【必読】LINEモバイルを店舗で即日開通する手順 再申し込みが多発?

LINEモバイルは店舗に出向けばその場でSIMカードを手に入れることができ、即日開通が可能です。

しかし、必要なものを準備し忘れるとその場で契約することができません。特に、本人確認書類は健康保険証やパスポートだけでは不可等、細かいルールが多いです。

そこで、この記事ではLINEモバイルを店頭で間違いなく契約する手順をまとめました。

じつは・・・LINEモバイルの店頭契約はデメリットが多い

LINEモバイルは、

  1. ネットから契約
  2. 店頭で契約

この2パターンで契約できます。

じつは、店頭での契約はデメリットが多いです。

「そんなの関係ねぇ!俺/私は店舗で契約する!」という方は、読み飛ばして店頭での契約手順の項目をご覧ください。

店舗契約のデメリットは4つあります。

  • キャンペーンコード・エントリーパッケージの利用ができない→金額的に損
  • セット端末の取り扱いがない
  • 時間がかかる
  • 再申し込みになった場合にもう一度出向くのが面倒

LINEモバイルにはキャンペーンコードやエントリーパッケージというものがあります。契約時にキャンペーンコードを入力するだけで、数千円分の特典を受け取れるというものです。

キャンペーンコードの内容は時期によって異なるので、最新の情報は公式サイトで確認してください。

公式サイト:LINEモバイル

店頭契約だと、このキャンペーンコードを利用できません。さらに、混んでいた場合は待たされたり、書類に不備があったら再申し込みになったりと、面倒なことが多いです。

LINEモバイルは、当初、ウェブからの申し込みしか行なっていない格安SIMでしたが、2017年3月15日から、全国10店舗で申し込み&即...

LINEモバイルを店舗で契約するメリット

LINEモバイルを店舗で契約するメリットもあります。

  • 即日開通が可能
  • プラン等についてアドバイスを受けることができる

特に、即日開通が可能というのは大きなメリットです。インターネットからの申し込みだと、届くまで最短1日かかります。

LINEモバイルを実店舗で契約する手順・注意点

注意点は2つです。

  1. 「即日の受け渡し」対応店舗に行く
  2. 「必要なもの」を揃える

「即日の受け渡し」対応店舗に行く

LINEモバイルの取り扱い店舗は2種類あります。「即日の受け渡し」に対応している店舗と、「エントリーパッケージ」のみ取り扱っている店舗です。

エントリーパッケージというのは、購入するとインターネットからLINEモバイルを申し込む際に事務手数料が無料になるというものです。なので、「エントリーパッケージ取り扱い店舗」に行っても、その場で契約することはできません。

「即日の受け渡し」に対応している店舗に行けば、その場で契約・SIMカードの受け取りができます。

最新の「即日の受け渡し」対応店舗リストは公式サイトをチェックしてください。

公式サイト:LINEモバイル

「必要なもの」を揃える

LINEモバイル公式サイトをご覧になった方は、必要なもの4つを把握していると思います。

  1. 本人確認書類
  2. クレジットカード
  3. メールアドレス
  4. MNP予約番号

それぞれ注意点があるので解説していきます。

本人確認書類

最もややこしいのが本人確認書類です。

例えば、健康保険証やパスポートは単体で利用することができません。必ず補助書類が必要になります。

1枚で利用できるのは、運転免許証やマイナンバーカードなどです。

このあたりはややこしいので、こちらの記事をご覧ください。

LINEモバイルを申し込む際、再申し込みになる原因として最も考えられるのが本人確認書類です。 免許証等を持っている方は、それ1枚で本人確認...

本人確認書類に不備があると、その場で契約することはできません。非常に面倒なことになるので、しっかり準備しましょう。

クレジットカード

契約者名義のクレジットカードを用意しましょう。

例えば、「クレジットカード持ってないから親や配偶者のを使おう」というのはダメです。その場合は、クレジットカードの所有者に契約者になってもらう必要があります。

ちなみに、クレジットカードではなく、LINE Payカードも利用できます。

LINEモバイルはクレジットカードがないと契約できないと思っている方が多いですが、LINE Payというサービスを使えば、クレジットカードや銀行...

メールアドレス

現在、ドコモ、ソフトバンク、au等で契約していて、LINEモバイルに乗り換える方は注意が必要です。

キャリアのメールアドレスは解約後使えなくなるので、そのメールアドレスでLINEモバイルを契約することはできません。

簡単に言えば、LINEモバイル契約後も利用可能なメールアドレスを使いましょう、ということです。

例えば、Gmail等のフリーメールサービスを利用するのがおすすめです。よくわからない方は、こちらの記事をご覧ください。

格安SIMのLINEモバイルは、メールアドレスを提供していません。 とはいえ、これは全くデメリットではありません。なぜLINEモバイルはメ...

MNP予約番号

MNPする方のみ必要です。

「LINEモバイルに電話番号そのままで乗り換えたい」という方は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用する必要があります。 とはいえ、...

まとめると、

  1. 「即日の受け渡し」対応店舗に行く
  2. 「必要なもの」を揃える

これさえ守ればLINEモバイルを店舗で契約することができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

LINEモバイルの格安スマホ最速チャレンジは本当に最速なのか?検証!

NO IMAGE

LINEモバイルはソフトバンク回線を選ぶべき?通信速度など詳細解説!

NO IMAGE

LINEモバイル マイページ情報まとめ!ログインできない原因は?

NO IMAGE

LINEモバイルを友達紹介・招待キャンペーンよりもお得に契約する方法

NO IMAGE

LINEモバイルのウイルスバスターオプション解説!加入すべき?

NO IMAGE

LINEモバイルは速度切り替えができないが大したデメリットではない理由