LINEモバイルとBIGLOBEモバイルを全10項目で比較。超詳細レビュー

格安SIMの中でも人気の2社、「LINEモバイル」と「BIGLOBEモバイル」の比較記事です。

どちらも評判の良い格安SIMだからこそ、どちらを選べば良いか迷っている方が多いと思います。

そこで、この記事では以下の10項目で2社を徹底的に比較しました。

  • 通信速度
  • 料金プラン
  • データフリー
  • キャンペーン
  • 解約の簡単さ、最低利用期間
  • 回線の種類
  • スマホセットのラインナップ
  • サポート
  • セキュリティ
  • 支払い方法
  • その他サービス

この記事をお読みいただければ、

  • LINEモバイルとBIGLOBEモバイルのメリット・デメリット
  • あなたにぴったりなのはどっち?
  • LINEモバイルとBIGLOBEモバイルのキャンペーン情報

以上の内容がバッチリわかります。

非常に長い記事になってしまいましたが、必要な情報を網羅しているので、あなたが契約すべき格安SIMはどちらなのか決定できるでしょう。

通信速度比較 LINEモバイルが圧倒的

通信速度に関しては、LINEモバイルが圧倒的に高速です。

格安SIMのデメリットは、やはり通信速度が遅いことです。特に最も混雑するのがお昼時で、BIGLOBEモバイルをはじめとした格安SIM各社、通信速度が0.5Mbps程度に落ち込みます。

しかし、LINEモバイルは2018年7月からソフトバンク回線がスタートしました。このソフトバンク回線が非常に高速です。

LINEモバイルは「格安スマホ最速チャレンジ」と銘打って、「定期的に通信速度を計測し、一度でも1Mbpsを下回ったらユーザー全員にデータ容量1GBプレゼント」という試みを行なっています。

(参考:「格安スマホ最速に」 LINEモバイル、ソフトバンク回線のサービス開始

LINEモバイルと同価格帯の格安SIMの中で、このような通信速度を出せるのはLINEモバイルだけです。

なぜ高速な通信速度を保てるかというと、2018年3月にソフトバンクの子会社化したからです。ソフトバンクから十分な回線設備の提供を受けることができるので、快適な通信速度を保つことができます。

というわけで、通信速度に関してはLINEモバイルがBIGLOBEモバイルを大きく上回っています。

  • LINEモバイル:常に快適
  • BIGLOBEモバイル:お昼時は遅く、ストレスになることが多い

通信速度を重視するなら、基本的にLINEモバイルがおすすめですね。「BIGLOBEにしかないメリット」を感じないなら、LINEモバイルを選ぶと後悔しないでしょう。

料金プラン比較 BIGLOBEがやや安い

LINEモバイル

  • 1GB(データSIM):500円
  • 1GB(データSIM+SMS):620円
  • 1GB(音声通話SIM):1,200円
  • 3GB(データSIM+SMS):1,110円
  • 3GB(音声通話SIM):1,690円
  • 5GB(データSIM+SMS):1,640円
  • 5GB(音声通話SIM):2,220円
  • 7GB(データSIM+SMS):2,300円
  • 7GB(音声通話SIM):2,880円
  • 10GB(データSIM+SMS):2,640円
  • 10GB(音声通話SIM):3,220円

LINEモバイルの料金プランは非常にシンプルで、上記は1GBプランが「LINEフリー」、3〜10GBが「データフリー」プランです。

BIGLOBEモバイルの料金プランは以下です。

BIGLOBEモバイル

データSIM

音声通話SIM

LINEモバイルと比べての特徴は、「20ギガプラン」「30ギガプラン」といった大容量プランがあることです。

また、「6ギガプラン」が2,150円と相場よりも安く、非常にお得なプランです。

料金プランはBIGLOBEがややお得

全体的に、BIGLOBEモバイルはLINEモバイルよりも月額にして100円程度安いです。

とはいえ、LINEモバイルには後述する「SNSデータフリー」というサービスがあり、通信量を節約することが可能です。

私自身もLINEモバイルのデータフリーによって、一段低い容量のプランで十分になっているので、LINEモバイルのほうがお得になることもあります。

  • 全体的にBIGLOBEのほうが安い
  • ただし、「SNSデータフリー」機能で人によってはLINEモバイルのほうが安くなる

データフリー、エンタメフリー

LINEモバイルの大きな特徴は、SNSの「データフリー」機能です。(旧:カウントフリー)

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

という4つのSNSアプリの通信量が、月間データ通信量にカウントされません。つまり、SNSアプリは通信量無制限で使い放題ということです。

「利用頻度が最も多いのはSNSアプリ」という人は多いのではないでしょうか。SNSは写真や動画等、データ量が非常に大きいです。これが完全にゼロになるので、非常に大きい節約効果があります。

極端なことを言えば、SNSだけで月間30GB使っても、ユーザーの月間データ量に反映されるのは完全に0です。

「SNSをよく利用する」という方にLINEモバイルはぴったりですね。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプション

一方、BIGLOBEモバイルには、LINEモバイルのようなSNSデータフリー機能はありません。

その代わりに、「エンタメフリー・オプション」があります。

BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプション

  • 月額480円〜
  • 対象サービスのデータ通信量が無制限に
  • 対象サービス:YouTube、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT、 YouTube Kids

エンタメフリーオプションは有料オプションで、音声通話SIMを利用する場合は480円、データSIMの場合は980円です。

YouTubeやAbemaTVといった動画アプリであっても通信量が無制限になります。動画は非常にデータ量が大きいコンテンツですが、それらが無制限に利用できます。

また、Apple MusicやSpotify等の音楽ストリーミングも無制限です。

有料なだけあって、非常に大きなメリットがあるオプションです。

  • LINEモバイル:無料のSNSデータフリー(通信量無制限)
  • BIGLOBEモバイル:有料のエンタメフリーオプション、動画・音楽サービス等が通信量無制限

キャンペーン比較

  • LINEモバイル:最大9,400円相当の特典+データ容量2倍
  • BIGLOBEモバイル:最大7,200円の割引+セット端末値引き

LINEモバイルは普段はそこまでのキャンペーンはせず、サービス内容で勝負するタイプの格安SIMなのですが、現在は過去最大にお得なキャンペーンを行なっています。

  • 月額基本料900円割引×6ヶ月間
  • 4,000円相当のLINEポイントプレゼント
  • 月間データ容量2倍

以上、非常にお得なキャンペーン内容です。

詳しいキャンペーン内容、キャンペーンコード利用方法はこちらをご覧ください。

LINEモバイルを申し込む際、キャンペーンコードを入力すると数千円分の特典をゲットすることができます。 条件は「キャンペーンコードを入力す...

BIGLOBEモバイルはいつも大幅なキャンペーンを行なっている印象です。現在も、月額基本料1,200円割引×6ヶ月に加えて、一部セット端末の値引きを行なっています。

公式サイト:BIGLOBE SIM

SIMカード単体ならLINEモバイルのほうがお得、スマホセットならBIGLOBEのほうがお得になることもある、という感じです。

解約は簡単?最低利用期間は?

最低利用期間はLINEモバイル・BIGLOBEモバイルどちらも同じような内容になっていて、

  • 音声通話SIM:最低利用期間1年、解約金9,800円
  • データSIM:最低利用期間、解約金なし

音声通話SIMは1年間の最低利用期間があります。1年以内に解約すると、解約金9,800円が発生します。

データSIMに関しては、最低利用期間はありません。いつでも解約可能です。

解約は簡単

LINEモバイルの解約はウェブ上で簡単に完結します。利用者専用の「マイページ」から行えます。

BIGLOBEモバイルは解約手続きの前にサポートセンターへの電話が必要なので、やや手間がかかります。

とはいえ、両者とも大手キャリアのような解約のストレスはありません。どちらを選んでも心配することはないでしょう。

回線(ドコモ、au、ソフトバンク)の違い

選べる回線に違いがあります。

  • LINEモバイル:ドコモ、ソフトバンク
  • BIGLOBEモバイル:ドコモ、au

どちらもドコモは選べますが、ソフトバンク回線はLINEモバイルのみ、au回線はBIGLOBEモバイルのみです。

ちなみに、LINEモバイルはソフトバンクの子会社なので、ドコモ回線よりもソフトバンク回線のが高速です。LINEモバイルを契約するならソフトバンク回線を選ぶのがおすすめですね。

支払い方法比較 クレジットカードなしで契約できるのは?

LINEモバイルは、クレジットカードに加えてLINE Payカードで契約することができます。

LINE Payカードはプリペイドカードの一種で、誰でも審査不要で作ることができます。なので、クレジットカードがなくてもLINEモバイルを契約することができます。

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIMはクレジットカードが必要です。データSIMのみ口座振替での契約が可能です。

スマホセット端末のラインナップ

LINEモバイル

  • HUAWEI P20
  • HUAWEI P20 lite
  • Moto E5
  • ZenFone 5
  • ZenFone 5Q
  • ZenFone Max Plus
  • HUAWEI nova lite 2
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • ZenFone 4 Max
  • ZenFone 4 Selfie Pro
  • HUAWEI MediaPad T3
  • arrows M04
  • iPhone SE

BIGLOBEモバイル

  • HUAWEI P20
  • HUAWEI P20 lite
  • Moto G6 Plus
  • Moto E5
  • ZenFone 5
  • HUAWEI nova lite 2
  • AQUOS sense lite SH-M05
  • ZenFone 4 Max
  • ZenFone 4
  • AQUOS R compact SH-M06
  • arrows M04
  • Alcatel PIXI 4
  • HUAWEI MediaPad M3 Lite
  • ZenPad 3 8.0
  • Aterm MR05LN

人気端末は両者とも取り扱っていますが、注目はLINEモバイルがiPhone SEを取り扱っていることですね。

セット端末でiPhoneを購入したいならLINEモバイルを選ぶしかありません。

サポートを比較

「格安SIMはサポートが不安・・・」というイメージの方が多いと思いますが、この2社に限っては良質なサポートを提供しています。

  • LINEモバイル:LINEトーク、メール、電話、チャットで問い合わせ可能
  • BIGLOBEモバイル:電話、チャットで問い合わせ可能、自宅訪問サービスあり(期間限定)

LINEモバイルは、メール・電話・チャットでの問い合わせに対応しているほか、LINEトークで問い合わせることが可能です。

友達とLINEをするのと同じように、LINEモバイルにトークで質問することができます。これは非常に便利で、私も何度か使いました。

なにかわからないことがあってもLINEモバイルならサクッと解決できます。

一方、BIGLOBEモバイルも、電話、ウェブサイトからのチャットで問い合わせが可能です。

それに加えて、期間限定ですが自宅訪問サービスまで行なっています。なんと無料。

サービス内容は以下の通りです。

  • BIGLOBEモバイル(音声通話SIM)のお申し込み
  • 他社からの電話番号乗り換え MNP(ナンバーポータビリティ)のサポート
  • お申し込みいただいた電話回線の開通作業
  • お手持ちのスマートフォンのSIMの設定および動作確認
  • 各種オプションのご説明
  • スマートフォンの基本的な使い方のレッスン
  • スマートフォンの利用に必要な情報の登録や初期設定のサポート
  • 端末の初期設定
  • Googleアカウントの取得、設定
  • 通信量確認アプリ(BIGLOBEモバイルアプリ)のインストール
  • Wi-Fiの設定
  • メールの設定
  • LINEの新規登録

というわけで、2社とも基本的なサポート機能を備えている他、LINEトークでの問い合わせ対応や自宅訪問サービス等、充実したサポートを提供しています。

セキュリティを比較

スマホにセキュリティアプリを必ず入れたい!という方もいらっしゃると思います。私はセキュリティアプリは不要だと考えていますが、安心のために入れたい方のために紹介します。

  • LINEモバイル:ウイルスバスターオプションが月額420円
  • BIGLOBEモバイル:セキュリティセット・プレミアムが月額380円

それぞれ異なるセキュリティソフトを有料オプションで提供しています。

LINEモバイルはトレンドマイクロのウイルスバスターが月420円で利用可能。BIGLOBEモバイルはマカフィーのセキュリティセット・プレミアムが月380円で利用可能です。

その他サービスを比較

その他、細かいメリット・デメリットをフォローしていきます。

同じようなところ

LINEモバイル、BIGLOBEともに同じように行なっているサービスは以下です。

  • Wi-Fiスポットオプション
  • 余ったデータ容量繰越
  • 毎月ポイントもらえる(LINEポイント、Gポイント)
  • 端末保証
  • 速度切り替え機能はない

以上の機能は2社とも備えています。ちなみに、速度切り替え機能は2社ともありませんがあまり問題ではありません。

LINEモバイルのサービス

LINEモバイルだけが行なっているサービスは以下のような感じです。

  • LINEの年齢認証・ID検索ができる
  • LINE MUSICが安く使える
  • 友だちを招待してLINEポイントもらえる
  • フィルタリングソフト「i-フィルター」が無料

などなど、こんな感じです。LINE関連のサービスが充実していますね。

BIGLOBEモバイルのサービス

  • BIGLOBEメール
  • 通話パック90(月額830円で90分の通話が可能)
  • SMART USEN
  • タブホ
  • 暮らしのあんしん相談

などなど、バラエティ豊かな有料オプションを備えています。

まとめ

  • 通信速度:LINEモバイルが圧勝
  • 料金プラン:BIGLOBEがやや安く、プランも豊富
  • データフリー:LINEモバイルはデフォルトでSNSデータフリー、BIGLOBEは有料でYoutube等データフリー
  • キャンペーン:時期によりけり
  • 解約の簡単さ、最低利用期間:どちらも簡単
  • 回線の種類:LINEモバイルはソフトバンク+ドコモ、BIGLOBEはau+ドコモ
  • スマホセットのラインナップ:人気機種はどちらも販売
  • サポート:どちらも良好
  • セキュリティ:どちらも良好
  • 支払い方法:LINEモバイルはクレジットカードなしでも可能
  • その他サービス:LINEモバイルはLINE系の特典が充実

通信速度ではLINEモバイルが圧勝しており、特典もLINEポイント等がもらえるので、どなたでも活用する機会があるでしょう。

LINEモバイルはSNSが使い放題です。今やSNSを使わないという人はほとんどいないので、どなたでもメリットがあるサービスです。

全体的にLINEモバイルのほうがメリットが大きいと思います。なので、基本的にはLINEモバイルがおすすめです。

エンタメフリーオプションや大容量プラン等、「BIGLOBEにしかないメリット」が必要な方はBIGLOBEを、それ以外の方はLINEモバイルを選ぶと良いのではないでしょうか。

以上、LINEモバイルとBIGLOBEモバイルを詳細に比較しました。

公式サイト:LINEモバイル

公式サイト:BIGLOBE SIM

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

格安スマホ(格安SIM)で子ども用フィルタリングをする方法を解説

NO IMAGE

5分でわかる!iPhoneをSIMロック解除する方法

NO IMAGE

あなたは格安SIMに乗り換えても大丈夫?5つのチェックリスト

NO IMAGE

楽天でんわの仕組みを徹底解説。格安SIMとの組み合わせが最強

カウントフリーがある格安SIM全10社と対象アプリ63種まとめ