Oppo Reno 10x Zoom 詳細レビュー!最安購入方法 カメラ性能 スペック

世界シェア4位のスマートフォンメーカー、OPPOのハイエンドモデル「Reno 10x Zoom」が日本で発売されました!

実売価格は10万円以上とかなり高額な部類ですが、それに見合う価値はあるのか?詳しくレビューします!

Oppo Reno 10x Zoom の特徴

Oppoというメーカーを聞き慣れない方も多いかもしれません。なぜなら、日本に進出したのは2018年のことなので、国内でのシェアはまだまだ低いからです。

しかしながら、じつはOppoはスマートフォンのシェア世界4位を誇る超メジャーなメーカーです。Samsung、Apple、Huaweiに次ぐスマートフォンメーカーです。

そんなOppoのハイエンドモデル、Reno 10x Zoomの特徴はこんな感じです。

  • ベゼルレスの大画面有機ELディスプレイ
  • 高画質で10倍ズーム可能のカメラ
  • 全てがハイスペックのフラッグシップモデル

価格は高い、サイズも大きい、でもスペックは最高のハイエンドモデルという感じです。

ベゼルレス 大画面有機ELディスプレイ

画面のほぼ全域がディスプレイ。有機ELなのでめちゃくちゃ綺麗です。

ディスプレイサイズは6.65インチ(2340×1080)。高画質動画を思う存分堪能することができます。

iPhone XRと比べてみましょう。iPhoneはこんな感じでインカメラ部分だけディスプレイではなくなってしまっています。

え?じゃあReno Zoom 10xはインカメラがついてないの?と思いきや、もちろんインカメラついてます。

こんなふうに、インカメラを起動するとニョキッとカメラが生えてきます!ピボットライジングカメラという名前がついてます。かっこいいですね。

カメラ性能

Reno 10x Zoomは背面(アウトカメラ)が3つ、インカメラが1つの合計4つのカメラを搭載してます。

  • メインカメラ:4,800万画素(F1.7)
  • 広角カメラ:800万画素(F2.2)
  • 望遠カメラ:1,300万画素(F3.0)手ぶれ補正内蔵
  • インカメラ:1,600万画素(F2.0)

高画質10倍ズーム

Reno “10x” Zoomという名前の通り、高画質で10倍ズームが可能、というのがこのスマートフォンの最大の売りです。

通常、スマートフォンの単焦点レンズで10倍ズーム(実質トリミング)してしまうと、画質の劣化が激しいものになってしまいます。

Reno 10x Zoomは、3つのカメラの情報を統合することでノイズを除去し、10倍ズーム状態でも画質の劣化が少ないカメラを実現しました。

画質が綺麗なことはもちろん、広角と望遠をすばやく切り替えることができるのが非常に便利です。

スマホで撮影を楽しんでいる方や、一眼レフと単焦点レンズで撮影することが趣味の方は、「すばやく望遠レンズで撮影したい!」シチュエーションに出会ったことがあるのではないでしょうか?そういったシーンに、Reno 10x Zoomはぴったりです。

作例を高画質で見たい方はこちらをご覧ください。

スペック

スマートフォンが快適に動作するかどうかは、CPU・メモリの性能によって決まります。

  • CPU:SnapDragon855
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB

CPUはクアルコムのSnapDragon最新フラッグシップ。スマートフォンの性能を測るベンチマークテストAnTuTuでは369254というスコアで、全スマートフォンの中でトップに近いスコアです。

(参考:https://m.weibo.cn/detail/4359561211119139https://www.antutu.com/en/ranking/rank1.htm

独自の冷却構造

スマートフォンが熱くなってしまった経験はないでしょうか?

Reno 10x Zoomは、熱伝導性ゲル、三層グラファイト、ヒートパイプ水冷システムによる独自の冷却構造によって、効率的に放熱することができます。

というわけで、スマートフォン向けのコンテンツを楽しむ上でReno 10x Zoomのスペックが足枷になることはないでしょう。

ゲーム、動画、その他アプリ、なんでも快適に使えます。

使用感は?

まずはサイズについて。相当デカいです。(162.0 x 77.2 x 9.3mm)

男性でも手が大きめの方でないと片手持ちで画面の端まで操作するのはキツいです。

とはいえ、小さめのスマホでも「文字を打つときは両手打ちが基本」という方は多いのではないでしょうか?それなら、大きめのスマホのほうが使いやすかったりします。

ちなみに、タイトなズボンでもポケットに意外と入ります。(もちろんズボンによりますが・・・)

指紋認証

全面ディスプレイですが、指紋認証が使えます!

高速充電&大容量バッテリー

バッテリー容量4065mAhという大容量にもかかわらず、急速充電システム VOOC3.0によって、30分間で50%充電することができます。

落としても自動でインカメラをしまってくれる

Reno 10x Zoomの最大の特徴、ピボットライジングカメラですが、起動中に落としてしまったら簡単に壊れてしまうのでは?と思うかもしれません。

しかしご安心を。ジャイロセンサーで自動で収納してくれるので、落としても簡単には壊れません。

Color OS 6が使いやすい

Android9.0をベースとしたOppo独自のColor OS 6が使いやすいです。

ボディが大きめなので、操作部分が画面下に集められていたり、3本指スワイプでスクリーンショットが撮れたりと、工夫されています。

今までAndroidを使っていた方ならスムーズに使えるでしょう。

まとめ

Reno 10x Zoomの特徴は、

  • トリプルカメラによる高画質10倍ズーム
  • ピボットライジングカメラによる大画面有機ELディスプレイ
  • 全スマートフォン中トップクラスの性能

という感じです。

次のような人にReno 10x Zoomがおすすめです。

  • 望遠カメラ・広角カメラで綺麗に写真を撮りたい
  • ボディ全面がディスプレイ!というデザインの美しさに惹かれる
  • とにかくハイスペックなスマートフォンが欲しい

というわけで、以上、Oppo Reno 10x Zoomのレビューでした。

Reno 10x Zoomを最安で購入する方法は?

Reno 10x Zoomの端末のみを購入するなら、今のところAmazon、ヨドバシ、ビックカメラが同じ価格です。

ポイントを有効に利用できるショップで購入すると良いでしょう。

格安SIMとセットで安く購入する

Reno 10x Zoomを取り扱っている格安SIM(MVNO)は、現在LINEモバイルと楽天モバイルの2社です。

LINEモバイルが最安

LINEモバイルは期間限定でReno 10x Zoomを10,000円割引で販売しています。

  • セール期間:2019/7/17(水)〜 2019/8/13(火)23:59
  • 対象者:LINEモバイル ウェブサイトからReno 10x Zoomを購入をした方
  • 音声通話SIM限定(データ通信のみのSIMは対象外)
  • 一括払いのみ

LINEモバイルは、Reno 10x Zoom 10,000円割引に加えて、さらに月額料金等が10,000円安くなるキャンペーンを行っています。

通信速度、サービス内容等を鑑みて、LINEモバイルが現在最もおすすめできる格安SIMです。この機会に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

公式サイト:LINEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、端末料金の割引はないものの、Reno 10x Zoom購入者先着150名限定でハイレゾイヤホンのプレゼント企画を行っています。

  • キャンペーン期間:2019年7月3日(水)14:00~なくなり次第終了(先着150個)
  • 対象者:キャンペーン期間中にWebでReno 10x Zoom+ SIMカードを申し込んだ人 もしくは機種変更で購入
  • 通話SIM、データSIM全プラン対象

プレゼントされるイヤホンは、「OPPO O-Fresh Stereo Earphones」という2,000円相当のもののようです。

公式サイト:楽天モバイル

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

Zenfone 4 MaxをLINEモバイルで買う前に知っておくべき注意点

NO IMAGE

arrows M04をLINEモバイルで買う前に!低スペックで高価格な端末?

NO IMAGE

良コスパ機!LINEモバイルのZenFone 4 Selfieを全項目レビュー

NO IMAGE

HUAWEI P20 lite 超詳細レビュー!スペック、最安値での購入方法など

NO IMAGE

ZenFone 5の超詳細レビュー!スペック評価から最安の購入方法まで

NO IMAGE

nova liteはLINEモバイルで最強のコスパ?全項目を詳細レビュー