LINEモバイルはソフトバンク回線を選ぶべき?通信速度など詳細解説!

2018年7月2日に、ついにLINEモバイルでソフトバンク回線の提供がスタートしました!

今年3月にLINEモバイルはソフトバンクと資本・業務提携し、ソフトバンク回線の提供が噂されていました。

ソフトバンク回線開始によるメリットは、

  • 通信速度が高速化する
  • ソフトバンクユーザーがLINEモバイルに乗り換えやすくなる

などがあります。

この記事では、以下のことを解説します。

  • ソフトバンク回線とドコモ回線どちらを選ぶべき?メリット・デメリット
  • ソフトバンク回線の通信速度は高速?
  • ソフトバンク回線で使えるスマートフォンの機種は?
  • LINEモバイルのキャンペーンコードを利用してソフトバンク回線を契約する手順

ソフトバンク回線のメリット

メリットは、通信速度が高速化することと、ソフトバンクのSIMロックがかかったスマートフォンをそのままLINEモバイルで利用できるようになることです。

通信速度が高速になる?

LINEモバイルを含め、現在の格安SIMはどれも通信速度が遅い時間帯があります。

最も顕著なのはお昼時です。12時台の時間帯は多くの人がスマートフォンを利用するので、回線が混み合い、速度がかなり低下します。

逆に、12時前後の時間帯以外は快適に使えることが多いです。とはいえ、格安SIMユーザーは速度に関してはストレスを抱えることもあります。

そもそもなぜ格安SIMは遅いのか?

細かい話は省きますが、格安SIM会社はドコモやauといった大手キャリアから回線設備を借りることでサービスを行なっています。

しかし、どこの会社も十分な分量を確保できてないため、混雑時は通信速度が低下してしまいます。これは、ドコモやauが回線を貸すことを渋っているためだと思われます。

LINEモバイルも、いままではドコモから回線を借りることでサービスを行なっていました。そのため、通信速度が遅くなることもありました。

しかし、LINEモバイルはソフトバンクと資本・業務提携しました。出資比率は、ソフトバンクが51%、LINEモバイルは49%で、LINEモバイルはソフトバンクの子会社になるということになります。

よって、LINEモバイルはソフトバンクの回線設備を十分に使えることになります。これがLINEモバイルのソフトバンク回線が高速である理由です。

「格安スマホ最速チャレンジ」とは?

LINEモバイルは「格安スマホ最速チャレンジ」という試みを同時に行うことも発表しています。LINEモバイル公式で通信速度を定期的に計測し、「月に1度でも1Mbpsを下回ったら、ユーザー全員にデータ量1GBプレゼント」という内容です。

つまり、遅い時でも1Mbps以上の通信速度はある程度保証しますよ、ということです。

1Mbpsってどれくらい?

通信速度が1Mbpsあれば、大抵のことは快適に行えます。

  • LINEトーク、通話
  • インターネット検索等
  • ゲーム
  • Twitter、Instagram等のSNS

これらは1Mbpsあれば余裕です。

唯一、動画視聴はちょっと厳しいかもしれません。特に、netflixやhuluで高画質動画を見たい!という方は厳しいと思います。

もちろん、お昼時の混雑時以外は何倍もの速度が出るので、混雑時以外は問題ないかもしれません。

というわけで、格安SIMのデメリットである「通信速度が遅い」という問題をLINEモバイルは解決しました。

これはソフトバンク傘下に入ったからこそできることで、他の格安SIMにはできません。格安SIMの中では、LINEモバイルは頭一つ抜き出た状態です。

ソフトバンク端末も使える!

もう一つのメリットは、比較的新しい端末なら、ソフトバンクで購入したスマートフォンをLINEモバイルでそのまま使えるということです。

ソフトバンクで購入したスマートフォンは、ソフトバンクのSIMロックがかかっているので、そのままではドコモやau回線では使えません。しかし、LINEモバイルのソフトバンク回線なら、そのまま使えます。

ソフトバンクでSIMロック解除なしで利用できる端末は以下の通りです。

iPhone
iPhone 5s以降のiPhone端末はSIMロック解除なしでご利用できます。

iPad
2018年発売のiPad(第6世代)はSIMロック解除なしでご利用できます。それ以前に発売されたiPad端末はSIMロック解除が必要です。

Android
2017年8月以降に発売されたAndroid端末はSIMロック解除なしでご利用できます。それ以前に発売されたAndroid端末はSIMロック解除が必要です。
※ただし、HTC U11(601HT)・DIGNO G(602KC)の2機種は、SIMロック解除なしでご利用できます。

(引用元:LINEモバイル公式サイト

iPhone 5s以前のiPhoneはそもそもSIMロック解除ができないので、それらの端末を使っている方は新しく購入する必要があります。

というわけで、LINEモバイルのソフトバンク回線のメリットをまとめると、

  • 通信速度が高速化した
  • ソフトバンクで購入した端末をLINEモバイルでそのまま使えるようになった

ということになります。

ソフトバンク回線のデメリットは?

ソフトバンク回線のデメリットは特にありません。

強いて言えば、ドコモのほうが山間部は繋がりやすいといったことがありますが、ほとんどの方は関係ないですね。

今ドコモのSIMロックがかかったスマホを使っている方は、ドコモ回線を選んだほうが乗り換えの手間が少ないといったことがありますが、それ以外はソフトバンク回線を選んだ方がメリットが大きいです。

現在ドコモ回線でLINEモバイルを利用しているユーザーは、無料でソフトバンク回線に切り替えることができます。私もその一人なので、近いうちに乗り換える予定です。

LINEモバイルのキャンペーンコードを利用してソフトバンク回線を契約する手順

LINEモバイルを契約するときに、キャンペーンコードを入力するだけで数千円分の特典を受け取ることができます。

知らずに契約してしまう方も多いですが、必ずキャンペーンコードを利用したほうがお得です!

今やっているキャンペーンを確認する方法と、キャンペーンコードの入手方法は以下の通りです。

  1. LINEモバイル公式サイトにアクセス。
  2. 画面上部にキャンペーン情報のリンクが表示されるので、「詳細を見る」をクリック。
  3. 利用したいキャンペーンコードをメモ。
  4. LINEモバイル公式サイトにアクセスし、「申し込み方法」のページで「コードを使用して申し込み」を選択。
  5. キャンペーンコードを入力。
LINEモバイル公式サイト

以上、

  • ソフトバンク回線とドコモ回線どちらを選ぶべき?メリット・デメリット
  • ソフトバンク回線の通信速度は高速?
  • ソフトバンク回線で使えるスマートフォンの機種は?
  • LINEモバイルのキャンペーンコードを利用してソフトバンク回線を契約する手順

などについて解説しました。

LINEモバイルはソフトバンク回線導入で通信速度が高速化し、他の格安SIMと比較して頭一つ抜きん出た存在になりました。もちろん、料金は安いままです。

LINEモバイルは2017年は30億円以上の赤字だったそうですが、今年度も赤字を恐れていないようです。通信事業は最初の数年間は設備投資のため、赤字は当然という考えだそうです。

いずれにせよ、ユーザーとしては非常にお得な状況なので、LINEモバイルを使わない手はないと思います。

LINEモバイル公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイルの過去のキャンペーンまとめ!今のキャンペーンはお得?

NO IMAGE

【完全マニュアル】LINEモバイルへ即日MNP転出する手順まとめ

NO IMAGE

LINEモバイルのクーポン情報まとめ!最も安く契約する方法は?

NO IMAGE

【確実にわかります】SoftBankからLINEモバイルにMNP乗り換えする手順

NO IMAGE

【必読】LINEモバイルを店舗で即日開通する手順 再申し込みが多発?

NO IMAGE

LINEモバイルの端末保証に加入する価値はあるか?保証内容を徹底解説