格安SIMのメリット・デメリットは?大手キャリアと比較!

前回の記事で格安SIMとはどういうものなのか解説しました。今回は、格安SIMのメリット・デメリットについてお話しします。

格安SIMのメリット

まずはメリットについて。単純に「安い」ことが強調されますが、それ以外にもいくつかメリットがあります。

料金が安い

「格安SIM」という名の通り、料金が安いです。

どれくらい安くなるかは、契約する格安SIMによりますが、4,000~6,000円程度安くなる方が多いです。

ちなみに、私はもともとdocomoで契約していて、LINEモバイルに乗り換えたところ、6,000円の出費が2,000円以下になりました。

料金プランがわかりやすい

大手キャリアの料金プランは、複雑でわかりにくいですよね。プランごとにどういう違いがあるのかわかっていない方がほとんどだと思います。不要なオプション料金を気付かずに数年間支払い続けてしまっている方も多いです。

格安SIMの料金プランは、(もちろん格安SIM会社による違いはありますが)シンプルでわかりやすいです。

基本的に、以下の2つの項目を選べば自動的に最適なプランが決まります。

  • 電話番号を取得するか、それともデータ通信のみか
  • 月に何GBデータ量を使いたいか

これらに必要なオプションを加える形になります。

また、多くの格安SIM会社はインターネット上からプランの変更が可能なので、柔軟に最適なプランを利用することができます。

縛り期間が無い、もしくは短い

大手キャリアは、基本的に以下のような縛り期間があります。

  • 縛り期間は2年間
  • 違約金なしで解約できるのは「更新可能月」のみ
  • 更新可能月を過ぎるとまた縛り期間に

2年間という縛り期間は長すぎますし、「更新可能月」を過ぎるとまた縛り期間が発生するのも不思議ですよね。

格安SIMは、(これも会社によって違いますが)基本的に以下のような縛り期間の会社が多いです。

  • データ通信のみのSIMは縛り期間なし
  • 音声通話SIMは、1年の縛り期間
  • 縛り期間経過後は、いつでも違約金なしで解約可能

大手キャリアに比べて縛り期間が短く、期間経過後はいつでも違約金なしで解約可能になります。

解約が簡単

大手キャリアは、解約したい場合はわざわざ店舗まで出向く必要があります。

格安SIMは、多くの場合、インターネット上のみで簡単に解約ができます。(そもそも店舗が存在しない会社が多い)

格安SIMのメリットまとめ

  • 安い
  • プランがわかりやすい
  • 縛り期間が短い
  • 解約が簡単

格安SIMは料金が安いだけでなく、プランの明快さ・わかりやすさもメリットです。

大手キャリアは、不要なオプションを契約させたり、プランを複雑にしてユーザー料金を多く支払わせよう、という構造になってますが、格安SIMは、多くの場合、ユーザーにとってわかりやすく、使いやすい仕組みになっています。

格安SIMのデメリット

格安SIMは料金が格段に安いというメリットがありますが、そんなに安いならデメリットもたくさんあるのでは?と思うのが人情です。では、どんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

場所と時間帯によっては、通信速度が遅い

前回の記事で解説しましたが、格安SIMは自社で回線設備を持たず、大手キャリアに借りたネットワークを用いて事業を行っています。

大手キャリアと比べるとネットワークのキャパシティが少ないため、多くの利用者が同じ場所・時間帯で通信を行うと、通信速度が低下します。

みなさんも、花火大会やイベントで人が密集しているときに、電話やネットが繋がりづらくなった経験はないでしょうか?あの現象が起こりやすくなる、と考えておくと良いでしょう。

具体的にどんな状況で通信速度が遅くなりやすいかというと、お昼時の人口密集地で速度が低下しやすいです。

速度が低下すると、どんな状態になるかというと、

  • 画像の読み込みが遅い
  • 動画再生はほぼ無理
  • LINEやメールのメッセージ送受信は問題なし
  • 音声通話も問題なし

という感じです。

「速度が遅いことがある」というのが格安SIMの最大のデメリットで、これを許容できるかどうかが分かれ目になります。

私自身の話で言えば、99%以上のシチュエーションで快適な速度が出ているので、全く不満はありません。しかし、首都圏に住んでいる方や、首都圏で仕事をしている方は、速度が低下する場面が多くなるかもしれません。

キャリアのメールアドレスが使えなくなる

docomo、au、SoftBankのメールアドレスを使っている方は、当たり前ですが解約後はそれらのメールアドレスは使えなくなります。

格安SIMによっては、キャリアと同じようにメールサービスが利用できる場合がありますが、それらは使わず、Gmail等の無料メールアドレスを利用することをおすすめします。

LINEのid検索ができなくなる

格安SIMにすると、なぜかLINEのid検索によってユーザーを追加することができなくなります。

それ以外にもユーザーを追加する方法はいくらでもあるので、大した問題ではありませんが・・・。

格安SIMの中でも、LINEモバイルだけは例外です。LINEモバイルはLINEのid検索が利用できます。

店頭でサポートを受けることが難しい

格安SIMの多くは、実店舗を持たず、インターネット上のみで営業を行っています。

そのため、何かトラブルが発生したときに、実店舗でサポートを受けることができません。

電話、メール、チャット等で問い合わせやサポートを受けることはもちろんできます。

格安SIMのデメリット まとめ

  • 場所・時間帯によって速度が低下することがある
  • キャリアのメールアドレスが使えない
  • LINEのid検索ができない
  • 店頭でサポートを受けることができない

まず、下の3つのデメリットに関しては、他の機能やサービスでいくらでも代用できるため、全く問題ありません。

「場所・時間帯によって速度が低下することがある」これを受け入れることができるかどうかが格安SIMを契約する上で最も重要なポイントになります。

格安SIMのメリットを再掲すると、

  • 安い
  • プランがわかりやすい
  • 縛り期間が短い
  • 解約が簡単

これらのメリット・デメリットを比較すると、最適な選択ができるでしょう。

とはいえ、格安SIMに変更すれば月4,000円以上は安くなります。年間にすると約5万円、10年使うと50万円の差になります。

大抵の人にとっては、ちょっと速度が遅くなっても、料金を節約することが良い選択になると思います。

次回は、格安SIMへの乗り換え方法について解説します!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

格安スマホ(格安SIM)で子ども用フィルタリングをする方法を解説

NO IMAGE

5分でわかる!iPhoneをSIMロック解除する方法

カウントフリーがある格安SIM全10社と対象アプリ63種まとめ

NO IMAGE

あなたは格安SIMに乗り換えても大丈夫?5つのチェックリスト

NO IMAGE

格安SIMの選び方を解説!

格安SIMって何?大手キャリアとの違いは?ガッチリ解説!