UQモバイルを使うまでの流れ 乗り換える手順を解説!

前回の記事に引き続き、今回は「UQモバイルを契約してみようかな」と思った方に向けて、UQモバイルに乗り換える手順を紹介します。

正直に言って、やることは結構多く、人によっては初めて聞く言葉も多いかもしれません。しかし、一度乗り換えてしまえば月数千円の節約になるので、がんばって乗り換えましょう!

UQモバイルに乗り換える流れ

ぶっちゃけ言うと、UQモバイル公式サイトがわかりやすいので、基本はそちらを見ていただいた上で、簡単なまとめと補足説明をします。

スマホをそのまま使うか、新しく買うか

スマホを新しく購入する場合は簡単です。UQモバイルで買うか、家電量販店やApple Store等でSIMフリー端末を購入すればOKです。

今使っているスマホをそのまま使いたい場合は、UQモバイル公式サイトでその端末が利用可能かどうか調べる必要があります。

利用可能だった場合は、au以外のキャリアで購入した端末はSIMロック解除という手続きが必要です。

  • スマホを新しく買うか、そのまま使うか決める
  • UQモバイル公式サイトで端末が利用可能かどうか調べる
  • au以外の端末は、購入したキャリアでSIMロック解除をする

UQモバイルに乗り換える流れ

ざっくりした流れは以下のようになります。

  • SIMロック解除(必要な場合のみ)
  • MNP予約番号発行(必要な場合のみ)
  • UQモバイル申し込み
  • SIMカードが届いたら設定

MNPとは、電話番号そのままで他社に乗り換えるための仕組みです。MNP予約番号をもともと使っていた通信会社に発行してもらい、その番号を利用してUQモバイルを申し込むことで、電話番号を引き継ぐことができます。

UQモバイル申し込みに必要なもの

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • クレジットカード(本人名義)
  • MNP予約番号(MNPする場合のみ)

メールアドレスは、解約する予定の通信会社のメールアドレスは使えません。Gmail等のフリーメールアドレスを使いましょう。

UQモバイル乗り換えのコツ

UQモバイルに乗り換えるときに引っかかってしまうポイントをまとめました。

乗り換えは早いほうが良い

大手キャリアは、契約更新期間以外に解約すると違約金がかかります。それを回避するために、契約更新期間を待つ方も多いです。

しかし、格安SIMに乗り換えると月4,000円以上得になることが多いため、さっさと違約金を支払って乗り換えてしまうほうが得になることも多いです。

クレジットカードは本人名義のみ

クレジットカードを持ってない方は、UQモバイルを契約することはできません。

もし家族名義のクレジットカードを使おうと考えていた方は、「契約者」も家族名義にしてしまえば申し込むことができます。

本人確認書類として使えるもの

運転免許証、パスポート等は本人確認書類として利用可能ですが、健康保険証は、それ単体では本人確認書類として利用できません。補助書類が必要です。

補助書類は、公共料金領収証、住民票などが使えます。公共料金領収書がない場合は、住民票を役所に取りに行く必要があるので、ちょっと面倒ですね。

まとめ

UQモバイルに申し込みたいと思っても、乗り換え手続きがよくわからず挫折してしまう方は結構多いです。

やることは多いのですが、一つ一つ調べていけば必ず正しい手続きができます。根気強くやりましょう。

公式サイト:UQモバイル

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カウントフリーがある格安SIM全10社と対象アプリ63種まとめ

NO IMAGE

格安スマホ(格安SIM)で子ども用フィルタリングをする方法を解説

NO IMAGE

あなたは格安SIMに乗り換えても大丈夫?5つのチェックリスト

NO IMAGE

LINEモバイルとBIGLOBEモバイルを全10項目で比較。超詳細レビュー

NO IMAGE

楽天でんわの仕組みを徹底解説。格安SIMとの組み合わせが最強

NO IMAGE

5分でわかる!iPhoneをSIMロック解除する方法