LINEモバイルのデータ追加(チャージ)は割高?もっとお得な方法!

LINEモバイルの月間データ容量を使い切ってしまって、速度が低速になってしまった・・・そんなときは、データ追加をすれば解決します。

しかし、データ追加は割高なのは事実。この記事では、なるべく安くデータを利用する方法も解説します。

この記事を読むとわかること

  • LINEモバイルのデータ容量追加購入(チャージ)をする方法
  • チャージ以外にデータ容量を増やす方法は?
  • データ追加に関する細かい知識

LINEモバイルのデータ容量追加購入(チャージ)をする方法

LINEモバイルでデータ容量を追加購入する方法は簡単です。

  1. マイページにアクセス、ログイン
  2. 下にスクロールし、データ容量を選択
  3. 「データ量の追加」をタップ

以上で完了。めっちゃ簡単です。

データ追加する前にチェックしておきたい注意点

  • 有効期限:購入した月の翌月末まで
  • データ追加は月3回まで
  • カウントフリー対象のアプリのためのデータ追加は不要

追加したデータ容量は有効期限があります。購入した月の翌月末までに使わないと、自動的に消滅します。

なので、使いきれる容量のみ追加していくのが良いでしょう。

カウントフリーアプリのためのデータ追加は無意味

LINEモバイルはカウントフリー対象アプリであれば、データ容量が上限を超えた状態でも通常の通信速度で利用できます。

つまり、「最近、Twitterやインスタが遅いなあ・・・」と感じているのは、データ容量の問題ではありません。

単純に、LINEモバイルのもともとの速度が遅くなってしまっているのだと思います。なので、データ容量を追加しても改善しません。

モバイル回線の通信速度は、様々な要因で遅くなります。たくさんの人が使っている時間帯や場所では、通信速度が遅くなりやすいです。

通信速度が遅くなってしまうのはモバイル回線の特性上仕方ないことなので、ある程度は妥協することが必要です。

LINEモバイルのデータ追加は割高?

データ追加の料金は以下です。

  • 0.5GB:500円
  • 1GB:1,000円
  • 3GB:3,000円

これは高いのか安いのか?というと、かなり割高です。

例えば、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン 音声通話SIM 10GB」プランは月額3,220円、同7GBプランは月額2,880円です。

差額は340円で、3GB多く利用することができるわけですね。プランの料金基準で考えれば、「3GB:340円」ということです。

データ追加の料金を見てみましょう。「3GB:3,000円」なので、超割高です。どうしてもデータ追加しなければ困る、というとき以外利用しないほうがいいです。

データ追加以外の方法は?

データ追加はかなり割高なので、それ以外の方法を模索したいところです。

データプレゼントで容量追加する方法

LINEモバイルを利用している友達や家族がいるなら、データプレゼントしてもらうことができます。

データプレゼントの手順を公式サイトから引用します。

LINEモバイルの利用者同士でデータ通信量を贈り合える機能です。 データプレゼントを利用するには、以下の手順が必要となります。
1. LINEモバイル公式アカウントと友だちになる
2. マイページにログインし、契約情報にある「利用コード」を確認する
3. LINEモバイル公式アカウントのメニューより、「利用者連携」を選択し、「利用コード」を入力する
4. LINEモバイル公式アカウントのメニューより、「データプレゼント」を選択し、データ通信量をプレゼントしたい友だち(LINEモバイル利用中の友だち)を選択
マイページのデータ残量で表示されているデータプレゼントは、データプレゼントを受けたデータ量のことであり、前月繰越分のデータ通信量がなくなった後に消費されます。

(引用元:よくある質問・用語集|LINEモバイル

データ通信量は、500MB/1,000MB/1,500MB/2,000MB/2,500MB/から選べます。また、翌月に繰越すことはできないので月末までに使いきれる量を選びましょう。

Wi-Fiを使う

当たり前ですが、Wi-Fiに接続していればLINEモバイルのデータ通信量は消費しませんし、通信速度制限時でも関係なく高速通信が利用可能です。

LINEモバイルは全国49,000箇所のWi-Fiスポットが利用可能になるオプションもあるので、こちらを利用するのもアリです。

LINEモバイルが、新しいオプション「Wi-Fiオプション」を提供開始しました! https://twitter.com/LINEMOBI...

LINEモバイルを損なく利用する最も賢い方法は?

LINEモバイルに限らず、どこの通信会社でもデータ追加はかなり割高なので、これをなるべく利用しないで済む方法を考える必要があります。

最も良いのは、あらかじめ余裕を持ったデータプランにしておくことです。

月3GBで足りない人は月5GBプランを、月5GBで足りない人は月7GBプランを、月7GBで足りない人は月10GBプランを契約しましょう。

データ容量は、マイページから簡単に変更することができます。

適用は翌月からなので、「今月データ容量を使い切ってしまった」という方にとってはすぐに効果はありませんが、翌月困らないようにすぐに変更しておきましょう。

データの繰り越しが可能

LINEモバイルは余ったデータは繰り越しが可能です。なので、「月10GBプランに変更したけど、結局7GBしか使わなかった」なんて場合でも、3GBは次の月に使えるので、無駄になりません。

常に余り過ぎてしまう状態であれば、翌月からデータ容量が少ないプランに変更することも簡単です。

「常にある程度データを余らせておく」ことが、最もLINEモバイルを賢く使う方法です。

LINEモバイルに20GBプランはないの?

LINEモバイルは最大10GBまでしかなく、20GBのプランはありません。

20GB使いたい場合は、データ容量を追加購入するしかないので、割高になってしまいます。

なので、20GB使いたい方は他の格安SIMをオススメします。

大容量プランがあるオススメの格安SIMは、BIGLOBEですね。20GBだけでなく、驚異の30GBプランなんかもあります。

公式サイト:BIGLOBE SIM

データ追加に関する細かい知識

データ追加に関する細かい知識を紹介していきます。

データ消費の優先順位は?

データプレゼントしてもらったデータや、繰り越したデータはどれが先に使われるのか?きになる方もいるんじゃないかと思います。

公式サイトから引用します。

データ通信量の消費される優先順位を教えてください。
データ通信量の消費は、前月の繰越分→データプレゼント分→基本容量分→追加購入したデータ通信量分という順番で消費されます。

(引用元:よくある質問・用語集|LINEモバイル

勝手にデータ量が追加されることはある?

LINEモバイルは、データ通信量が上限に達したからといって、勝手にデータ量が追加されることはありません。

また、私が確認した限り、自動でデータ量が追加されるような設定にすることもできません。

以上、LINEモバイルのデータ追加に関してまとめました。

↓LINEモバイルのキャンペーンコード入手方法、MNP転出方法、プラン・オプション選び、本人確認書類など、申し込みでつまずきそうなポイントを全て解説しました!

この記事を読むとわかること LINEモバイルを申し込み、利用開始するまでの流れ MNPの方法、LINEモバイルの申し込み...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイルの過去のキャンペーンまとめ!今のキャンペーンはお得?

NO IMAGE

LINEモバイルは海外で使える?通話・ネットを使う4つの方法

NO IMAGE

LINEモバイルは速度切り替えができないが大したデメリットではない理由

NO IMAGE

さよなら速度制限。LINEモバイルのカウントフリーを正しく理解する

NO IMAGE

LINE通話を使うならLINEモバイルが断然オススメ!3つの理由

NO IMAGE

LINEモバイル LINE MUSICオプションに加入すべき?MUSIC+プラン...