことです。

(参考:ゼロレーティングの現況について

要するに、DPIによってユーザーが行なった通信の内容は全部わかってしまうということです。

ユーザーがどんなサイトでどんなページを見たか、どんなメールを送ったか、どんな商品を購入したか、等の情報はサービスプロバイダ側がその気になれば全部見れてしまいます。

といっても、憲法や法律で「通信の秘密」が保障されているので、サービスプロバイダは正当な理由がない限り好き勝手にデータの内容を見ることはできません。

「通信の秘密」を守りながらカウントフリーを実現できる?

日本国憲法第二十一条2項では、以下のように通信の秘密を保障しています。

第二十一条
○2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

(引用元:e-Gov法令検索

インターネット通信の内容もプライバシー権の範囲内なので、法的保護の対象になります。

よって、サービスプロバイダは好き勝手に通信の内容を見てはいけないことになってますが、「通信の秘密を侵しても良い場合」というのがあります。

  1. 通信当事者の個別かつ明確な同意
  2. 違法性が阻却される一定の事由が認められる場合

LINEモバイルを契約するときに、「カウントフリー説明に同意する」という項目があります。

これに同意すると、「カウントフリー機能を実現するために通信内容を識別される」ことを承認したことになり、LINEモバイルは法律に則ったかたちでカウントフリーを実現することができます。

プライバシーが侵害される可能性は?

LINEモバイル(に委託されたMVNE)は「カウントフリー機能の実現のために必要最低限のデータ(IP アドレス、ポート番号、パケット内容のうちヘッダの一部(テキスト、動画、画像等のデータ内容含まない部分))を機械的および自動的に識別することで、カウントフリー対象を識別」しているそうです。

通信内容を生身の人間に見られるわけではありませんし、通信内容を漏洩することは犯罪なのでありえません。

プライバシーが侵害されることはあまり考えなくてよいと思います。

ネットワーク中立性の問題

カウントフリーが抱えるもう一つの問題は、ネットワーク中立性に関することです。

ネットワーク中立性とは、サービスプロバイダがインターネット上の全てのデータを平等に扱うべきだとする考え方です。

2003年にコロンビア法科大学院のティム・ウー教授が発表した論文によって広く知られるようになりました。

ネットワーク中立性を保たなければならない理由はいくつかありますが、一つ挙げると「市場を健全な競争の場にする」ということがあります。

LINEモバイルは自社サービスであるLINEをカウントフリー対象にしていますが、これは平等な競争という観点で見ると問題があります。

もしLINEと競合する同じような機能のアプリがあった場合でも、LINEモバイルユーザーはLINEを使うでしょう。

ユーザーからすると便利なカウントフリーサービスですが、ネットワーク中立性が歪められるという問題は存在するので、長期的な視点で見ると好ましくないことが起きるかもしれません。

とはいえ、日本ではネットワーク中立性問題はあまり重要視されていません。アメリカでは2000年代に活発な議論が起きましたが、日本ではそれほど問題視されてません。

「ネットワーク中立性を侵害してるから、LINEモバイルのカウントフリー中止!」なんてことになる可能性は今のところ低いです。

以上、カウントフリーの技術的な仕組み、通信の秘密、ネットワーク中立性の問題に関して解説しました。実際に使う上であまり関係のないことかもしれませんが、参考になれば幸いです。

詳しいカウントフリー対象を解説

LINEモバイルの詳しいカウントフリー対象を解説します。例えば、「LINEニュースってカウントフリー対象なの?」といった疑問があると思います。

まずは、プランごとのカウントフリー対象の違いをおさらいしましょう。

  • LINEフリープラン:LINE
  • コミュニケーションフリープラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook
  • MUSIC+プラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

それでは、アプリごとに詳しいカウントフリー対象を見ていきます。

LINE関連のカウントフリー対象まとめ

  • トーク機能:テキスト・音声メッセージの送受信、スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信、無料通話・ビデオ通話
  • タイムライン機能:画面表示・投稿(画像・動画含む)
  • ニュース機能:「ニュースタブ」画面の表示(画像・動画含む)
  • その他:スタンプ・着せ替えのダウンロード、アカウント設定、友だち一覧画面の表示・友だち追加、「その他」画面の表示

これらの機能はカウントフリー対象になります。

カウントフリー対象にならないのは、以下の2つです。

  1. 外部リンクへの接続
  2. LINE LIVE機能

外部リンクへの接続は、カウントフリー対象外です。例えば、LINEニュースからニュースの提供元サイトへ移動したり、友達から送られてきたリンクから他のサイトへアクセスするのはカウントフリー対象になりません。

Twitter関連のカウントフリー対象まとめ

  • タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含む)
  • 「ホーム」「ニュース」「通知」の画面表示
  • メッセージ機能のご利用
  • プロフィールの編集

Periscope(Twitterのライブストリーミング動画)と外部リンク接続はカウントフリー対象外です。

例えば、Twitterで共有された他のサイトのリンクへ接続するとカウントフリー対象外になります。

Facebook関連のカウントフリー対象まとめ

  • タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含む)
  • 「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
  • プロフィールの編集

Facebook Live(Facebook 上でのライブストリーミング動画)、Messenger、外部リンク接続はカウントフリー対象外です。

例えば、Facebookで共有された他のサイトのリンクへ接続するとカウントフリー対象外になります。

Instagram関連のカウントフリー対象まとめ

  • タイムラインの画面表示・投稿(画像・動画含む)
  • ストーリーの画面表示・投稿(画像・動画含む)
  • 検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含む)
  • アクティビティの画面表示
  • ダイレクトメッセージのご利用
  • プロフィールの編集

LINE MUSIC関連のカウントフリー対象まとめ

  • 「ホーム」「カテゴリ」「検索」「マイミュージック」の各画面表示・ご利用
  • 音楽・音声の視聴
  • オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)

アプリ以外から使ってもカウントフリー対象になる?

ウェブブラウザから使ってもカウントフリー対象になります。

ちなみに、Twitterのサードパーティ製アプリ等はカウントフリー対象外です。

YouTube動画はカウントフリー対象になる?

YouTubeはカウントフリー対象外です。

YouTubeをTwitterやFacebook等のアプリから利用してもカウントフリー対象外です。

YouTubeがカウントフリー対象の格安SIM情報はこちらの記事でまとめました。

現在、主要な格安SIMは全部で30社ほど存在しますが、そのうち10社は「カウントフリー」を提供しています。 カウントフリーとは、特定のアプ...

以上、LINEモバイルの詳細なカウントフリー対象についてまとめました。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

カウントフリーは本当に無制限なのか?

LINEモバイル「カウントフリー機能に係る説明書」にはこのように記載されています。

カウントフリー機能の利用により、他のお客様のご迷惑となるような、大容量のデータの継続的な送受信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。

(引用元:カウントフリー機能に係る説明書

つまり、月間何千GBでも使えるわけではなく、使いすぎるとどこかで制限がかかるようです。

モバイル回線の特性上、一度に捌けるトラフィックの総量は上限があります。一部のユーザーが大量の通信量を使いすぎると、他のユーザーが低速になってしまいます。なので、カウントフリーといっても通信量の上限があるのは当然です。

具体的に何GB使うと制限がかかるのかは明記されていないので、推測するしかないです。私が口コミ等を調査しても「カウントフリー使いすぎて制限かかった」といっているユーザーは見つからなかったので、かなり上限値が高いのかもしれません。

いずれにせよ、カウントフリーの上限については頭の片隅に置いておく程度でよいでしょう。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

他の格安SIMにもカウントフリーはある?

LINEモバイル以外にも、カウントフリーサービスを行なっている格安SIMはいくつかあります。

SNS系だと、DMM mobileです。LINEモバイルと同じ4つのSNSアプリがカウントフリーです。

ただし、DMM mobileの場合はオプション加入が必要で、通信速度が遅い傾向にあるため、SNSアプリをカウントフリーで使いたいならLINEモバイルが一番オススメです。

現在、主要な格安SIMは全部で30社ほど存在しますが、そのうち10社は「カウントフリー」を提供しています。 カウントフリーとは、特定のアプ...

まとめ

LINEモバイルのカウントフリーについて詳細に解説しました。カウントフリーのメリットはこんな感じです。

  • 対象アプリの通信量を気にせず使い放題。通信速度制限を気にするストレスがなくなる
  • 月間データ容量が少ないプランにすることで、料金を節約できる
  • 速度制限中であっても、対象アプリなら高速通信利用可能

さらに、LINEモバイルにはカウントフリー以外もメリットがあります。

  • 通信速度が高速
  • LINEトークで気軽に聞けるサポート

カウントフリー自体に特にデメリットはありませんが、LINEモバイルは月額料金がやや高めというデメリットがあります。といっても、他社より月数十円高い程度です。

これらのメリットがデメリットを上回ると感じるのであれば、LINEモバイルは良い選択だと思います。

  • カウントフリー機能で快適に使いたい
  • カウントフリーで料金を節約したい
  • 通信速度・サポートが優れている格安SIMが使いたい

こんな方にはLINEモバイルがオススメです。

LINEモバイル公式サイトはこちら

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

テザリングを使いたい!LINEモバイルってどう?速度・料金・機種解説

NO IMAGE

LINEモバイルに学割はあるの?学生が一番お得に契約する方法まとめ!

NO IMAGE

LINEモバイル LINE MUSICオプションに加入すべき?MUSIC+プラン...

NO IMAGE

データ繰り越しを活用してLINEモバイルをお得に使うコツ!詳細解説

2018年8月 ー番お得なLINEモバイルのキャンペーンコード情報まとめ

NO IMAGE

LINEモバイル 「データ+SMS」と「データ+SMS+音声通話」の違いを解説!...